ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
外部リンク
最新の記事
2人の奥さん
at 2017-05-26 08:55
経験が犬を育てる
at 2017-05-18 19:48
W優勝!
at 2017-05-07 06:44
太陽の王子
at 2017-04-24 18:31
七輪道
at 2017-04-13 12:06
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

約束を果たすことができました が・・・

関西にお住まいのUさんと、今年の2月に交わした約束・・・
それは 互いに JFA(日本フリスビードッグ協会) の 「ユースオープン選手権クラス」 において ファイナル出場に ノミネートされるのに必要な 「最低出場回数15試合」 を出場し、ジャパンファイナル開催地で再会しよう! というものでした。

ジャパンファイナルで会おう! 

Uさんも私も、それほど多くの試合に出場することは出来ませんでしたが、それでも、なんとかノミネートに必要な回数の試合出場を経て、互いに 「居住県の3位」 で、ファイナルへの出場が叶いました。
Uさん、本当に おめでとうございます!
お互いに、約束を果たすことが、できましたね。

Uさんと私に共通していること・・・ それは相棒が共に、「元の飼い主さんとは上手く暮らせなかった犬である」 ということ。
Uさんの相棒犬は元保護犬、そして我が家のクワンは、言うなれば飼育放棄犬・・・
そして、共にレトリバー種(Uさんはラブラドール、私はゴールデン) であることも一緒です。

フリスビー競技で大きな実績を残し、その後 繁殖に供されている父犬・母犬の間から生まれた・・・ 言わば名血のボーダーコリーが多数、参加しているなかで 共に "保護犬のレトリバー種" を相棒として、こうしてジャパンファイナルへの出場を成し遂げたことは、本当に嬉しいです。


Uさんとジャパンファイナル(今年は、三重県津市で開催されます) でお会いするのを楽しみにしていた矢先・・・ 
フラウ姐さんの体調が激変しました。
簡単に言うと、「口を開くことができなくなった」 のです。
異変が起きたのは、11月6日の夕方・・・
フラウも含め、ワンズに夕ご飯をあげた時でした。

フードを食べようとした瞬間、フラウが 「ギャン!」 と絶叫し、その場に へたりこんで震えだしました。
かなりの激痛だったのだと思います。
私は 「えっ 何・・・???」 と呆然と・・・  朝ご飯は普通に、いつもの勢いで食べていたのに・・・
その日は ご飯も水も口にせず、震えは収まったものの、明らかに動作が変!

翌日、掛かりつけの病院に 受付開始時間前に飛び込み、院長先生に診察依頼。
顎、頭部、頭部から脊椎にかけてのレントゲン写真をを撮影し、口の中も可能な限りの触診とルーペを使って検査をして頂いたり、耳の検査もしたのですが異常なし・・・血液検査も問題はなし・・・ つまり外科的には問題が見受けられない・・・

さしあたって痛み止めの注射を打ちまして その日と翌日は普通に食事をしたり、水を飲んだりができたのですが、痛み止めの注射を打った翌々日からはまた、口が開きにくい状態に逆戻り・・・
お友達からは 「破傷風かも」 という指摘も頂きましたが、院長先生は否定的見解。

再び病院に行き、さしあたり 痛み止めと抗生剤の注射をし、かつ抗生薬の錠剤を処方して頂き、今日に至っています。 これで痛みが緩和されなかったら麻酔をして、綿密な口内検査を行うそうです。

今のところ、対処療法しか行えていません。
原因が特定できていない。。。 
ご飯を食べたり、水を飲んだり程度の大きさに口を開けることはできても、ボールやダミーなどを咥えることは出来ません。

先ほども、棚の上に置いてあるダミーを見上げて 「遊びましょう! 投げてよ!」 とフラウがアピールするので 庭でダミーを投げてみたら 勢い良くダミーに駆け寄り、咥えようとした瞬間に 「ヒャン」 とないてダミーを口から離してしまいました。
それでも、何とか私にダミーを渡そうと、投擲用の紐を咥えて、地面を引きずる様にして ダミーを持ってきた姿には、見ていて涙が溢れてしまいました。

何とか、原因をつきとめて 原因に対処する治療をしてあげたい。
この病気(病気なのかも不明ですが) が治って元気になってくれさえすれば、もう二度とボールやダミーを咥えることが出来なくたって別に構わない・・・
私の傍に、寄り添っていてくれるだけでいい!

我が家には4頭のワンズがいるけれど、隣にたたずんでいるだけで安心できるのは やはりフラウ姐さんだけだから・・・

2012.11.12 のフラウ    どこか、不安そうなお顔
e0204314_16503614.jpg


Uさん・・・ クワンちゃん・・・ ごめん
今のままだと、心配で、とても三重まで行く気になれない!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします
[PR]
by gundogclub | 2012-11-12 16:59 | MY TALK