ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
外部リンク
最新の記事
つづら折り
at 2017-08-24 11:13
よしなしごと
at 2017-08-13 09:40
クワン 入院中
at 2017-08-01 07:51
クワン 9歳に!
at 2017-07-20 18:34
今年からプールかな?
at 2017-07-13 11:31
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

Life for Play!

e0204314_15532646.jpg

このグラウンドは、千葉県にある某大学の運動場です。
ここで犬を遊ばせることは、ゼッタイと言ってよいほど無理だと思うのですが、もし・・・もし この運動場で愛犬と遊ぶことが出来るなら、何をして遊びますか?

「恋愛シュミレーションゲーム」 では、男性が主人公となって様々なタイプの女の子と恋愛や学生生活を楽しむゲームをギャルゲー、逆に女性が主人公となって、様々なタイプの男の子から求愛されるゲームをオトゲー(乙女ゲーム)と表現しますが、「愛犬と様々な遊びをして楽しむ ワンゲー」 だと思って、想像してみてください。


我が家の3女1男と、このグラウンドで遊ぶとしたら、やはりボールやフリスビー、ダミーなどの道具を用いた遊びが主体になると思います。

平らな部分でボールやフリスビーで遊ぶのも楽しそうです。
1頭ずつ遊んでもいいし、あるいは4頭全て投入してレトリーブ競争をさせても楽しい。
あるいは、例えば1頭とボールやフリスビーで遊んでいる最中は、残りの3頭には「伏臥で待機」の練習してもいいし・・・


奥のほうにある湾曲した壁も魅力的です。
湾曲した壁にボールを投げると、ボールが壁に当たる角度によっては、真っ直ぐにボールが戻って来ずに、予想もしなかった方向にボールが飛んでいったりするんですよね!
私が壁に向かって投げたボールが、予想のつかない方向に転がったらワンズは喜ぶだしょうねぇ~
4頭同時投入で遊んだら、興奮の坩堝!(笑) 


あるいは、手前の草の生えた斜面も、捨てがたいものがあります。
坂の上にワンズを待機させてからボールを投げ下ろしてレトリーブさせたり、逆に坂の下に待機させてボールを投げ上げてレトリーブさせたり・・・ ボールじゃなくってダミーでもOKですが。
駆け下る時に使う四肢の筋肉と、駆け上る時に使う四肢の筋肉って場所が違うんです。
競走馬の坂路調教と一緒で、これは筋肉がつきそうですね~


愛犬と遊ぶ時に 「何をして遊ぶか」 は、飼い主さんによって異なります。
例えば、このグラウンドでも愛犬を放牧するだけで 「何もしない」 という飼い主もいらっしゃるでしょう。
このグラウンドは四方がフェンスで囲まれているので、逃亡の心配はありません。
愛犬がウロウロしたり、木陰で木の枝を齧るのを眺めながら、まったりと過ごす・・・ということも可能ですし、また「それが最良のこと」と考える方も、いらっしゃるかもしれません。


でも、私は どうせなら 愛犬たちと積極的に遊びたいです。
喫茶店やファミレスで 向かい合って座っているのに話もしないでスマホいじったり、雑誌を読んだりしているカップルを見かけますが、私はあれ 苦手なんです!(苦笑)
「共に居る空間は共有しているけれど、別々のことをしている」 のって苦手・・・


私は 犬の一生は遊ぶためにある と思っています。
それも、飼い主と共に遊ぶために・・・
Life for Play!

Life for Play!!  by salomon
e0204314_1630557.jpg


まあ、私の言う 「play」 は、単に面白おかしく生きる ということではなく、 「相棒として共に生きる」 という意味が多分に含まれているので、ドッグスポーツやあるいは労働(例えば牧羊犬が日々、飼い主と共に牧草地で働いていること) も含めて、play と表現しているのですが・・・


千葉の田舎を車で走っていると、思わず 「おぉ~ これはいいねぇ~!」 と独り言が口から出てしまうような野原が沢山あります。
あの木の裏にダミーを隠して、フラウとブラインドレトリーブの練習をしたら楽しそうだな!
あの坂の上でソロモンを待機させて、ダウンヒルのレトリーブ練習したら、楽しそうだな!
この野原を走らせたらエステルは喜ぶだろうなぁ!
ここは草が短くって、クワンとのフリスビー練習に良さそうだな!

「この場所だったら、○○○をして遊んだら、楽しそうだな!」 という感覚は、飼い主自らが学んで磨いていくものだと思いますし、様々な遊びが可能なように愛犬を育て上げたら、遊びの幅も広がります。

犬の一生は遊ぶために!
飼い主と共に遊ぶために!
Life for Play!
Life for Dogs!


パパ! 今度は、何をして遊ぼうか?
e0204314_16465741.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2013-04-23 16:52 | MY TALK