ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
外部リンク
最新の記事
太陽の王子
at 2017-04-24 18:31
七輪道
at 2017-04-13 12:06
5歳半にして、やっと・・・
at 2017-04-03 10:30
エンジンかからず
at 2017-03-21 09:08
キルティング・ジャケット
at 2017-03-15 13:58
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

3ヶ月、半年、1年


私は、「保護犬(主に鳥猟犬種)を新たに迎え入れた飼い主さん、そして迎え入れられた元保護犬」 と、迎え入れられて間もない時期から接する機会が多いのですが、飼い主さんによく申し上げるのは 「まずは、元保護犬に安心してもらおう!」  ということです。

具体的に申しますと、飼い主さんの処に、たどり着いた経緯(保健所から直接、譲って貰った or 保護団体のシェルターから譲って貰った or 預り親さんから譲って貰った)によっても異なるかもしれませんが 譲り受けた当初は保護犬は擬人的な表現をしますと 「この人が、ボク(ワタシ)が一生、共に暮らす飼い主さんなんだ! ここが自分の家になるんだ!」 とは考えていない様に思います。

特に、預り親さんが何度も変わったりしたケースでは、飼い主さん(里親さん)に迎え入れられても、「また短期間、一緒に暮らす人が変わったのか!」 程度にしか認識していないかもしれません。

ですので、まず 最初の3ヶ月間は、新しい環境に慣れて貰うこと、そして飼い主さんご家族を好きになってもらうこと を一番に考えて頂きたいと思います。
「何事も、最初が肝心!」 とばかりに、迎え入れた当初から服従訓練を熱心に行い 「飼い主にとって都合の良い犬」 に仕立てようとするのは、如何なものかと・・・

エステルがソファーに寝そべる様になるまで2ヶ月以上、かかりました
e0204314_837227.jpg


やがて、共に暮らすようになって半年も過ぎる頃、飼い主さんから同じような言葉をよく聞くようになります。
 ・ 顔つきが変わった。 明るい顔になってきた
 ・ 大人しかったのに、ヤンチャになってきた
 ・ すごく甘えるようになってきた
 ・ 指示に従わなくなってきた

「指示に従わなくなってきた」 と飼い主さんから報告を受けて、 「そうですかぁ よかったですねぇ~」 と笑っている自分は、「トレーナーとしてどうよ?」 とも思いますが、これは元保護犬にとって、大きな進歩だと私は考えています。

言うなれば 新たに飼い主さん(里親さん)宅に迎え入れられた元保護犬は、当然のことながら飼い主さんを信頼していません。 飼い主さんなのか、単に預り親さんが変わっただけなのかすら、判らない・・・
ですから 元保護犬は自らの保身のために「良い犬」を演じる のだと思います。
大昔、流行った言葉で言うと ”ぶりっ子” という奴です。

それが半年を過ぎる頃(もっと早く変化するケースも、あるいはもっと変化が遅いケースもあるでしょうが)、これまた擬人的な表現ですが 「どうやらボク(ワタシ)は、この飼い主と、この家でずっと暮らすらしい」 と考えるようになるのではないかと・・・
「一緒に暮らす家族なんだ」 と信じられるようになったからこそ、ぶりっ子ではなく本当の自分の姿 を見せるようになった。。。 のではないかと。

模範生を演じて、保護団体や預り親さん宅で教えられた様々な指示に、きっちりと素早く従っていたものが、飼い主さんからの指示に対し、「え~ ママ いやだよぉ~」 とか 「聞こえない・・・ なーんにも聞こえない」という態度を示すようになったら、それは 「最近、飼い主を小ばかにして言うことをきかない」 のではなく 「家族として信用し始めたからこその甘え」 と捉えてもらえば、腹も立たずむしろ、うれしい気持ちになれるかも・・・

もっとも、指示に従ってもらわないと危険なこともありますから 「模範生を演じる為の服従」 ではなく 「その家のルールを覚えて貰う練習」 も必要になると思います。
模範生を演じていた時期 → 飼い主を信頼し本来の姿を見せる時期 → 各々の家で必要とされるルールを覚えて貰う時期  ・・・ 私は、これをリセットと表現しています。

エステル(左)もクワン(右)も、日常生活には何の不満もありません!
e0204314_9133089.jpg


もっとも、「その家のルールを覚えて貰う練習」 とは、服従訓練競技会に出場するための訓練的なものではありません。
日常生活において飼い主さんが困る部分があれば修正し(場合によっては犬ではなく、飼い主さんのライフスタイルを変えるだけで解決する問題もあるので)、あとは重視しているのは、 「呼ばれたら戻る練習」 です。
ポインターやセッターなど、ガンドッグの保護犬と接する機会が多いので 「できれば広い野原を走らせてあげたい。 飼い主さんに、自分の愛犬が野原を縦横無尽に走る美しい姿に感動して欲しい。 その為には、”呼ばれたら飼い主の足元まで戻れる” ことが必要最低限の条件」 と考えています。


迎え入れられた元保護犬のガンドッグたちが、1年後には目をキラキラと輝かせながら野原を走り回り、飼い主さんから呼ばれたらニコニコ顔で足元まで戻る。
家の中では、まったりと甘えっ子、ひとたび野原に出れば飛翔するが如く走る・・・ ガンドッグとして生まれたことを、そしてガンドッグと暮らすことを、飼い主さんにも、そして元保護犬のカンドッグにも堪能できる生活をおくって欲しいものです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします
[PR]
by gundogclub | 2012-10-26 09:34 | MY TALK