ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
外部リンク
最新の記事
ソロモン 6歳に!
at 2017-12-02 16:11
Wagon Wheels 
at 2017-11-29 11:56
受け渡し練習 の大切さ
at 2017-11-20 09:54
Japan Final への..
at 2017-11-06 11:02
Japan Final への..
at 2017-10-28 15:15
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

「何をして楽しもうか?」と考える


JFA(日本フリスビードッグ協会)の会員にとって、年度の総決算とも言えるジャパンファイナルが現在、三重県津市で開催されています。
私とクワンが出場を目指していた(かつ、出場することになっていた) ユースオープン選手権は金曜日に開催されました。
共に、元保護犬を相棒としてジャパンファイナルを目指した、関西在住の友人と相棒である元保護犬のラブラドールレトリバーのMちゃんも、夢舞台を存分に楽しんだことと思います。
Uさん、来年度は新たに迎え入れた保護犬ともフリスビー競技に参加する予定とのことです。


さて、曲がりなりにも保護活動に関与していると 「成犬を引き取っても、なつかないのでは?」 という話を、よく耳にします。
この、「成犬からでは、新しい飼い主に なつかない」 という説は、あながち間違いではないのかもしれません。

私の家内の遠縁にあたる方が、甲斐犬と暮らしていたのですが、闘病生活の末に亡くなり、その方の息子さんが、この甲斐犬を引き取りました。
ところが、なつくどころか、引き取った後、殆ど食べ物を口にせず、2ヶ月程で まるで亡くなった主の後を追うように、昇天してしまったそうです。
和犬のなかには、「一主一代」 とか 「二主にまみえず」 という傾向が強い犬種がおり、確かに洋犬が少なく、和犬が大多数を占めていた時代は、「成犬から飼っても、なつかない」 という説は、間違いではなかったのかもしれません。
ちなみに、和犬に限らず 「新しい飼い主に、なつきにくい」 という犬種は、世界各地に散在するように思います。 
かつ 「和犬 = 新しい飼い主に、なつかない」 と断言しているのではなく、その可能性を内包している・・・と考えて頂きたいと思います。 


一方、ガンドッグ・・・特に英国を原産とするガンドッグに関しては、レトリバーにしろ、ポインターにしろ、セッターにしろ、スパニエルにしろ 成犬を迎え入れても何ら支障なく暮らせるケースが大部分ではないかと思います。
勿論、「犬種の差」ではなく「個体差」として、英国を原産とするガンドッグのなかにも、新しい飼い主さんに、なかなか心を開かない場合もあると思いますが、ニンゲンでも社交的な性格の人と、内向的な性格の人も居るわけで・・・
ある程度の期間、保護団体のシェルターや預り親さん宅で暮らした犬(つまり保護団体や預り親さんが、ある程度、性格や特徴などを把握した後に)、きちんと説明を受けて 里子として迎え入れるか否かを判断すれば、大きなミスマッチは、起こらないのではないかと思います。


そして、何より大切なのは 里子として迎え入れた犬と、どの様に暮らすか ・・・ どの様に楽しく暮らすか ということだと思っています。

野原を走るエステル
e0204314_8305893.jpg


北関東の保健所から迎え入れた、イングリッシュポインターのエステルさん。
私が、彼女に求めたことは多くはありません。
吠え続けないこと、室内で排泄をしないこと、散歩の時は、あまりグイグイ引っ張らないこと・・・ そして何より広い野原でも呼んだら足元まで戻ってくること!!

服従訓練系の事柄は、ほとんど教えていません。
まあ、マテとかスワレとかは教えましたが、日常生活を送る上で不必要な服従訓練系のコマンドは、一切 教えていません。 エステルには必要ないので・・・


保護犬に限らず、新たに愛犬を迎え入れるにあたり 「どの様に暮らすか」 ・・・ もっと端的に言うと 「何をして楽しもうか」  と考えることが大切なのではないかと思います。
楽しみ方は、その飼い主さん個々によっても異なりますし、あるいは多頭飼いの場合は、それぞれの犬によっても異なるかもしれません。

例えば、「休日には、少し遠くの公園まで愛犬と散歩して、ベンチで本を読む・・・本を読んでいる間は、私の足元で静かに座っていて欲しいなぁ~」 などと思い描くなら 本を読んでいる間は静かに座っていられる様な練習を中心に行えば良い訳で、服従訓練競技会に出場するような全ての訓練が必要な訳ではありませんよね。

我が家で言えば エステルは 「野原を自由に走り、かつ笛で呼ばれたら きちんと足元まで戻ること」 を中心とした練習を行いましたし、ソロモンは各種ドッグスポーツの入会審査に必要な最低限の訓練を施さないと競技会自体に参加できない・・・ ですからエステルには施さなかった様々な練習をソロモンには練習させています。
それは、ソロモンには 「共に競技会に出場して楽しもう!」 という目的があり、楽しみ方のメニューがエステルとソロモンでは異なるからです。


多くの犬は、成犬を迎え入れても、多少の紆余曲折はあるにしろ、問題なく暮らすことができます。
そして、「迎え入れたこの子と何をして楽しもうか?」 と考えることにより、楽しむために必要な目標が明確になるのではないかと思います。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします
[PR]
by gundogclub | 2012-11-25 09:02 | MY TALK