ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
外部リンク
最新の記事
太陽の王子
at 2017-04-24 18:31
七輪道
at 2017-04-13 12:06
5歳半にして、やっと・・・
at 2017-04-03 10:30
エンジンかからず
at 2017-03-21 09:08
キルティング・ジャケット
at 2017-03-15 13:58
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

発砲音

ここ1年ほど使用していた、発砲音馴致用のピストル (陸上競技で使うスタートピストル) の紙火薬の在庫が無くなったので、メーカーに紙火薬を発注したところ、製造中止になったとのこと。
最近は、光電式と言うのか、ピストルの引き金を引くと設置されたスピーカーから発砲音が鳴るシステムが陸上競技会では主流となり、紙火薬を用いたピストルは競技会では使用されなくなっているそうです。

「困ったな・・・」と思っておりましたら、朝日新聞に全面広告を出していた通販会社の商品のなかに 「カラスやイノシシ対策に!」と火薬式のピストルが掲載されていたので、早速購入してみました。
「44MAGUNM」と書かれている割には、小型で、ちゃちな感じでした。(笑)
e0204314_849276.jpg


英国をはじめ、欧州のレトリーブトライア(ワーキングテスト)では、発砲音が用いられます。
YouTubeに、わかりやすく、かつあまり長くない動画がありましたので、ご紹介します。
この動画は、ダミーが投げられている様子を犬にも見せる「マーキングレトリーブ」と、あらかじめダミーを置いておき(ダミーを置く様子を犬には見せない)、ハンドラーの遠隔操作でダミーを発見・回収させる「ブラインドレトリーブ」の 「ダブルレトリーブ種目」です。



「発砲音 → ダミーを投擲」は、鳥が飛び立つ → 猟銃で撃つ(発砲音) → 鳥が撃ち落される(ダミーを投擲) → 回収に向わせる の実猟を模したものです。


日本のGRTA(ガンドッグ・レトリーブトライアル協会)では2005年の発足以来、経過措置として、競技会で発砲音を用いられませんでした。
これは、協会発足時に既に成犬に達している競技参加犬に、いきなり発砲音を聞かせ畏怖させることを避けるためでした。
「次回、新たに子犬を迎え入れた際には、子犬の頃から発砲音に鳴らす訓練もしつつ、競技に参加してください」という経過措置でした。
協会発足当時から競技に参加していた犬が減り、既に2頭目、3頭目の犬を迎え入れている会員が増えたため、現在はGRT競技会では発砲音を用いて競技を行っています。


我が家では、フラウを迎え入れた時から、フラウには発砲音に慣らす練習をしてきました。
ボールのレトリーブ遊びが子犬の頃から大好きだったフラウですので、野原でボールのレトリーブ遊びをしている最中に、カミサンに爆竹に火をつけて鳴らしてもらったり・・・


やはり、いきなり子犬に発砲音を聞かせて、怖がらせたり驚かせたりするのではなく、少しずつ慣らしていくことが必要だと思います。


いきなり近くで発砲音を鳴らしても、頓着しない子犬(ソロモンは、このタイプでした)もいると思いますが 「ガンシャイ」 という言葉があるとおり、発砲音にトラウマができたり、発砲音を怖がって逸走したりしない犬にするには慎重な対応が必要だと思います。

日本では、「レトリーブトライアルに参加する」 とか 「実猟に供する」 というレアなケースを除き、発砲音馴致訓練は必要ないかもしれません。
しかし、英国をはじめ欧州では 「どちらかというと、発砲音を怖がる犬が多く産出される血統」は、ブリード(繁殖)から除外されるそうです。

たかが発砲音とはいえ、欧州では繁殖から馴致にいたるまで、ガンドッグにとっては重要事項として捉えられています。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2013-07-19 08:53 | レトリーブ (GRT)