ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
外部リンク
最新の記事
ソロモン 6歳に!
at 2017-12-02 16:11
Wagon Wheels 
at 2017-11-29 11:56
受け渡し練習 の大切さ
at 2017-11-20 09:54
Japan Final への..
at 2017-11-06 11:02
Japan Final への..
at 2017-10-28 15:15
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

自信は良薬


長男が千葉県公立高校前期選抜試験に合格した日、長男の担任の先生と塾の先生から私にお祝いの電話がありました。

担任の先生
「いゃあ~ 本当におめでとうございます。 模擬試験の結果からすると、どうかな? という感じだったので、本当によかったです! 今年は、クラスのエース級の子達が前期選抜で不振だったので、山本君が、ふんばってくれて、ほっとしています」

塾の先生
「本当におめでとうございます。 よかったですねぇ~ いや、本当によかった!! ちょっとリスキーな受験校選択だったものですから・・・」


あはは 担任の先生も塾の先生も、落第すると思っていたのかも・・・(苦笑)
まあ、私や家内も そして長男本人も(長男は私や家内の前では飄々とした感じを演じていたようですが)、「5分5分かな・・・?」 と思っていたのですが、本当によかった!


そして、曲がりなりにも、「少し高いハードル」 と思っていた(はず) の高校に合格できたことで、長男君は少し自信がついたみたい。
高校入試が終わると、中学校卒業式までは もう授業も「時間つぶし」みたいな感じですし、卒業式から高校入学式までの2週間は、宿題も課題もレポート提出もない、自由気ままなバケーション!

きっと、これから高校入学までの約1ヶ月間、長男は遊び呆けて暮らすものと思っておりましたら 昨日の夜 「高校入学までに、読んでおいた方が良いと思う本、教えて!」 と長男の口から。。。
なんかね 幻聴かと思いましたよ(苦笑)

私からは、森鴎外とか樋口一葉とか 現代口語体ではない小説を読み慣れることを勧めておきました。
家内からは 「判りやすい現代訳でいいから、百人一首を読んで、自分の好きな歌の二つや三つ 諳(そらんじ)られるようになりなさい」 とアドバイス。
そして今日、長男君は図書館に行って本当に、森鴎外や樋口一葉や百人一首の本を借りてきて読み始めました。


この1年間、模擬試験を受ける度に順位が落ちたり、塾でも当初は自分より偏差値の低かった同塾生に追い抜かれたりで 口では強がっていても 本人の自己肯定観 が、どんどん低下してしまった様に思います。
「どうせ勉強したって俺はダメだ!」 「自分は、もともと頭が悪いんだ」 「努力したって結果なんか出ないんだ」 ・・・
何となく、自暴自棄とまでは言いませんが、それに近い言動を見せていた時期もありました。


「本人自身が自信を喪失して、自己否定している時」は、いくら親が励ましても 励ましの言葉が心に届かないようです。
結局は、本人が ちょっとしたきっかけで自信を取り戻すのを待つしか無く、自信をとり戻した時に 誉めたり励ましたりして、自信を増幅させ堅固なものにしてあげるのが親の努めかもしれません。


ところで、「自己肯定」 とか 「自己否定」 という感情はニンゲンにしかないものなのでしょうか?
自己否定と書くと難しくなりますが、 悔しがったり、自信をなくしたり・・・という感情は動物にもあるのではないかと思います。

JRA(日本中央競馬会)に所属していたある有名な馬は、負ける(1着になれない)と、自分の厩舎の壁を後肢で、ずっと蹴り続けて荒れたそうです。
数日間は、飼葉もあまり食べなくなってしまったそうです。
自分の部屋の壁を蹴って悔しがって、ご飯もあまり食べなくなる・・・


もっと身近な例で言うと我が家のクワンちゃん、フリスビー競技会で「1R(午前の部)」で思い通りのプレイが出来ないと、ドヨ~ンとなります。
お昼休みに散歩をしても なんか元気が無くて尻尾もたれていて 「あー うまくできませんでちたぁ・・・ くやしいでちゅ・・・ あぁぁぁぁ  あぁぁぁぁ・・・」 と、なんか肩を落としてトボトボと歩いています。
これが1Rの成績がいいと 「やっぱりクーは、フリスビーとくいでちゅ~! クーはじょうずでちゅ!」 という感じで尻尾を高く上げて、意気揚々と散歩しますから・・・
「パパの、がっくりした態度を察して」 とか 「パパから発散される怒りの匂いを感じて」 ではなくて、クワン自身が 「うまくできたか、できなかったか」 を、ちゃんと判っているように思います。


やはり、犬も 自信のある犬(自己肯定観の強い犬) に育てていく事が大切だと私は思います。
常に、叱られたり怒鳴られたり叩かれたりしていたら、"自分に自信のある犬" には育ちません。

そして、自信のある犬に育てる最良の薬は 「成功の経験を重ねる」 ことだと思います。
何でもかんでも、あためごかしで誉めたり、ご褒美のお菓子をあげればよいのではなく、成功したことを本人(犬)に対して、きちんと認識させ その成功を誉めて自信を持たせる。。。

「いかに成功させ、愛犬に自信を持たせるか」 ・・・ 飼い主の工夫とスキルが問われます。

パパは どうやったらボクが成功するか、いつも考えているんだって!!  byソロモン
e0204314_15234364.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2013-02-23 15:33 | MY TALK