ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
外部リンク
最新の記事
2人の奥さん
at 2017-05-26 08:55
経験が犬を育てる
at 2017-05-18 19:48
W優勝!
at 2017-05-07 06:44
太陽の王子
at 2017-04-24 18:31
七輪道
at 2017-04-13 12:06
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

どうして怖い声で命令するの?


昨日は、私もカミサンも仕事が休みだったので久々に、近くの大規模商業施設に昼食を食べに行きました。
その商業施設には、テナントとして大きなペットショップが入店しており、我が家のワンズに燻製された牛骨を買ってあげる目的もありました。
燻製の牛骨・・・ネットで購入した方が安かったりするのですが、送料やら代引き手数料とかを考えると、あまり値段が変わりません。

このペットショップには、しつけ教室も併設されていて、昨日も学校を出たばかりと思われる年齢の女性トレーナーさん2名が パピーのグループレッスンをしていたので、ちょいと見学させてもらいました。

気になったことが何点かあったのですが、その第一点目は 「必ずチョークチェーンを装着してレッスンをする決まりになっている」 こと。
レッスンに初参加する時に、 「スタートセット」 と称して チョークチェーンと細い革のリードを購入させられるみたいです。(入校案内のパンフレットに記載されていました)
チワワの子犬も、ダックスの子犬も、パグの子犬も、みんなチョークチェーンを使用しての練習。
バックル式やベルト式の首輪をして、やってきた生徒さん(ワンちゃん)たちは、みんな教室の入り口でチョークチェーンにつけ替えてレッスンに臨んでいました。
なんで一律に、チョークチェーンを使うのか・・・ チョークチェーンの方が犬をコントロールしやすい???

二点目として 若い女性トレーナーさんが ものすごく怖い声で 「マテ」 とか 「スワレ」 とか 「フセ」 などの指示を出し、かつ同様に 「強い口調での命令」 を飼い主さんにも強いている こと。
そして、怖い声で指示を出す度に、チョークをジャーク(首を絞める)している・・・

その理由として 「犬はリーダーの座を狙っている」 とか 「犬に嘗められてはいけない」 とか 「指示は一声符で確実に従うように服従させなくてはならない」 等々、飼い主さんに説明していましたが、きっと学校で師範から教わったとおりに、それを信じて飼い主さんたちに、教えているのだとは思いますが・・・

犬って、「隙あらば自分がリーダーになるべく、虎視眈々とその座を狙っているような、油断のならない生き物」なんでしょうかね?
虎視眈々とリーダーの座を狙っているからこそ、常に杭が出ないように叩いて反抗心の芽を摘み取って隷属させなくてはならない・・・と???
まあ 「人工的に作られた狼の群れでの行動を、すべて犬に置き換えて判断する考え方」 に照らすと、そういう結論に達するのかもしれませんが・・・


それに 常に大きな怖い声で指示を出していると ニンゲンの子供も犬も、怖い声・大きな声に慣れてしまって効果がどんどん希薄になるように思います。
普段は温和で優しいお父さんが、ごくたまに怖い声で叱ったら効果覿面かもしれませんが、年がら年中 怖い声で叱っていたら、子供たちも その声に慣れてしまうのと一緒かと。
なんで 「スワレ」とか「マテ」とか「フセ」という日常、多様されるような指示に あんなに怖い声を出す必要があるのか???
「怖い声で(恫喝して)指示に従わせよう」 ということなのでしょうか。


ちなみに、我が家のソロモン君は 怖い声を出すまでもなく 私がムッとした雰囲気を出しただけでも、敏感に反応し、逆に指示に従わなくなります。
「そんなにムッとしたオーラ、出さなくてもいいじゃん! パパが言っていることが判らなかっただけだよ! 何でそんなにムッとしているのかボクには理解できないよ!」 という感じで(苦笑) 私のオーラが平常に戻るまでは、呼んでも近寄ってこない・・・(苦笑)
まあ、これこそ人によっては 「嘗められている証拠!」 と判断するかもしれませんが・・・

ソロモンは、きちんと こちらが求めていることを理解させれば、それに逆らうことはありませんし、むしろ嬉々として指示に従ってくれます。
ただ 「絶対服従」 とか 「隷属関係」 とか 「白いものでも飼い主が黒と言ったら黒」 みたいなパワーハラスメントには、強い拒否反応を示します。

ボクは大きな声、怖い声は嫌い!! byソロモン
e0204314_111656100.jpg


まあ 一律にチョークチェーンを用いて、かつ怖い声で指示を出して 盲目的&反射的にそれに従う犬でよければ(傍目にはよく訓練された犬に見えるし:笑)そんな訓練もアリかもしれませんが、それでは自ら考え、状況に応じた判断のできる犬には育たない・・・と、私は思います。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします
[PR]
by gundogclub | 2012-10-17 11:28 | MY TALK