ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
外部リンク
最新の記事
クワン 9歳に!
at 2017-07-20 18:34
今年からプールかな?
at 2017-07-13 11:31
12歳1か月のフリスビー
at 2017-07-02 07:46
思い込むので・・・
at 2017-06-22 10:16
6月上半期 あれやこれや
at 2017-06-14 19:15
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

どっふりと・・・

ソロモンを我が家に迎え入れて、約10ヶ月が経ちました。
体重は15kg~15.5kgの幅で微増、微減を繰り返しています。 もう、あまり体重は増えないのかも・・・
未去勢ですが、排泄のための小便は未だ腰を低くして女子スタイル、でも最近 マーキングの時は片足をあげる時もあります。
顔つき、体つきとも、大人びてきました。
e0204314_942732.jpg


ソロモンを迎え入れてからの約10ヶ月・・・日増しに、ワーキングコッカースパニエルの魅力に、どっぷりと はまっています。

まず、理解力(飼い主が何を求めているのか)が、パピーの頃から抜群でした。
あまり反復練習を行わなくても、オビィディエンス系の科目の習得は、苦労しませんでした。
歴代の我が家の犬たち(と言ってもバピーから共に暮らしたのはシャドー、フラウ、ソロモンだけですが)の中では、最も楽にオビィディエンス系の訓練馴致ができました。


そして、スピードとスタミナにも優れています。
紐付きボールのレトリーブ競争などをさせると、フラウやクワンと遜色の無いスピードでボールに到達します。
ワーキングコッカーって、体長の比して体高があり、簡単に言うと足が長い(ショー系のイングリッシュコッカーと比較すると顕著です)ように思います。
e0204314_8404373.jpg

スタミナに関しても、フラウやエステル、あいは野原組のイングリッシュセッターと走り回っても、全く へこたれません。 
クワンは瞬発力には優れていますが、ポインターシスターズと一緒に、1時間~2時間 野原を走り回るスタミナはありません。
スタミナという点では、既にクワンを上回っているのは確かだと思います。


そして、ダミーに対する回収意欲も、申し分ありません。
生後8ヶ月を過ぎる頃まで、競技会で使用する太さのダミーは、なかなか上手に咥えられなかったり、咥えて戻る途中で何度も口から零れ落ちてしまったり、レトリバー種や多目的ガンドッグでは、経験しないようなジレンマもありましたが、ここ2ヶ月程の間に、問題なくダミー運搬が出来るようになりました。
e0204314_8505792.jpg

SNSで繋がった英国をはじめ、欧州のネット上の友人には、ワーキングコッカーを専門に繁殖している方、ワーキングコッカーを中心としたスクールを運営している方、ワーキングコッカーとフィールド系のスプリンガースパニエルに絞ってトレーニングをしている方がいらっしゃいます。
ワーキングコッカーに絞って繁殖をしたり、あるいはトレーニングを請け負って、それで職業として成り立つという事は、それだけ需要(依頼者)があるということなのでしょうが、「ワーキングコッカーの愛好者が大勢いらっしゃる」 ということは、初めてワーキングコッカーと暮らし始めた私が言うのも、おこがましいのですが、何となく理解できる気がします。
だって、とても素晴らしい犬種ですからっ!!

英国でも珍しい、ブラック&タンのワーキングコッカーを繁殖している方の自慢の写真
e0204314_924229.jpg


とは言え、ソロモンに関して言えば、「まだまだの部分」も、沢山あります。

一例をあげると 「誘惑に対する抑制」 は 45点くらい・・・
ソロモンを私のPC用椅子の横で伏臥させ、わざと庭で クワンと長男にボールなどを使って遊んでもらうと・・・ 目は宙を泳ぎ、腰は浮き・・・数分で我慢できずに庭に飛び出して行ってしまいます。(苦笑)
フラウ姐さんなんか、1歳の時点で 同じように長男&シャドーで庭で大騒ぎして遊んでいても、私が「ヨシ!」と言うまでは10分でも20分でも、私の横で伏臥継続が出来たけれどなぁ~

それと、我が家のバリケンはリビングに並べてあり、ニンゲンの食事の時と私が就寝する時は、フラウ姐さんを除いた3頭はバリケンに入れるのですが、ソロモンは食事中にピーピーピーピーと鼻笛を鳴らして、「出して~出して~」と催促(苦笑)
食事中に、鼻笛鳴らして 「出してくださーい」 と催促する犬って、我が家ではソロモンが始めて・・・(苦笑)
カミサンには、「ソロモンって男らしくない。女々しい」 と不評・・・(苦笑)

そんなことじゃ、知恵の王として古代イスラエルに君臨した、ソロモン王の名が、泣くよっ!
ちなみに、肉系のおかずの時は鼻笛がひどく、魚系とかパスタ料理の時は、あまりピーピー、鳴かない・・・

まあ鼻笛は、ニンゲンが我慢すれば問題ありませんが 誘惑に対する抑制の方は、もう少し成長して貰わないとネ!

でも、ワーキングコッカースパニエルは、陽気で賢く元気一杯で 毎日が楽しいです。
しばらくは、どっぷりと虜(とりこ)になりそうです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2012-12-27 09:27 | ソロモン (WC)