ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
外部リンク
最新の記事
太陽の王子
at 2017-04-24 18:31
七輪道
at 2017-04-13 12:06
5歳半にして、やっと・・・
at 2017-04-03 10:30
エンジンかからず
at 2017-03-21 09:08
キルティング・ジャケット
at 2017-03-15 13:58
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

飛ぶか回るか?

いつもの野原で、倒木の先にダミーを置いて、フラウ&ソロモンにレトリーブさせてみました。

まずは、フラウ姐さん!

ダミーが置かれている場所へ向かって一直線に走り・・・
e0204314_1157226.jpg

倒木障害を飛び越え・・・
e0204314_11585984.jpg

倒木の先にあるダミーを咥えて戻る!
e0204314_120254.jpg


次に、ソロモン君!
小さな体を活かして倒木の間を潜り抜け・・・ (← カミサンには 「なんか、ださぁ~い」 と不評;苦笑)
e0204314_122957.jpg

ダミーを咥えつつ倒木の間を潜り抜け、レトリーブ!
e0204314_1233886.jpg


この倒木の横は、普通の野原が広がっています。
ですから倒木を飛び越えたり、潜ったりしなくても、ちょっと遠回りすればダミーが置かれている場所に到達できます。

「飛び越えようが、遠回りしようが、ダミーを咥えて戻ってきたら、それでいいじゃん!」 と思う方も いらっしゃると思います。
実際に回収に要する時間は、あまり変わらないかもしれませんし・・・


しかし、「ダミーに対して一直線に向かう意欲」 を私は評価したいと思います。
日本の華道や茶道と同じく、欧州(特にイギリス)には、様々なフィールドトライアルの回収競技部門 = (レトリーブトライアル)の団体があり、ルールも様々です。
どちらかと言えばオビィディエンスに比重を置く団体もありますが、レトリーブ意欲に比重を置く団体もあります。
あえて障害物(ネットや木製の柵など)を配置して、その障害物を飛び越えるのか or 遠回りして回避するのか によって、加点・減点を行うルールをとっている団体もあります。
つまりは 障害物に対し、どのように対処するか? は回収意欲を測るうえで、一つの評価基準たりえわけです。


ちなみに、今回は障害を飛び越えずに、潜り抜けたソロモン君ですが、ソロモンのジャンプ能力は驚くほど高いです。
ソロモンを停座させ私と向かい合った状態で、目配せをすると垂直飛びで私の肩の高さまで飛び上がります。
飛び上がった後、私の肩の上で まるで狐の襟巻きのように、私の首に巻きついて尻尾を振っているソロモンは、可愛いです(笑)


ワーキングコッカーがネットを飛び越えるシーンで始まる、この動画・・・
私の憧れの動画です。 毎日、必ず1回は、溜息とともに眺めています!



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2013-03-12 12:36 | レトリーブ (GRT)