ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
外部リンク
最新の記事
よしなしごと
at 2017-08-13 09:40
クワン 入院中
at 2017-08-01 07:51
クワン 9歳に!
at 2017-07-20 18:34
今年からプールかな?
at 2017-07-13 11:31
12歳1か月のフリスビー
at 2017-07-02 07:46
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

ステッキ


先日、静岡県のキャンプ場で開催された、GRTAの2014年度 最初の競技会。
一緒に参加した方から、写真を頂きました。
e0204314_8522093.jpg

ソロモン君、背筋をビッと伸ばして、いい感じ!

facebookに、この写真を掲載し、一晩寝て 朝に再びfacebookを開きましたら 英国をはじめ欧州のネット繋がりの友人の方からの 「いいね」 の数が多くて、びっくり。
「ステッキは、地面に対して垂直に立てないで、少し斜めした方が、よりカッコイイ写真になる!」 とか 「少し、前方にステッキを出した方が、よりよい」 とか 「そのステッキ、どこのメーカー? 気に入った!」 とか、イロイロとメッセージも頂きました。

このステッキ、野原の斜面を登る時にも便利(メタボ気味なので・・・)なのですが、本来の目的は 『ステッキコントロール』 と言って、 「ステッキを地面に刺した付近から動かない」 というトレーニングに用います。
ステッキコントロールの訓練を施されたレトリバーたちの、実猟動画を参考にまでに!




我が家では 「ステッキを刺した地面の近くで停座待機」 のステッキコントロールの練習をしたのは、フラウ姐さんと、ソロモン君。
例えば、フラウ&ソロモンを伴って野原に行って、地面にステッキを刺し フラウに停座指示 → ソロモンとレトリーブ練習 という場合は、フラウ姐さんはステッキの横で5分でも10分でも停座待機を続けられます。
例え、フラウが待機している場所と、私とソロモンが練習している場所が、100m以上 離れていたとしても・・・

ところが、逆に ソロモンをステッキ横で停座させ フラウ姐さんと練習をすると ソロモン君はまだまだ落第です。
いつの間にか、私とフラウの近くまで、にじり寄っていたり・・・(苦笑)
距離が近くて、かつ 私が数分に一度、目力でソロモンを制していれば動きませんが、完全にソロモンから意識を抜くと、まだまだ。。。


ステッキを用いる、もう一つの理由は、ソロモンが小柄なこと。

レトリバーやGSP程度の大きさがあれば、ダミーを咥えて正面停座している愛犬からダミーを受け取るとき、よほど長身の方でなければ、身を小さく かがめる必要は無いのですが、小柄なワーキングコッカーだと、身をかがめないとダミーの受け渡しが難しいです。

で、何度も何度もレトリーブ練習で、中腰になってダミーを受け取っていると、だんだんに腰が痛くなってくるんです。
facebookのワーキングコッカーのサイトでは、真面目に 「腰痛対策」 について論じられています。
西洋人の男性は私より背が高い人が多いので、なおさら大変かと!


その対策の一つが 「左手にステッキを持ち、ステッキにある程度の体重を預けつつ中腰になる」 というもの。
実は、私もこの 「左手にステッキを持ちつつ、中腰になってダミーを右手のみで受け取る」 という練習を、ソロモンがパピーの頃から常用しておりました。

先日の競技会の時、事前にステッキの使用の可否を確認していなかったので、代わりにスリップリードを左手に持って棒状に垂らしてみたのですが、ソロモン君は戸惑ったみたいです。 
いつも左手にはステッキを持っているのに、リードをぶら下げているから・・・
なんか、へっぴり腰で、カッコ悪い写真だこと。。。
e0204314_945503.jpg


次回の競技会参加時までには、ステッキ持参の可否を問い合わせしよう。
私がメタボ気味なこともありますが、中腰になって何度も何度もダミーの受け渡しをしていると、本当に腰が痛くなります。

今でさえ、こんなに きついのだから還暦を迎えるころには、もっともっと中腰が辛くなることでしょう。
おそらく、その頃にも 我が家には レトリバーは居なくても ワーキングコッカーが居ると思うので・・・(笑)

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2014-03-15 09:51 | レトリーブ (GRT)