ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
外部リンク
最新の記事
2人の奥さん
at 2017-05-26 08:55
経験が犬を育てる
at 2017-05-18 19:48
W優勝!
at 2017-05-07 06:44
太陽の王子
at 2017-04-24 18:31
七輪道
at 2017-04-13 12:06
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

陽気なのはいいけれど・・・


ソロモン君、1歳3ヶ月を過ぎ スクールの各クラスのデモンストレーションを、こなくしてくれる様になりました。

例えば、レッスン時に野原で 「ここから、左前方にある背の高いススキが2本生えている所まではリード付で歩いてださい。 ススキが2本 生えている所まできたらリードを外して、そこから右前方にある赤い葉っぱの木の所まで歩いてください。 そこで停座をさせて、飼い主さんは そこから右側にある こんもりとススキが生い茂っている場所まで歩いて、その場所で愛犬を呼び戻してください。 次に・・・」 なぁ~んて説明するより、ソロモンでデモ(ンストレーション)をして、生徒さんたちに見て頂いた方が判りやすい。。。

最近、フラウ姐さんは 簡単なデモをさせようとすると 「あ~ら ワタシに、そんな小娘が やる様なこと、させたい訳ぇ~?」 みたいな感じで(苦笑)、動きが悪い・・・
レトリーブ系のデモなら、喜んでやってくれるのですが。。。


その点、ソロモンは ”サニーコッカー” と称されるほど陽気なコッカースパニエルですので、ニコニコ ニパニパ 尻尾ブンブンでデモをしてくれるので本当に助かります。
フラウちゃんなんか、若い頃は 人見知り・犬見知りが酷くて 「陽気」ではなく 『妖気』 が漂っていましたから・・・(苦笑)  
e0204314_13292198.jpg


ただし・・・ 過ぎたるのは及ばざるが如し の例えもありますが 陽気で人も犬も大好きなソロモン君は 「他の人や犬が間近にいると作業の精度が落ちるのではないか?」 という懸念が頭をよぎったため、本日のレッスン時に実験をしてみました。

生徒さん(飼い主さん&ワン) が並んで待機している、ごく近くで スリップリードをつけて脚側歩行で25m歩く → 停座 → 私だけ元の場所に戻る → 呼び戻し ・・・ GRT競技会のエントリーテスト(入会審査)で行われる方法と、ほぼ一緒。
で・・・ 予想通りと言うか、予想以上と言うか 真っ直ぐに私の足元まで駆け戻らずに、生徒さん(飼い主さん)が野原に置いておいたバッグの中に顔を突っ込んだり、生徒さんに抱きついたり・・・ なんじゃこりゃ?(苦笑)
ダミーレトリーブでも 得意そうにダミーを咥えて、生徒さんに見せびらかしに行ったり・・・


ところが、生徒さん(飼い主さん&ワン)が並んで待機している場所から15m程、離れると 私と1対1で練習している時の精度と集中力を取り戻しました。
「マテ!」 の指示で 私から30m程 離れて野原で停座継続をさせた時も、私が生徒さんたちと話をしたり、他のワンを撫でたりしても、微動だにせず、呼び戻すまでの間、停座継続が出来ていましたから・・・

「ごくごく近くに他の人やワンが居る」 という状況下では精度が落ちるソロモン君!
「あまり近くに人や犬が居なければ、出来るのですが・・・」 というエクスキューズは、「いつもの公園なら、出来るのですが・・・」 とか 「四方がフェンスで囲まれている場所なら、出来るのですが・・・」 などという言い訳と一緒だよね!

この点に関しては、見知らぬ人や犬が大嫌いだったフラウ姐さんは 「他の人の所へ駆け寄る」 とか 「ダミーを咥えて他の人に見せびらかしに行く」 なんて決してしなかったから、楽といえば楽でした。
ただし、見知らぬ人や犬が沢山いる競技会で、ドヨ~ンとているフラウ姐さんを、テンションアップさせることは、また別の苦労がありましたが・・・
もっとも、フラウ姐さんは ドヨ~ンと低いテンションのままでも(苦笑)、それなりのパフォーマンスを見せてくれるのですが。


実際の競技会では レトリーブトライアルにしろフリスビーにしろ 今日のように至近距離にギャラリーや待機ペアが、ずらりと並んでいることはありません。
ですから、今日の様なことは競技会では起こらないかもしれませんが、それでも 「どんなにギャラリーが間近に居ても、気にせず集中して指示に従える」 ようになって欲しいものです。
陽気で、人好き&犬好きなのは良いですが、そのことに起因して作業の精度が落ちるようでは、まだまだ半人前もいいところ・・・・!!


「陽気で、人も犬も大好きで、でも作業の時は、きっちり集中できる男」 を目標に、ソロモン君頑張っていこう!!
e0204314_1465017.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2013-03-10 14:15 | ソロモン (WC)