ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
外部リンク
最新の記事
ソロモン王子 戴冠!
at 2017-10-09 15:33
霧ヶ峰でGRT競技会
at 2017-10-03 09:06
クワン 無事に復帰戦を終える
at 2017-09-24 17:42
クワン快気祝い in LADF
at 2017-09-14 09:57
大きな、お友達
at 2017-09-03 09:39
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

ビジョンをもって愛犬と暮らす

私は、「犬種オタク」です。(笑)
我が家には、ぶ厚い犬種図鑑が何冊もあります。
その犬種図鑑を眺めながら、考えるのは ”もし、この犬種と暮らしたら、何をして遊ぶのかな?” ということ。

例えば、東欧のサイトハウンドの写真を見ながら 北欧の北方スピッツ系の犬の写真を見ながら ポルトガルのウォータードッグの写真を見ながら 「もし、この犬が我が家に来たら、何をしようかな?」 と想像するわけです。
想像の翼が広がる犬種もいれば、とんとイメージが思い浮かばない犬もいます。
勿論、散歩の相棒としてなら、どの犬種でも構わないのですが 「その犬種と何かをすること」を前提として想像すると、やはり私にとって最も想像の翼が広がるのは、ガンドッグと総称される犬種たちです。

私が、こんな感じなので スクールには卒業犬も含め ワイヤーヘアード・ポインティング・グリフォン とか ドレンチェ・パトライスホンド(オランダの多目的ガンドッグ) とか コイケールホンディエ とか珍しいガンドッグがおります。


私は、スクールに入校する飼い主さんに最初のカウンセリングの時に、 「なぜ、その犬種を選択したのですか?」」 と、必ずお伺いします。
なぜイングリッシュセッターを選択したのか? なぜラブラドールレトリバーを選択したのか?なぜボーダーコリーを選択したのですか? と・・・
「なぜ、ドレンチェ・パトライスホンドを選択したのですか?」 と飼い主さんにお伺いした時の回答は、とても明瞭でした。
数多くのガンドッグがいる中で、どのような点に魅力を感じ、どこに魅かれ、どのような暮らしがしたくて、八方手を尽くして購入に至ったか・・・を、きちんと説明してくださいました。

私が、「なぜ、その犬種を選択したのですか?」 とお伺いするのは、それが 「その選択した犬と何をしたいか、どのような暮らしがしたいか」 というビジョンと直結しているからです。
一般的に、犬種選択の理由を明瞭に説明できる飼い主さんは、ビジョンも明瞭です


「選択した犬と何をしたいか、どのような暮らしがしたいか」 というビジョンは、不変である必要はありませんし、犬と暮らし始めてから 「一緒に○○○○をしてみようかな?」 という言わば ”あとづけのビジョン” でも良いのだと思います。
我が家の黄金爆裂娘、クワンは 「フラウ姐さんの後継として、レトリーブトライアルに参加しよう!」 と考えて迎え入れた訳ですが、ダミーより空飛ぶ白いお皿の方が何倍もお気に入りになってしまったので、途中で方向転換。。。(苦笑)
まあそれでも、「どちらも中途半端」 ではなく、2年連続してジャパンファイナルにノミネートされるだけの飛皿犬に育ちましたので、クワンは これでよかったのかな・・・と。


前記しましたように、私 は愛犬と何かをするために・・・ 何かをする相棒として犬と暮らしています
ですから、そもそも愛玩することが目的の小型犬種とか、想像の翼が広がらない犬種を相棒とすることは、今後とも無いのではないかと思います。
少なくとも私にとっては、単なる散歩の相棒 とか 愛玩する対象として 犬と暮らすことは、これからも無いのではないかと・・


話が飛びますが、facebook などで ワーキングコッカーの愛好団体や愛好者の方のページを見ていると、実に楽しそうです。
ガンドッグの中では、最小の部類に入るワーキングコッカーの作出目的に沿った暮らしを、鳥猟をするしないに関わらず、満喫している団体や個人の日記や写真・・・
作出目的を、きちんと理解した上で、その作出目的に沿った練習や訓練を施しつつ、フィールドワークを楽しむ!

ただ漫然と犬種を選択する、あるいは犬と暮らすのではなく 「何をするために」 という明確なビジョンのあるドッグライフが私は好きです。


1歳を過ぎたソロモン君 顔は精悍になってきましたが、まだまだ おこちゃま(笑)
e0204314_1015889.jpg
    

e0204314_10282090.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
                   
[PR]
by gundogclub | 2012-12-10 10:07 | MY TALK