ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
外部リンク
最新の記事
クワン 9歳に!
at 2017-07-20 18:34
今年からプールかな?
at 2017-07-13 11:31
12歳1か月のフリスビー
at 2017-07-02 07:46
思い込むので・・・
at 2017-06-22 10:16
6月上半期 あれやこれや
at 2017-06-14 19:15
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

泳いだ!


ソロモン君、昨日 LADF のプールで泳ぎました。
「泳ぎました」 と書くより 「泳げました」 と書くほうが正確かも・・・

今まで、何度もLADFのプールで、ソロモンが大好きな水に浮くボールやウォーターダミーをプールに放り込んでウォーターレトリーブを試みたのですが・・・
プールサイドを鼻をピーピー鳴らしながら、ウロウロするばかりで、プールに飛び込むことはありませんでした。


「まったくもぉ ワーキングコッカーの名が泣くぜ!」 と、不甲斐ない茶色坊主に、やや がっかりしていた訳ですが、昨日は しばらくプールに浮くボールを見つめていた後、意を決したようにプールに飛び込みました。
最初は、水泳初心犬のご多分に漏れず、盛大に水しぶきをあげて泳いでおりましたが、そのうち あまり水しぶきをあげずに泳げるようになりました。

ソロモンは、初代茶色坊主 シャドーと性格的に似ている面があり、何か出来るようになると 「俺は、○○○が、得意だ!!」 とすぐに、調子に乗るタイプなので、これを機に河童犬に育って欲しいものです。

泳ぐのが大好きだった、初代茶色坊主
e0204314_17531881.jpg



やっと泳げるようになったソロモンですが、感心したことが一つありました。
それは、ソロモンが 「私にボールやダミーを渡すまでは、決して体をブルブルして被毛の水気を振り払わなかった」 こと!
私がプールから少し離れた場所に居ても、必ず私にボールやダミーを渡し終えたのちに、水気を振り払っていました。
これも、DNAに織り込まれた能力なのかも・・・


ウォーターレトリーブでは、物を咥えて岸にあがってきたら、何よりも先に咥えている物をハンドラー(飼い主)に渡すこと ・・・ ブルブルと水気を振り払うのは、その後で! ・・・ ということが良しとされます。
ですから 「水からあがってきて、咥えていた物を口から離して体をブルブルする」 とか 「咥えたままブルブルしてから、咥えた物をハンドラーに渡す」 というのは、望ましくないとされています。


物を咥えたままブルブルしますと、物を咥えている口にも力が入りますから、例えば柔らかいボールなどでしたら、犬歯の後が残ると思います。 これがゲーム(撃ち落された鳥)だとすると、「強く噛んだまま体を振る」という行為は、せっかくの獲物が損じられてしまうことにも繋がるそうです。
ですから、「咥えている物をハンドラーに渡してから、水気を振り払う」のが良しとされる訳です。

ドイツ バイエルン州のスパニエルクラブに所属しているFacebookの友人が言うには ワーキングテストのウォータートライアル(水上回収競技)の際、ダミーをハンドラーに手渡す前に体をブルブルさせると、大きな減点になるそうです。

と、まあ薀蓄は これくらいにして・・・・・・

せっかく、何とかかんとか泳げそうなことが判ったので、ソロモン君を連れて 湖か池(笑)に行ってみたいです。 
シャドーやフラウと何度か訪れた長野の湖(写真でシャドーが泳いでいるエメラルドグリーンの湖)も素敵なのですが、日帰りだと ちょっと大変かな・・・
身近な処では、千葉の養老渓谷かなぁ~。


ソロモンも、↓ の動画のような 「できる男」 に育って欲しいです。
「おいおい また、この動画かよぉ~ もう、見飽きたよ!」 と思われるかもしれませんが、私自身がものすごく憧れる動画ですので、お時間の許す方は是非、お付き合いくださいませ。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2013-04-29 18:43 | ソロモン (WC)