ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
外部リンク
最新の記事
太陽の王子
at 2017-04-24 18:31
七輪道
at 2017-04-13 12:06
5歳半にして、やっと・・・
at 2017-04-03 10:30
エンジンかからず
at 2017-03-21 09:08
キルティング・ジャケット
at 2017-03-15 13:58
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

暮らしやすい犬


家内が今朝、急にシャドーの話を始めました。
シャドーは、我が家の最先住犬のフラットコーテッドレトリバーで2010年の12月に天国に旅立ちました。
e0204314_18425427.jpg


家内が言うには、「同じ茶色の牡犬でも、シャドーが出来ていたことで、ソロモンができないことが沢山ある!」のだそうです。
最初、ちょっと意外な感じがしました。

「ソロモンはできるけれど、シャドーはできなかったこと」 なら、私も思いつくのですが、逆に「シャドーはできていたのに、ソロモンができないことって???・・・・」

「例えば、どんなこと?」と聞く私に、

家内 ミズキ(次男)が生まれたとき、シャドーは2歳3か月だったわよね。 今のソロモンが1歳11か月だから、そんなに変わらないわよね。 ミズキをクーファン(簡易ベッド)に入れて、居間に置いておいても、シャドーは、クーファンの横に寝そべって、見守っていたわよね。そりゃ、たまにはミズキの顔、舐めたりしていたけれど・・・  ソロモン、クーファンの横に寝そべって、じっとしているとか出来る? 「ステイ!」とか指示を出してではなく、ごく普通に・・・
  う・・・・ん (多分、クーファンの中にダイブしそうだなぁ・・・・)


家内 家族で居間の床に座って人生ゲームとかしても、シャドーはまったく邪魔しないで、私たちの近くで寝そべっていたわよね。 ソロモンにそれが、出来る?
  う・・・・・・・・・・ん (おそらく、ゲーム盤にダイブするなぁ・・・・)


家内 冬休みの宿題でヨシト(長男)が書初めの練習していた時も、シャドーはソファーの上で、じっと見守っていたけれど、ソロモンにそれが出来る?
私   う・・・・・・・・・・・・・・・・・・ん(硯を蹴散らしたり、せっかく書き終えた宿題を咥えて走り回ったりするかも・・・) 


家内 それと、例えば・・・
   わかりました。 もう、勘弁してください! 


なんか、思い当たることばかり、そして耳の痛いことばかりでした。
おそらく、家内が言うように 「ステイ!」 とか 「ダウン!」 とか 「ドントムーブ」 などの指示をだせば、ソロモンもクーファンにもゲーム盤にも書初めにもダイブせずに、じっとしていられます。
でも、 「指示を出さなくても、どのように対処すべきかを判断できる力」 は、現状ではシャドーの方が遥かに優れていた気がします。

家内が 「共に生活をする上で、暮らしやすいか」 という観点で犬を見ているのに対し、私は 「作業能力」 を最優先で犬を見る様になっていたのかもしれません。
おそらく、シャドーと暮らし始めた頃は、私も家内も、それ程 評価基準が異なっていなかったように思うのですが・・・・。


私の友人のトレーナーの方が、よくご自分のブログで 「優秀な家庭犬が必ずしも優れた作業犬になれる訳ではないし、また逆に優れた作業犬が必ずしも優れた家庭犬になれる訳ではない」 と書いていらっしゃいますが、言い得て妙なのでしょう。

私の友人の、そのまた友人にあたる方が、オーストラリアから、現役バリバリの作業系ボーダーコリーの子犬を輸入したのですが、あまりに動きも気性も激しすぎて、依頼した家庭犬のトレーナーさんがギブアップしたそうです。 その後、実際に牧場で羊の囲い込みをするボーダーコリーを育成しているトレーナーさんに預けたら 「こんな優秀な犬、滅多にいませんよ!」 と大絶賛だったそうで。。。


理想は、家庭犬としても作業犬としても優秀な 「二足の草鞋犬」 なのでしょうが、なかなかそんな簡単にはいきません。
てもね、いずれにしても ソロモンは今のままではダメですわ。(苦笑)
もう少し、家庭犬側に引き込んでいかないと。
シャドーは教えなくても、できていた家庭内(主に居間での生活)での状況判断が、ソロモンには希薄。。。


15kgしかない大きさで、1.5Lのコカコーラのペットボトルを潰しもせず、穴もあけず ソフトバイトで上手に運搬できることを自慢するブログでも書こうと思っていたのですが、今朝の家内とのやり取りで、ちょっとへこんでしまいました。
でも、でもね 1.5Lペットボトル(ペットボトルは、つるつる滑って咥えにくいですし)を、潰しもせず、穴もあけず、あの大きさの犬が運搬できるって、凄い事だとおもうんでけれどねぇ・・・(苦笑)
e0204314_1943834.jpg

e0204314_19432332.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2013-11-02 19:47 | MY TALK