ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
外部リンク
最新の記事
ソロモン王子 戴冠!
at 2017-10-09 15:33
霧ヶ峰でGRT競技会
at 2017-10-03 09:06
クワン 無事に復帰戦を終える
at 2017-09-24 17:42
クワン快気祝い in LADF
at 2017-09-14 09:57
大きな、お友達
at 2017-09-03 09:39
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

遊び上手になろう!


以前にも何度か書いたことがありますが、我が家のエステルさんは 北関東の保健所から我が家に迎え入れた当初は、道具を用いて遊ぶことを知りませんでした。
「全くできない」 ということではなく、細いダミーを投げると駆け寄って咥えることができました。
と言っても、10回投げて2~3回 咥える程度・・・
咥えることは出来ても、私の足元までレトリーブすることはしませんでしたし、フリスビーは勿論 ボールにも興味がありませんでした。

それが、我が家での数年間の暮らしを経て・・・
e0204314_20165631.jpg

e0204314_20195116.jpg


ボールだろうが、ダミーだろうが、フリスビーだろうが、なんでもOK!!
我が家での数年間の暮らしを経て、様々な道具を用いて遊ぶことができる様になった理由の一つが、エステルさんの「嫉妬深さ」 と言うか「負けず嫌い」 と言うか・・・
自分の目の前で、他のワン(特にクワン;苦笑)が、誉められたり撫でられたりするのが、とても悔しいらしく、クワンを撫でていると、鼻をピーピー鳴らしながら地団太を踏みます。
で、「ワタシだって、できるもん!!」 という感じなのか、ボール遊びもフリスビーも、みるみる上達しました。
「ふんっ! どうよっ!」 って、ドヤ顔で得意そうにクワンを見ている表情が、笑えます。


もう一つは、飼い主さんが、いかに 「よし! 遊ぼうぜ!」という楽しそうな雰囲気で愛犬を遊びに誘えるか・・・と、いうことかも!
冷静な表情でボールを投げて、冷静な声で、 「よし とって来い!」 なぁ~んて言っても ボール遊びに興味が無いワンを誘い出すことはできません。
「おっ 何か楽しそうだな!」 とワンが遊びたくなるような雰囲気を演出 できるようになりましょう!


スクールの保護ガンドッグのうち、数頭が ボールやダミーを用いた遊びに開眼しつつあるのですが、飼い主さんから 「先生とは、あんなに楽しそうにボール遊びするのに、家の近くの公園で試してみたら、ノリが悪くて・・・」 というお話を、よく聞きます。

私は、ワンと遊ぶときは、「羞恥心を捨てる」 というか近くに人が居ようが 「傍から見たら、おバカに見えるじゃなかろうか?」 などという雑念(笑)を、かなぐり捨てて、一心不乱に遊びます。
子供もそうですが、親が平常心と言うか冷静な態度を保って遊んでいると、子供のノリが悪い・・・
人目を気にせず、大げさな声や、大きなゼスチャーを交えて遊んであげると、効果抜群です。


そして、「最初から、わが子と遊ぶのが上手い親」 というものは滅多におりません。
子供と遊ぶ経験を重ねながら、あるいは他の親御さんが子供と遊ぶ様子を見たりしながら 「遊び方を学び、身につけていく」 のだと思います。

これは、愛犬でも全く同じだと思うんです。
最初から、遊び上手な飼い主さんなんて、きっと稀・・・
どんな動きをしたら、どんな表情をしたら、どんな声を使ったら、愛犬が楽しそうに誘いにのってきたか。
その経験の試行錯誤をスキルとして、積み上げていくことが出来るか否か!


遊び上手な飼い主になりましょう!

 にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   

 
[PR]
by gundogclub | 2013-04-15 21:11 | MY TALK