ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
外部リンク
最新の記事
太陽の王子
at 2017-04-24 18:31
七輪道
at 2017-04-13 12:06
5歳半にして、やっと・・・
at 2017-04-03 10:30
エンジンかからず
at 2017-03-21 09:08
キルティング・ジャケット
at 2017-03-15 13:58
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

For Sale


以前にも書いたことがありますが、facebookで繋がった英国のワーキングコッカーやフィールド系スプリンガースパニエルの複数の、ブリーダー兼トレーナーさんの処で3月~4月にかけて出産ラッシュがありました。
そして、3月~4月に産まれたパピーたち(生後120日を経過した辺りのパピー達)が現在、飼い主募集中となっております。
facebookにも、「for sale」 広告が数多く、掲載されています。

広告の形式は、共通していて

① パピーの写真 数枚
② 血統書をスキャンした写真
③ ブリーダーの住所や連絡先
④ 販売価格
⑤ そのパピーのセールスポイントや特記事項
⑥ 「飼い主は申込みのあった順に決める訳ではありません!」の注意書き
という感じです。

繁殖したパピーを、インターネットという媒体を用いて広告すること自体は、私は問題ないと思っています。
雑誌や新聞などに広告するより、多くの飼い主候補に告知することが可能で、飼い主候補を取捨選択するパイを広げることが可能です。
飼い主候補が1人しか居なかったら 「ちょっと不安な面があるけれど、まあ仕方ないか・・・」となる処を、5人、10人の飼い主候補がいたら、繁殖者が「最も納得のできる飼い主」に譲り渡すことが出来ますから・・・ 

そのために、注意書きとして 「申し込み順に決める訳ではない」 と、あえて記載してあるのでしょう。

また、⑤の「セールスポイントや特記事項」を読むと、「売らんが為に」 良いことばかりを記載するのではなく、ネガティプな部分も、きちんと記載されています。
例えば、 「鳥の羽などで遊びに誘っても、反応が芳しくありません。 しかし、おっとりとした性格で、ワーキングテストには向かない可能性がありますが、家庭犬としてきっと、あなたは幸せな毎日を過ごすことが、出来るでしょう!」 とか 「母犬が小川を泳いで川の中州に行った時に、他の兄弟姉妹は躊躇しつつも、初めて川を泳ぎ母犬を追いかけましたが、この子だけは最後まで岸辺から動きませんでした。 水を怖がる可能性があります。臆病な性質があります。 ウォーターレトリーブには向かない可能性があります」 などと説明されています。

全てのワーキングコッカーやFT系スプリンガーの飼い主さんがワーキングテストを目的にパピーを選択する訳ではないので、鳥の羽に反応しない(猟欲が希薄な可能性あり) とか 水を怖がる という部分がネガティプ・ポイントになる訳ではありません。 家庭犬としてなら、何ら問題ないのかもしれません。
しかしワーキングテストを目的とする飼い主さんにとっては、これらのネガティプ・ポイントは看過できないポイントと言えます。
飼い主さんが、そのパピーと、将来 どの様なドッグライフを過ごすつもりなのか により、こうしてパピーを選択する上での判断コメントが書かれていることは、ミスマッチを防ぐうえで、とても素晴らしいことだと思います。


我が家の、 黄金爆裂娘クワン は、生後5ヶ月で、我が家に迎え入れられました。
最初の飼い主さんとは、上手くいかず LADFでの "お泊り保育" を経て我が家に来たわけですが、最初の飼い主さんは、ゴールデンレトリバーと暮らすのは初めてではなかったのです。
何頭かゴールデンレトリバーと暮らした経験を持ちつつ、それでも尚 生後3ヶ月のパピーのクワンに手を焼いてしまって、表現は悪いかもしれませんが、匙を投げた形に。。。
数頭のゴールデンレトリバーと暮らした経験のある元の飼い主さんをして、クワンは それまでの経験では対処しきれない、異端のパピーだったようです。
まあ、その異端性が 我が家では逆に評価されているわけですが・・・

クワンのフルギャロップ こんな姿勢でフリスビーを追うゴールデンなんて、滅多におりません!!
e0204314_17303698.jpg



犬種名は、一つの指標にしか、なり得ません。
同じゴールデンレトリバーでも、まったり&癒し系も居れば、きつい性格の犬もおります。
あるいは、うちのクワンの様にボーダーコリーと拮抗したスピードで走る爆裂系のゴールデンも・・・(笑)

同胎犬の兄弟姉妹でさえ、性格は異なります。
得意なこと、不得意なこと なども同胎犬でも異なる場合もあります。
同胎の兄弟姉妹と比較することによって、自分の好みのパピーを選択することは、やはり大切だと思います。
どうせパピーから共に暮らすのなら、ペットシッョプで素性の判らない子犬を買うのではなく 多少敷居が高いかもしれませんが、ブリーダーさん宅を訪問し、実際にパピーを見せて頂くことが大切だと思います。

そして、ブリーダーさんも セールスポイントだけではなく、マイナスの部分があるのであれば、その点についても、きちんと説明をして頂ければ、ミスマッチを減らすことが出来るかもしれません。
もっとも、日本のブリーダーさんは 兄弟姉妹のそれぞれの個性や特徴が顕著になる前に、譲り渡してしまうケースも多いので、説明が難しいかもしれませんが・・・

ブリーダーさん宅に、迎えに行った日のソロモン
e0204314_1804112.jpg

一年数ヶ月を経て、立派な若武者になりました!
e0204314_1815542.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2013-06-21 18:04 | MY TALK