ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
外部リンク
最新の記事
太陽の王子
at 2017-04-24 18:31
七輪道
at 2017-04-13 12:06
5歳半にして、やっと・・・
at 2017-04-03 10:30
エンジンかからず
at 2017-03-21 09:08
キルティング・ジャケット
at 2017-03-15 13:58
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

焦らず怒らず諦めず

我が家から徒歩1分ほどの処に、小さな公園があります。
縦50m、横40mほどの公園です。 遊具や砂場があるので、夕方は放課後の小学生たちの歓声に包まれます。


今から9年ほど前、私はこの公園で夜中に、毎日のようにフリスビーの「投げ練習」をしていました。
当時はまだ会社員でしたので、午後9時頃に帰宅後 まずシャドーとフラウの散歩&運動を済ませ、その後に公園での投げ練習をしていました。 なので夕食は、いつも夜11時過ぎ・・・


公園に生えている一本の木を目標に、その木に向って真っ直ぐにフリスビーを投げる練習、そして何とかその木の先までフリスビーを飛ばせるように 「方向と距離」 の両面に渡って目標をたて 「一日百投」 を自らに課したのですが、なかなか上達しませんでした。
一応、JFAが主催した 「スローイング講習会」 に何度か参加し、フリスビーの握り方や投げ方を教えてもらい、その通り練習していたつもりなのですが・・・


ある日、ネットを検索していたら 「ディスクの様々な握り方」 を説明したサイトがあり 「女性やジュニア、また男性でも指があまり長く人向け」 という握り方が写真付きで掲載されているのを見つけ、実際にフリスビーを手にして握ってみたら、なんか違和感なく しっくりとフリスビーが指に馴染みました。

さっそく、試しに公園で投げてみましたら、少なくとも 「方向性」 に関しては従来の握り方よりも、目標物に対し真っ直ぐにフリスビーが飛んで行きました。
「距離」に関しては、握り方を変えても当初は全く伸びなかったのですが、1か月程度で目標としていた木を超えてフリスビーが飛ぶようになりました。

その公園の横の道は、今でも毎日のように通ります。
スタートラインにしていた場所も、目標としていた木も8年前のままです。
先日、試しにフリスビーを投げてみましたら、かなり手加減して投げたにも関わらず、目標としていた木の先までフリスビーは飛んで行きました。

今では、「何で、あんなに飛ばなかったのだろう?」と思います。
きっかけは、フリスビーの握り方を、ほんの少し変えたことでした。


そして、この 『ほんの少しの、きっかけ』 というのは、愛犬との暮らしにおいても、大切なのだと私は思っています。

例えば、元保護犬のイングリッシュポインター、エステルさんは我が家に迎え入れた当初は、ボールにもダミーにもフリスビーにも全く興味がありませんでした。
ボールを転がしても、見向きもしませんでしたから・・・

e0204314_16101238.jpg

それが、いくつかの「きっかけ」を経て、今ではボール遊びも、ダミーレトリーブも、そしてフリスビーも上手に出来るようになりました。

しかし、「きっかけ」というのは、座して待っていても生まれるものではありません。
「他のワンとボール遊びをしていたら、今までは何の興味も示さなかった愛犬が、ボールの方に数歩、歩み寄った」 とか 「飛んでいるフリスビーを目で追った」 とか、そういう小さな「変化」の積み重ねを経て、道具を用いた遊びが出来るようになったりします。


ですから、例えば 「現段階ではボールに何の興味も示さない」 という愛犬であったとしても、諦めずに 「きっかけ」になることを工夫して欲しいと思います。

そして私が常々、スクールの生徒さんたちに申しているのは、
○ 焦らない  (無理強いしたり、特訓したりしない 成長は牛の歩みで良い)
○ 諦めない  (きっかけの芽を摘んでしまう)
○ 怒らない  (出来ないからと言って腹をたてない)
ということです。

まずは、「飼い主さんと一緒にいること」 が好きな愛犬に育ってもらう事です。
道具を使った遊びが出来ない段階では、一緒に野原を散策するだけでもOKです。
e0204314_16105785.jpg


本当に好きな異性となら、「デートマニュアル本」に書かれているようなキラキラしたデートでなくとも、一緒に公園を歩くだけでも楽しいはず!

焦らず、怒らず、諦めず!!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2014-03-01 16:14 | MY TALK