ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
外部リンク
最新の記事
太陽の王子
at 2017-04-24 18:31
七輪道
at 2017-04-13 12:06
5歳半にして、やっと・・・
at 2017-04-03 10:30
エンジンかからず
at 2017-03-21 09:08
キルティング・ジャケット
at 2017-03-15 13:58
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

台風一過


大きな被害をもたらした台風も過ぎ去り、今日は台風一過の晴天。
ここ2日ほど、運動らしい運動をしていなかった、フラウ姐さんとクワンを連れて野原へ・・・

当初は、草丈の短い平坦な方の野原でボールやフリスビーを使って運動をさせようと思っていたのですが、行ってみると草が綺麗に刈られ、大型重機が野原にポツンと置いてありました。
毎年、この草丈が短い野原は、近くで開催されるイベントの臨時駐車場として使用されるのですが、その準備が始まった様でした。
早朝でしたので、まだ作業は始まっていませんでしたが、この野原は回避して、草深い方の野原へ!

こちらの野原は、水はけが悪く雨が降ると湿地となります。
昨日の台風による大雨で野原は、大湿地帯と化しておりましたが、せっかく来たので ゴールデンのクワンが泥だらけになるのを覚悟でGO!


フリスビーさえあれば、クワンは どんな草深い野原だろうが喜んで遊びます。
芝生のコートに比べたら、かなり走りにくいはずですが。。。
e0204314_1558545.jpg


くーちゃん! こんな草深い野原ではフリスビーより、ダミーの方が絵になると思うんだけれど。。。
でもね フリスビーを見せただけで、ニコニコの笑顔になるクワンに、あまりお好みではないダミー・レトリーブを強要してもねぇ・・・
e0204314_160564.jpg


クワンは私が、「何か」を投げる動作をするのと同時に、前方へ加速しながら走って行きます。
そして、走りながら上を見上げて、飛行物体がボールなのか、フリスビーなのか、ダミーなのか確認しているようです。
勢いよく前方へ走り出して、飛行物体がダミーであると判った瞬間、走るのを止めて私の足元へ戻ってきます。(苦笑)
「パパ! 投げるなら、フリスビーかボールにしてください!!」


フラウ姐さんも、ソロモンも 私が 「GO!」 と言うのと同時に前方へ加速しながら走り、走りながら飛行物体の種別を確認しています。
でもフラウ姐さんもソロモンも、飛行物体がボールだろうがダミーだろうが、フリスビーだろうが、全く差異の無い意欲で追いかけ、咥えて戻ってきます。
ダミーだと判った途端に、走るのを中止するのは、くーちゃんだけ・・・

記憶を辿っても、ダミー遊びの最中にクワンを叱ったり、まして叩いたりしたこと 無いんだけれどなぁ・・・
唯一の違いは、フラウやソロモンは、生後2~3か月で我が家に来たその日から、小型のダミーで遊ばせていたこと。
生後5か月まで、円筒形のダミーを見たことも、咥えたことも無いクワンとの差は、それ位しか思いつかないのですが・・・


まあ、私は無理強いするつもりは、ありません。
「好きこそ物の上手なれ」という諺もありますが、ダミーがお好きではない代わりに、ゴールデンレトリバーの身ながらJFA(日本フリスビードッグ協会)の競技会で牧羊犬やウイペットを相手に競い、2年連続でジャパン・ファイナルへの出場を果たしたのですから、大いに評価してあげるべきだと思っています。


とは言え、LADFでお泊り保育中のクワンを引き取ると決めた時、フラウ姐さんの後継犬にするつもりだったのですが・・・(苦笑)
もっとも、クワンがフラウ姐さんの後継として成長していたら、ソロモンを我が家に迎え入れることは無かったかもしれません。
ですから、まあ 万事、塞翁が馬ということで。。。


ちなみにフラウ姐さんは今日は、ご機嫌麗しくダミーレトリーブも好調でした。
写真はダミーを咥えて戻る途中に、別のダミーを投擲した瞬間です。
しっかり、横目でダミーが落下していく方向を確認しています。
咥えているダミーを私に渡した後、この回収帰還中に投擲されたダミーの回収に向わせます。
これは、GRTAの競技種目には無いのですが・・・

e0204314_1628411.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2013-10-17 16:32 | MY TALK