ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
外部リンク
最新の記事
太陽の王子
at 2017-04-24 18:31
七輪道
at 2017-04-13 12:06
5歳半にして、やっと・・・
at 2017-04-03 10:30
エンジンかからず
at 2017-03-21 09:08
キルティング・ジャケット
at 2017-03-15 13:58
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

グラデュエーション


SNSで繋がった英国のトレーナーさんから 「あなたの処のワーキングコッカーは、1歳半くらいですか?」 とメッセージを頂きました。
ソロモンは、もうすぐ1歳4ヶ月です。 
「どうして、そう思ったのですか?」 と質問すると、「頭部や後肢などの体の末端部分の色と、中心部(背中とか脇腹とか)の色が違うのは、1~2歳頃の 被毛が茶色のワーキングコッカーの特徴だから!」 というお返事。

まさしく、ビンゴです!
ソロモンは1歳頃までは、全身が黒っぽい茶色(ココアの粉のような色)でした。
それが写真に撮ると 少し前まで愛用していた 「超望遠だけが取り得のカメラ」 では、明るい茶色に写ることが多く。。。
「目で見たのと同じ色に写らない」 という事が、以前の愛機に愛想を尽かした大きな理由でもありました。

それが、1歳を過ぎた頃から 頭部(耳も含む)や 後肢の飾り毛、尻尾などの色が 茶色に金色を混ぜたような 「ゴールデンブラウン」 に変化してきました。

本日のソロモン その一
e0204314_17152930.jpg

お顔や耳の被毛が ゴールデンブラウンになっているのはお判り頂けると思いますが、背中などとの色の違いは、この写真では判りませんね。
じゃ、これでどうでしょう?

本日のソロモン その二
e0204314_17191726.jpg

明らかに、頭部や耳の色と、背中の色が異なりますよね?
今後、全身が頭部や耳の被毛と同じゴールデンブラウンに変化していきます。
おそらく2歳頃までには、全身がゴールデンブラウンに輝く、カッコイイ男に成長するのではないかと・・・(笑)


これはワーキングコッカーに限ったことではなく、レバー(茶色)のフラットコーテッドレトリバーやスプリンガースパニエルなども、加齢と共に被毛の色が変化していきます。
我が家のシャドーも、1歳の頃までは遠くから見ると、黒いんだか茶色いんだか、よく判らない色をしていましたが、やはり頭部や尻尾、後肢の飾り毛から、金流しの茶色に変化していきました。

シャドーが3歳くらいの頃、シャドーと公園のベンチに座っていたら 隣のベンチに座っている パンツが見えそうな(笑)超ミニスカートの高校制服&ルーズソックスのギャルちゃん2人が、チラチラと私の方を見ている???
「あのオッサン、イヤらしい目で私たちのナマアシ、見ている・・・」 とか言われているのかと思ってヒヤヒヤしていたら2人が携帯電話を取り出して、「ワンちゃんの写真、撮っていいですか?」と。
で、「えー マジ? ゼンゼン、上手く撮れないだけれどぉ~」 とかキャーキャー騒いでいたギャルちゃん 「すいませーん そのワンちゃんの耳の毛、少し貰えませんか?」 と・・・

シャドーの耳の毛の色が、とても気に入って 美容院で 「これと、同じ色に染めてください」 って頼むためのサンプルが欲しかったみたい。
まあ、お断りしましたが・・・  
ギャルちゃんも憧れる、シャドーのゴールデンブラウンの耳毛!!!

と、まあバカなことばかり書いておりますが、愛犬を選択(保護犬も含め)するうえで、「被毛の色が好き」 とか 「柄が好き」 というのも、私は重要な要素だと思っています。
例えば、我が家では エステルのお顔が真っ黒だったら 我が家に迎え入れることはありませんでした。
カミサンは、体が白で お顔だけ真っ黒のポインターは、ちょっと苦手なのだそうで・・・(苦笑)
頭頂部からお鼻にかけて、箒星の様な白い模様があるエステさん。
あの白い箒星模様が無かったら、エステルは我が家に来なかったと思います。

e0204314_17404857.jpg


ゴールデンブラウンの被毛と、ココア色の被毛が混在しているソロモン君。
少しずつ、ゴールデンブラウンの割合が増えてくるグラデュエーションの変化を、楽しみにしています。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2013-03-26 20:28 | MY TALK