ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
外部リンク
最新の記事
つづら折り
at 2017-08-24 11:13
よしなしごと
at 2017-08-13 09:40
クワン 入院中
at 2017-08-01 07:51
クワン 9歳に!
at 2017-07-20 18:34
今年からプールかな?
at 2017-07-13 11:31
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

ゆく河の流れは


とうとう長男までインフルエンザに罹患しました。
カミサン → 次男 → 義母 → 長男 の順で発病し、私を除いて全滅・・・
昨日の朝の時点で40.2℃の熱があった長男君、実は昨日は千葉県の私立高校の入学試験の日だったのです。
幸いと言うか、長男は県立高校志望(前期試験と後期試験、計2回のチャンスあり)なので、問題はありませんでしたが、「もし私立高校も併願していたら。。。」と思うと、ゾッとします。 隔離部屋で受験は可能だったとしても、40℃超の状態で、まともに受験できる筈もありませんから。


掃除洗濯、一日3回の料理・・・ 全て私が担当することとなり、ここ1週間ほどワンズと遊んだり練習したりが、ほとんど出来ません。
我が家の4ワンズ、ごめんね もう少し、辛抱してね!

とは言え、昨日は午前中 時間の余裕があったので、フラウ&ソロモンの茶色コンビを連れて、いつもの野原へ行ってきました。
全く人が立ち入った形跡が無く、白銀の野原でした。 もっとも、雪が降って数日が経過していますので、雪質は、ザラメ状に変質しておりましたが・・・


まずは、2頭のフリーラン!

フラウ姐さん 飛んでいます!
e0204314_9112570.jpg

フラウ姐さん 楽しそうです!!
e0204314_920247.jpg

ソロモン、渾身のフルギャロップ
e0204314_9124591.jpg

雪上でのボールのレトリーブ競争 ソロモンは、四肢の回転が速いピッチ走法で、スライド走法のフラウ姐さんと、ほぼ同じスピードで走ります!
e0204314_9153553.jpg

ソロモン君 ウォーターダミーのレトリーブ
e0204314_917583.jpg

競技会用ダミーのレトリーブ
e0204314_9194116.jpg

マーキングレトリーブ(ダミーの落下地点を犬に目視させてから送り出すレトリーブ)の練習も、フラウ&ソロモンで、やりました。
フラウ&ソロモンを停座させ、私がウォーターダミーを持って50m程先まで歩き、そこからダミーを投げます。ウォーターダミーの方が競技用ダミーより投げやすいので、おそらく40m程は飛んだと思います。
ですから、ワンズが停座している場所から90m前後の所にダミーが落下し、かつ雪の中に埋まっています
e0204314_9291273.jpg


”Get On!” の声で2頭同時に回収に向かわせると、フラウ姐さんの方が若干、足が速いのでダミーが落下した周辺に先に到着するのはフラウ姐さん。 ソロモンはフラウ姐さんが走った後を、ついて行く感じ・・・
ダミーが埋まっている辺りを円形に臭気を辿りながら探し回る2頭。。。

5回この練習をして、雪中に埋まっているダミーを発見し、咥えて戻ってきたのは5回とも、ソロモン!
「ソロモンの臭気探索力に感心する」 と言うより、むしろ 「えっ 何で? 何で、フラウ 探せないの???」という気持ちでした。
ダミーから発せられる僅かな臭気(競技用ダミーは木屑が詰まっています。あとはダミーの布の匂いとか、ワンズのヨダレの匂い?とか)を追わせたら、フラウ姐さんは、とても優秀でした。
おそらく、マーキング力ではレトリバー種に敵わないと思うのですが、こと鼻を使わせたら、互角の あるいはそれ以上の能力があると自負していたのですが。。。

それが、小僧のソロモンにも敵わなくなっているとは・・・
数年前までのフラウだったら、こんなことは決してなかった筈!
ソロモンがダミー落下地点にたどり着いた頃には、既にダミーを雪中から発見し、咥えてこちらに戻ってくるフラウの姿が私には見えます(笑)
でも現実は。。。 目の衰えは以前から、何となく判っていましたが、鼻まで衰えてきたかな?


『ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ 消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。』 という方丈記の一節が頭に浮かびます。
フラウが有していた能力もまた、川の流れのように流れ去っていくのでしょう。
なんかね 寂しい気持ちです。


本当はフラウの力の衰えを嘆くより、ソロモンの臭気探索の能力を褒めるべきなのかもしれません。
それに、ダミーを咥えた後の戻りも、ソロモンは本当に速いです。
宙を浮くように戻ってきますから!

例えではなく、本当に四肢が浮いているソロモン
e0204314_9495746.jpg


SNSを通して、ソロモンの親戚筋に当たるワーキングコッカーを繁殖している方と知り合いました。
ソロモン君が咥えるのはダミーですが、こちらは本物!
ゲーム(撃ち落した鳥)を引きずって運搬すのではなく、咥えたまま跳躍できる力強さが、この犬舎のワキングコッカーの長所なのだとか。。。
それにしても。。。 私が撮った写真とのクォリティの差に悲しくなります。(苦笑)
e0204314_9594166.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2013-01-18 10:05 | MY TALK