ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
外部リンク
最新の記事
つづら折り
at 2017-08-24 11:13
よしなしごと
at 2017-08-13 09:40
クワン 入院中
at 2017-08-01 07:51
クワン 9歳に!
at 2017-07-20 18:34
今年からプールかな?
at 2017-07-13 11:31
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

一緒に遊ぼう!

英国をはじめ、facebookで繋がった欧州在住のワーキング・コッカー・スパニエルやフィールド系のスプリンガースパニエルの飼い主さんたち・・・ 
facebook上で、連日のように、誰かが ウォーターレトリーブの写真を掲載しています。

先日、エメラルドグリーンの湖に行った時の、ソロモンの写真。 イングリッシュ・セッターのA君のパパ&ママから頂きました。
e0204314_237398.jpg


欧州でも、泳ぐのに適した気温・水温であることに加え、秋のWT(ワーキングテスト)に向けての練習も兼て、遊び半分・訓練半分と言った処でしょうか。
facebook上で友人となった飼い主さんのスパニエルが、ほとんどワーキング系・フィールド系であることに起因するのかもしれませんが、多くの友人が秋から初冬に開催されるWTを念頭に訓練を続けています。


WTや、フィールドトライアル、レトリーブトライアルは、ドッグスポーツとしての側面と、実猟における犬の性能維持向上という側面があります。
ですから、WTをアジリティやフリスビーなどのドッグスポーツと同列で語ることが妥当か否かは考え方の分かれる処だと思いますが、百歩譲って ドッグスポーツとして括った場合、欧州では実にドッグスポーツが盛んです。
そもそも、 日本発祥のドッグスポーツって、ほとんど無い のではないでしょうか?


例えば、英国では2004年に狐狩りが法律で禁止されました。
狐狩りで使われるフォックスハウンドは通常、パック(群れ)で飼われています。
1頭か2頭しかフォックスハウンドを所有せずに狐狩りをする人はいません。 40~50頭で一つのパックにする場合が多いそうです。
狐狩りが禁止されて、40頭超のフォックスハウンドを所有している人たちは、どうしたのか?
一部の人は、犬を引き連れて狐狩りが禁止されていない国に移住したそうです。
しかし、一部のフォックスハウンドの愛好家は、新たなゲームを作り出しました。
あらかじめ、狐の匂いに似せた合成液を、野原に塗布しておいて、その匂いを追ってフォックスハウンドが走り、犬たちの後を乗馬用正装を着用して馬で追いかけるのです。
犬も馬上のフォックスハウンド愛好者も大満足! これなら狐を殺すこともありませんし・・・


フォックスハウンドの為に作られた新たなゲームは一例ですが英国をはじめ 欧州の愛犬家たちは、それぞれの犬種の作出目的に沿った競技やゲームを編み出すことに長けています。
日本をはじめ、アジア諸国に比べ動物愛護、動物の権利に対する意識が高いと言われる地域で、それぞれの犬種の作出目的に沿った競技やゲームが盛んに行われていることは、注目すべきことです。
私は、それは とりもなおさず 『欧州においては 各々の犬種の作出目的を考慮する意識、 作出した犬種の性能および体型を維持し保護していく意識 の高さの表れ』 だと思っています。

勿論、欧州においても考え方は多様で、「犬を労働という呪縛から解放すべき」 という考え方をする一派もあります。


しかし、先日も「古えの盟約」というタイトルでブログを書きましたが 「人間の狩り(仕事)を手伝う」 という盟約は、盟約の第一条に記載されていることだと私は思っています。
時代は、変わり 「狩り」 という仕事に携わる犬は減ってきましたが、 「仕事を手伝う」 というのは 人間の散歩のお伴をしたり、一緒に日向ぼっこをしたり、愛玩されることに限られてはいないのです。
実猟を模した競技をはじめ、その他のドッグスポーツの相棒、一緒に野外で遊ぶこと など、様々な「仕事の手伝い」があってもよいのでは、ないでしょうか?


「犬を労働という呪縛から解放する」 ・・・ 耳障りは良いのですが もし例えば 「犬を使役することが世界的に全面禁止」になったら、実働一辺倒の獣猟犬種のうちの、かなりの種類、鳥猟犬の一部、牧羊護衛犬の大部分 などは犬種として消滅してしまうかもしれません。
全ての犬種が、家庭犬に向いている訳ではないのですから。。。

e0204314_0473724.jpg


フリスビーを楽しみたいから、アジリティーを楽しみたいから ボーダーコリーを相棒にする。
シープドッグトライアルのためにボーダーコリーを選択する。
全力疾走する姿の美しさに惚れてグレイハウンドと暮らす。
犬橇レースに憧れて、自分も出場してみたくてアラスカン・マラミュートと暮らす。
レトリーブトライアルを楽しみたくってラブラドールレトリバーの子犬を探す。
可能性を模索したくて、ワーキングコッカーを迎え入れる。

飼い主がプロでない限り、アジリティーもフリスビーもシープドッグトライアルも犬橇もレトリーブトライアルも、いわば遊びです。
要は、「仕事の手伝いをしてくれ」 とは、一般的には(アマチュアにおいては) 「一緒に遊んでくれ」 と愛犬に言っているようなもの。。。

「一緒に遊ぼう!」 ・・・ 素敵な言葉だと私は思うのですが・・・

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2013-08-18 00:45 | MY TALK