ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
外部リンク
最新の記事
太陽の王子
at 2017-04-24 18:31
七輪道
at 2017-04-13 12:06
5歳半にして、やっと・・・
at 2017-04-03 10:30
エンジンかからず
at 2017-03-21 09:08
キルティング・ジャケット
at 2017-03-15 13:58
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

少年王 初陣

2014年最初のGRT(ガンドッグ レトリーブ トライアル) が、静岡県内のキャンプ場で開催されました。
我が家からは、ソロモン君が参加。
e0204314_973891.jpg


1か月ほど前、スクールの生徒さんから 「競技会場は、どういう場所ですか?」 と尋ねられて、「この時期は草丈は短くて、起伏もあまり無くて、鹿の糞が沢山、落ちていて・・・」 と答えたのですが、それ以来 「鹿の糞」 が頭から離れなくなっていました。

少年王ソロモン君、「糞」とか「腐りかけの動物死骸」 などが大好きで、いつもの野原でも兎の糞を体にこすりつけて、転げまわります。 糞ならまだしも、昨年の夏に 腐りかけのカラスを見つけ、ひっくり返って背中をこすりつけた時の臭気と言ったら。。。 コンビニでミネラルウォーターを何本も買って水洗いしたものの、臭気が簡単に落ちる筈もなく・・・

前回、書いたブログの中で 「何か、しでかすのではないか?」 という心配の一つは、鹿の糞に体をこすりつけたり、食べたりと夢中になるあまり、ダミーに見向きもしなくなるのでは?・・・ということでした。
結果として、ソロモンは鹿の糞には全く興味を示さず、ことなきを得ましたが、こんな事を心配しなくてはならないのも 「ソロモンならでは」 という感じ。
フラウ姐さんは、はなから そんな心配、する必要がありませんでしたから!


さて、競技会場には開場時間の午前7時より、ほんの少し早く到着。
ほどなく開場となり、受付開始となりました。
で、受付開始の時点で既に 「エントリーテストを受けるペアはすぐに来てくださぁーい」 というアナウンスがあり、エントリーテストを受ける順番が1番だったこともあり、排泄をさせることも、少し散歩して会場に慣らすことも無く、すぐさまエントリーテスト。

ソロモン君、「呼び戻し」に関しては シャドー、フラウ、クワンの 我が家の歴代エントリーテスト受験犬の中で最も綺麗にできました。 招呼 → 正面停座 → 脚側停座 とスムーズな流れでした。
呼び戻しのテストが終わった段階で、ほっと気持ちが和み、もう合格したつもりに!
だって残りは 「20mのダミーレトリーブ試験」 ですから。 
毎日のようにダミー練習をしているソロモン君ですからっ!
ところが、投擲されたダミーに向って走り出したソロモン君、ダミー直上を飛び越え5mほど走り抜け、急速Uターンでダミーを咥え、足元に戻ってきました。
「えっ なに? なに、やってるの???」と、冷や汗もの・・・
e0204314_10104587.jpg

無事に、エントリーテストに合格し、ノービスクラス(初級クラス)の競技4種目に参加中も、この「えっ なに? なに、やっているの???」の連続!!
いつもの野原での練習では 『投擲されたダミーに向って一直線に走り、咥え、また一直線に戻って来る』ソロモンが、蛇行しまくり。
ダミーに向って、真っ直ぐ走らない! 見えていない筈は無いのに・・・
最後まで、わさわさ落ち着きがなく、挙動不審。
普段と変わらなかったのは、スピードだけでした。
e0204314_102686.jpg

e0204314_1021775.jpg

それでも一応、ノービスクラスの4種目は全てクリアしましたので、最低限の目標だけは達成できました。
結局 9位/25頭
e0204314_102351.jpg

会場では、いろいろな方から 「小さいのに、頑張るわねぇ~」とか「カワイイわねぇ~」と声を掛けられ、撫でられて、ご満悦だったソロモン君。
確かに、ソロモン君 小さいです。 公式ダミーを咥えるのにはミニマムな口の大きさです。 
物凄いスピードでダミーに駆けよって、ダミーを咥えるタイミングが合わないとダミーを鼻で転がしてしまい、その後で咥えることも多いので、ジャッジの心象は良くないかもしれません。
e0204314_1041681.jpg

勾配のある坂の途中がスタート地点だと、投擲されたダミーが見えなくて(座高が低いので)背伸びしたり、動いてしまうことも失点に繋がるかもしれません。
そもそも、ワーキングコッカーのチャカチャカした動作は、レトリバーを基準にされると何もしなくても、「落ち着きのない動作」に見えてしまうかも。。。
e0204314_102576.jpg

それでもね、あえてワーキングコッカーを相棒に選んだ訳ですから 「やはりレトリバーにシフトしよう」 とは思わないし、単に小さくてカワイイだけの 「イロモノ」 として競技に参加するつもりも、ありません。

まあ、「あまり器用に思えない」「初めてのことに弱そう」「経験を重ねて良化するタイプ」という見立ては、間違っておりませんでした。
せっかく、「日本では初めての、ワーキング・コッカー・スパニエルのレトリーブトライアル犬」ですから、じっくり楽しんで育成していきたいと思います。


そうそう スローワー(ダミー投擲係)などをしながら、他のペアを見て感じたこと 『アテンションホイッスルの練習の必要性』 『ストップホイッスル練習の必要性』 『腕で指示した方向に直進する練習の必要性』 などについて、折に触れてご説明したいと思います。


ソロモン君! まずはエントリーテスト合格&ノービス4種目クリア おめでとう!
なんか「満願成就」とは、程遠い感じだったけれど、それでもよく頑張りました。
ありがとう!
e0204314_1034919.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2014-03-10 10:12 | レトリーブ (GRT)