ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
外部リンク
最新の記事
2人の奥さん
at 2017-05-26 08:55
経験が犬を育てる
at 2017-05-18 19:48
W優勝!
at 2017-05-07 06:44
太陽の王子
at 2017-04-24 18:31
七輪道
at 2017-04-13 12:06
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

マイ・リトル・ボーイ

ソロモンが我が家に来て2年が経ちました。

2歳を過ぎたというのに、頭の中は、お花畑のソロモン君。
一向に落ち着く気配がありません。
シャドーもフラウも、そしてクワンでさえ(笑) 1歳半を過ぎたあたりから、何らかの兆しが見えたものですが、ソロモン君は、まだまだ オコチャマのまま・・・

まあ、元々が中型犬で、チョコマカしていますから余計に、落ち着きなく見えるのかも。
でもこれは、ソロモンに限らない様で 『ワーキングコッカーの♂は、なかなか大人にならない』 と、ファンシャーの方が仰っていました。
女の子は、まだしも3歳を過ぎた頃(笑)から、手の内に入るみたい。
まあ、当分 我が家にパピーは来ないと思うので 「何歳になっても幼い犬」 がいるのも、パピーが居るみたいで騒々しくていいかも。


家の中では、 『チャラ男』 のソロモンですがスピードと回収意欲 には、天賦の才を感じます。
我が家に迎え入れた当日から、私が投げた縫い包みや柔らかいボールを私の足元まで咥えて運んできましたから・・・
e0204314_125267.jpg


ただ、 「レトリバー種などと比べて小さい」 ということが、やはりプラスになることはなく、思わぬ苦労もあります。
少なくとも、GSP(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)のフラウは、少し小ぶりのレトリバー位の大きさがありましたので、非レトリバー種でも あまり気にはならなかったのですが・・・


まず、競技会で使用されるのと同じ大きさの練習用ダミーを咥えるには、ミニマムな口の大きさであること。
加えて、ソロモンはものすごくソフトマウス(ソフトバイト) なので、50mを超えるようなレトリーブだと咥えて戻る途中にダミーが口から落下してしまうことがあります。
落下は競技会では減点対象となります。


ワーキングテストが盛んな欧州では、 犬種別の回収競技会の際 ワーキングコッカーやスプリンガーに関しては、少し小ぶりのダミーを使用する団体もある様ですが日本のGRTAでは 犬種別ダミーを使用する程、隆盛を極めている訳でもなく、統一ダミーで競技が行われるので、どうしてもチビのソロモンには不利。


最近まで 「ダミーを咥えて戻る → ハンドラーの前にダミーを咥えたまま正面停座 → ダミーを受け取る → ヒールポジションにつかせる」 の王道で(笑) 練習をしていたのですが、80m~100mの距離で練習すると、正面停座と同時に口からダミーが落下してしまうケースがあり、不安定なので 正面停座を省いて直接ダミーを受け取る方法に変更しました。
減点になるかもしれませんが、ダミー落下は避けたいので。。。
e0204314_12221092.jpg


ダミーが投擲された時も、落下場所を確認・記憶(マーキング)するのに、背伸びをする癖(当然、停座していても、腰が浮いてしまう)がついてしまったので、なんとか矯正しました。
レトリバー種とかGSPなら、背伸びしなくてもダミーの落下地点が見えそうなものですが、やはり 「チビなりに、なんとか背伸びしてでもダミーの落下地点を確認したい」 という気持に起因して、身についてしまった悪癖のような気がします。
e0204314_1226334.jpg


こうして考えると、 欧州では 「ワーキングコッカー限定」 とか 「フィールド系スプリンガースパニエル限定」 とかのワーキングテストが開催されているので問題ありませんが、全犬種共通ダミー&共通ルールで行われる日本のGRTでは ワーキングコッカーを選択するメリットって無いように思えます。(苦笑)


バリケンが小型で済む位かな?
フードに関しては、ソロモンは体重22kg程度のフラウやクワンと同じ量を平気で平らげますので 「オチビちゃんだからフードが少なくて済む」 というメリットさえ、ありません!


ただ、住宅事情などから 「大型犬と暮らすのはちょっと無理!」 という方も、いらっしゃると思うのです。
「レトリーブトライアルには興味があるけれど、レトリバーは飼えないから無理!」 とか 「アジリティーやフリスビーに興味があれけれど、ボーダーリーは うちのマンションではちょっと・・・」 などと言うことがネックになる方にとっては、ワーキングコッカーというのは、意外と良い選択肢なのではないかと。。。
ワーキングコッカーの俊敏さは、きっとアジリティーやフリスビーの競技でも通用すると思うのです。


そして、私にとっては ワーキングコッカーは、レトリーブトライアルに参加する上での、一つの試金石と言えます。
そりゃね、『ワーキングコッカーがレトリバー種より回収競技に向いている』 なんてことは決してありません。
やはり、餅は餅屋ということで!
とは言え、英国をはじめ欧州では盛んに開催されているコッカーのワーキングテスト。
決して、レトリーブが不得意な訳ではありません。
ただ、レトリバー種と同じ馴致方法では上手くいかない。


ですから、ノウハウを蓄積する上でもソロモンの存在は大切です。
「ノウハウを蓄積」 って・・・ 俺、次に犬を迎え入れる時も、ワーキングコッカーにするつもりなのか?(笑)
e0204314_143630.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2014-02-20 13:24 | ソロモン (WC)