ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
外部リンク
最新の記事
太陽の王子
at 2017-04-24 18:31
七輪道
at 2017-04-13 12:06
5歳半にして、やっと・・・
at 2017-04-03 10:30
エンジンかからず
at 2017-03-21 09:08
キルティング・ジャケット
at 2017-03-15 13:58
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

「楽しい!」 が一番! レトリーブ編


facebookで友人となった英国のガンドッグトレーナーさんに、イラストがとても上手な方がいらっしゃいます。その方の描くイラストを見ると 「うんうん あるある!」 と、思わず大笑いしてしまうことも、しばしば・・・

前回、描いていたイラストは、飼い主がダミーを投げて 「Go! Get on!」 と指示を出しているのに、犬は後足で耳を掻きながら 「あんたが投げたダミーなんだから、あんたが取りに行けば?」 と、うそぶいているイラスト・・・ なんだか目に見えるような光景で、大笑いしてしまいました。

そして、最新のイラストが、こちら。。。
e0204314_2045094.jpg


飼い主さんが投げようとしたダミーに飛びついて、咥えている黒犬・・・
あれ? どこかで見たような??? これって生後4~5ヶ月の頃のソロモンじゃん!
体の大きさといい、ぷっくりしたお腹の感じといい、尻尾の感じといい、これはワーキングコッカーですね きっと!


このイラストを描いたガンドッグトレーナーさんから 「日本のWT(ワーキングテスト)は、ステディネス派が主流か、それとも意欲派が主流か?」 という質問を頂きました。
「日本では、ワーキングテストとは呼称せず、レトリーブトライアルと表現している。 数年前まではタイムトライアルだったので、どちらに重きを置いているわけでもなかった。レギュレーション(規則)が変更になってジッャジによる主観評価に変更になって以降は、ステディネスの比重が高くなったように思う。 まあ、あくまでも私の主観ですが・・・」 とお答えしておきました。


このトレーナーさんが仰るには 英国では 地域別だったり犬種別だったり 数多くの団体があり、それぞれが独自のルールでWT(ワーキングテスト ・・・ まあレトリーブトライアルみたいなもの) を行っているそうです。
各団体によってルールが異なるので、全国大会を開催する時は WRWT(ワールド・レギュレーション・ワーキング・テスト)という暫定的なルールを適用するのだそうです。
「英国国内の統一ルールに ”ワールド・レギュレーション” と謳ってしまうたり、さすが英国ですね!」と半分、皮肉交じりでメッセージを行ったら 「英国国内」 ではなく 「英連邦全て、オーストラリアもニュージーランドもフォークランド諸島にも適用するルールだから、ワールドでいいんだっ!!!」 って言われました。


で、ハナシを元に戻しますが英国では、大別すると ステディネス(落ち着き、立ち振る舞い、作業の正確さ)を重視する団体と、作業意欲を重視する団体があって 例えば自分が所属していた団体は意欲重視の団体で結構 良い成績を収めていたのに、引越しをした地域にはステディネス重視の団体しか無くて、そこの団体に移籍してからは、でんで駄目・・・ なんて事が往々にしてあるそうで、勿論 その逆もありえるわけです。


このイラストがお上手なトレーナーさんは意欲重視派のトレーナーさんなのですが 「ステディネス重視派の団体の犬たちは、見ていて面白くない。 「いい子ちゃん」 かもしれないけれど、「作業が義務的・事務的で、喜びに溢れていない!」 とのこと。。。。

一番の違いはパピーの頃に 「服従訓練も含めたステディネスを重視した訓練をするか」 or「まずは回収意欲を高め、大好きなレトリーブ遊びの為なら服従訓練も我慢して頑張る犬に育てるか」 の違いなのだそうです。

そして、「きっと、このイラストを見たら ステディネス派の連中は、鼻で笑うだろう!」 と言っていました。
ステディネス重視派のトレーナーが育てた犬は、振りかざしたダミーに食いつくなんて、ありえないらしく・・・
このイラストを見て 「あるある!」 と大笑いしてしまった私は、図らずも 意欲重視派の一員??


ワーキングテストやレトリーブトライアルは純粋にドックスポーツとは言えない面があって 「作業」 という要素が強いように思います。
そして、「作業や労働」 は、真面目に謹厳に行うべきものなのかもしれませんが、それでも一番大切なことは、やはり 「楽しい!」 ことだと私は思っています。
ニンゲンだって、イヤイヤやっている仕事なら残業や休日出勤は苦痛でしかありませんが、本当に好きな仕事なら、あまり苦にならないですし。。。


投げようとしたダミーに食いつくソロモンの飼い主が言うのもナンですが(苦笑)、 「ダミー遊び → 高じて 回収作業が三度の飯より好き!」 という意欲を持たせ 「(ダミーで)遊びたいなら、勉強(服従訓練、ステディネス練習)を ちゃんとしてからですよ!」 という 順番の方が私は好きかな。
まあ、この点に関しては、今後 日本でも優先順位が二分される気がします。

三度のメシよりダミーが好き?
e0204314_22112392.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2013-05-10 22:12 | レトリーブ (GRT)