ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
外部リンク
最新の記事
2年余を経て
at 2017-12-14 11:01
ソロモン 6歳に!
at 2017-12-02 16:11
Wagon Wheels 
at 2017-11-29 11:56
受け渡し練習 の大切さ
at 2017-11-20 09:54
Japan Final への..
at 2017-11-06 11:02
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

「楽しい!」 が一番!!


GW中に、スクールの生徒さんお2人から、まったく同じ嬉しい言葉を頂きました。
それは 「犬と暮らすのが、楽しくなった。 毎日が、とても楽しい!」  ということ。。。
犬と暮らす毎日が楽しい・・・ 犬と暮らす上で、最も大切なことだと私は思っています。

そして、逆説的に言うならば 「犬と暮らしていて、毎日が楽しくない」 のであれば、その 「楽しくない原因」 を洗い出して、その原因を改善していけば、「楽しくない」が解消されていく と考えています。

例えば、「散歩の時の引っ張りが強くて腕が痛くなっちゃう。散歩が苦痛で・・・」 とか 「来訪者があると、ずっと吠えていて、会話もろくにできない。近所迷惑だし、恥ずかしくって・・・ 犬なんか飼わなければよかった」 とか 「楽しくない原因」 があるのであれば、その原因を改善していくことによって、 より愛犬への関心や愛情が深まる のではないかと思います。 


人は誰でも 「可愛く思えるもの 大切だと思えるもの」 には 愛情を注ぎます。
迎え入れられた当初は、可愛がられ、家族の注目の的、話題の中心だった子犬が、様々な問題が生じることによって(その問題の原因を作ったのは、大部分は飼い主側の責任だったとしても) 飼い主家族の愛情が薄れ、興味も薄まり、「犬なんか飼わなければよかった! 犬と暮らすのって、もっと楽しいものかと思ったのに・・・」 という扱いを受けているのなら、まずはその 「楽しくない原因」 を改善し、迎え入れられた当初の愛情や注目を、再び取り戻して欲しいのです。


中型犬にしては、リードの引っ張りが強かったW君  引っ張り癖が改善されて飼い主さんは、「毎日の散歩が楽しみになった!」 と 笑顔で! 
e0204314_9125725.jpg


ただ、私は 「諸々の問題点が改善されれば、それで終わり」 とは思っていません。
ご家族が困っていた部分が改善され、「犬なんか飼わなければよかった・・・」 状態から復権し、飼い主家族の愛情や注目を取り戻した時をスタートとして、さらに先に進んで欲しいと思うのです。

それは 「生活上の問題点がなくなって、以前より楽になったし、以前より一緒に暮らすのが楽しくなった」 という、言わば ”消極的な楽しさ” から 「何かを一緒にやって楽しむ」 という ”積極的な楽しさ” へのターニングポイントだと考えるからです。


お散歩の引張り癖が解消されて散歩が楽になった・・・ から 例えば 「一緒にボール遊びができるようになった」 とか 「野原でも、きちんと呼び戻しが出来るようになった」 そして 「湖にボールを投げてみたら、飛び込んで泳いでボールを咥えて戻ってきた。 ちゃんと泳げるなですねぇ!」 などと 「ボール遊びができる」 「野原でも、きちんと戻ってくる」 を起点として、様々な遊びを愛犬と共に楽しんで欲しいのです。
まあこれは、ほんの一例ですが 「日常生活に支障の無い愛犬との生活」から「愛犬と何かを一緒に楽しむ」  という生活へレベルアップすることにより、愛犬との暮らしが、より楽しく充実し、行動範囲も広がるはず。


ちなみに、我が家には天国に旅立ったシャドーも含めると延べ5頭の愛犬がおりますが、次男は あまり犬には興味がありませんでした。
今までは、次男が小さかった(年齢的にも体の大きさから言っても)こともあり、我が家の犬たちは次男の言うことには、あまり従いませんでした。
次男が 「コイ!」 と言っても 次男の近くに居る私の処に駆け寄ってきたり、次男がボールを投げても、咥えて私の処に来てしまったり・・・
「パパみたいには、できないや! ボクの言うことは誰も聞かない・・・」って、腐っていた次男君ですが、ソロモンだけは違います。
次男が「コイ!」と言えば次男の足元まで駆け寄って正面停座するし、次男がボールを投げれば、咥えて戻って、ちゃんと次男に渡します。
「マテ!で20m離れての呼び戻し」 とか 「ノーリードでの脚側歩行」 なども、ソロモンはきちんと次男にも従います。

そんなんで、次男君 ソロモンと何かをするのが楽しくて楽しくて、堪らなくなっているみたい。。。(笑)
まあ、「何でも言うことを聞いてくれるから、好き!」 というのも、どうかとは思いますが これをきっかけに、次男が「犬との暮らしは楽しい」って思えるようになるなら、それもいいかと・・・
なんか、ソロモン君も楽しそうに、半分遊び感覚で、キビキビと次男のコマンドに従っていますし!

顔を出すのもどうかとも思いましたが 満面の笑みの次男と楽しそうなソロモン君 モザイク無しで公開しちゃいます。

笑顔の若きハンドラーと、その愛犬
e0204314_9454893.jpg


愛犬との暮らし、「楽しい!」 が一番です。
まずは「楽しくないこと」 を解消し、「一緒に何かをする楽しさ」へと繋げて欲しいものです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2013-05-07 09:56 | MY TALK