ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
外部リンク
最新の記事
太陽の王子
at 2017-04-24 18:31
七輪道
at 2017-04-13 12:06
5歳半にして、やっと・・・
at 2017-04-03 10:30
エンジンかからず
at 2017-03-21 09:08
キルティング・ジャケット
at 2017-03-15 13:58
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

興味があれば


家内と次男がインフルエンザに罹りました。
2人とも39℃の熱を出してウンウン、苦しんでいます。
高校受験まで約1ヶ月を残すばかりとなった長男に、うつらない事を祈るのみです。
インフルエンザの病人を2人抱えて、ワンズを連れて暢気に野原に行くのは憚られたので、昨日はクワンとソロモンは近所の公園散歩でお茶を濁しました。 ポインターシスターズはお留守番。
とは言え、私は複数頭を連れての散歩はしないので、クワン&ソロモンで計2時間ほどの散歩でした。
野原へ連れて行っても所要時間は、あまり変わらなかったかも・・・ 


自宅から、車の通らない遊歩道を経由して広い公園へ。。。
以前は、シャドーと頻繁に散歩していたルートです。
シャドーと通っていた頃は、その公園に散歩に来る常連ワンとは、ほとんどが顔見知りでしたが、世代交代が進んでいて、旧知の飼い主さん&ワンと会ったのは1回だけ・・・
なんか、寂しくなってしまいました。


ソロモンを連れて公園内を散歩している時、メキシコ原産の小型犬3頭を連れた飼い主さんから、話しかけられました。
「話しかけられた」と言うか、「追いかけられた」と言うか・・・
実は、このメキシコ原産小型犬3頭は、ソロモンが視界に入った時から、ものすごい勢いでギャンギャン吠えまくっていたので、背中を向けて立ち去ろう(逃げようと;苦笑)していた矢先に、「すいませーん 珍しい色ですねぇ~」 と仰りながらギャンギャン犬を連れながら、早足で追いかけていらしたので、逃げるに逃げられなくなって・・・(苦笑)


吠えまくる小型犬を連れた飼い主さんと、向かい合っての会話。
約1m先で吠えまくる小型犬にも動じず、ソロモン君はきっちり伏臥を継続できました。
伏臥しながらも、車のワイパーみたいに左右に尻尾を動かしているソロモン君・・・一緒に遊びたかったの?


小型犬の飼い主さんから、犬種などを尋ねられ、「なりは小さいけれど、鳥の猟に使われる猟犬種」 と確かに説明したと思うのですが、 その飼い主さんから頂いたお褒めの言葉は 「まぁ~ そんなに大きくないのに熊とか猪を追いかけて戦うのね! 勇敢ねぇ~!」って。。。(苦笑)

いくら何でも熊や猪は無理だよなぁ ソロモン!!
e0204314_9133993.jpg



どうも、猟犬には大別して獣猟犬と鳥猟犬があることを、ご存知なかったみたい。
ちなみに、お連れの3頭のギャンギャン犬の原産国も、ご存知ありませんでした。
ついでに、混合ワクチンって初年度に接種すれば、その後は接種の必要が無いと信じていたことも判明。。。
ところが、千葉市内のドッグカフェは、いくつもご存知で、月に4~5回はドッグカフェに遊びにいくとのこと。

いえね、飼い主さんが皆、私みたいな犬種オタクになる必要があるとは全く思っていません。
でも、同じ犬種3頭と暮らしているのに(おそらく、お好きだから続けて同犬種を選択したのだと思いますが)、その原産国をご存知でなかったり、ワクチンに関する知識が欠乏していたり・・・


人は、自分の興味があることは 本を読んだりネットで調べたり、それなりに勉強(知識を広げる)するのではないかと思うのです。
私の父は、ヨーキーとかバビヨンとかマネチーズとか小型愛玩系の犬にしか興味が無いのですが、犬種別の犬の飼育方法が記載されている本を購入したり図書館で借りたり、”狭く深く” 勉強していました。


その論法でいくと、お会いした飼い主さんが興味があるのは、犬そのものではなく、ドッグカフェ???
しかし、あのギャンギャン犬3頭を連れてカフェに行って、寛いだり他の飼い主さんと会話ができるのか。。。?

「車には興味が無いけれど生活の上で必要だから所有している」という方も、いることと思います。
ガソリンスタンドの従業員やディーラーの方に言われなければ、エンジンオイルの交換すらしなかったり・・・
しかし車は、自宅の駐車場に駐車している限りは、通行人にも近所の住人にも迷惑はかけませんし、不快な思いもさせません。
しかし命ある生き物は、そうではありません。
ギャンギャン吠える犬は近所迷惑ですし、散歩中に吠え立てられた相手は不快な思いをします。


高価な首輪や、ウエア、お洒落なカフェに対する興味の前に 犬そのものに対する興味(愛犬の犬種に関する知識、疾病予防などの知識、躾に対する関心など)をもって欲しいと思います。
ギャンギャン吠えまくりでは、ヴィトンの首輪をしていても、本末転倒かと。。。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2013-01-14 10:02 | MY TALK