ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
外部リンク
最新の記事
つづら折り
at 2017-08-24 11:13
よしなしごと
at 2017-08-13 09:40
クワン 入院中
at 2017-08-01 07:51
クワン 9歳に!
at 2017-07-20 18:34
今年からプールかな?
at 2017-07-13 11:31
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

( ) の部分を明瞭に!


スクールの生徒さん (飼い主さん&愛犬) を眺めていると、頻繁に愛犬の名前を呼んでいる方が、いらっしゃいます。

ソロモンを例に説明しますと

停座の指示を出し、解除していないのに犬が自分の判断で停座をやめて動き出した時に 「こら ソロモン!」

呼び戻しをしているのに戻ってこない犬に 「ソロモン ソロモーン! (怖い声で→) おい ソロモン!!」

飼い主さんが言いたいのは本当は 「こら ソロモン! (まだ停座の指示が継続中ですよ 勝手に動いちゃダメじゃない)」 とか 「ソロモン (呼ばれているのだから足元まで戻りなさい!)」 ということだと思うのですが、肝心の(  )の部分が抜けているわけです。

( )の部分を理解するには、相手が言外に何を言いたいのかを慮る能力とか経験が必要なわけですが、これを愛犬に求めても、なかなか理解してもらえません。


たとえば、幼稚園に入りたての幼児たち・・・
先生が紙芝居を読み聞かせている時に 隣に座った友達とおしゃべりを続けていたら、先生はきっと 「○○ちゃん、先生がお話している時に、おしゃべりをしてはダメよ!」 と注意するでしょう。
やがて 「先生が紙芝居を読んでいる時は、隣の子と おしゃべりをしてはいけない」 と言うことが、自身が先生から何度か注意されたり、あるいは他のお友達が先生から注意されている姿を見たりしながら理解できるようになります。

そして理解できた後には 紙芝居中におしゃべりをして、先生から 「○○ちゃん!」 と名前を呼ばれただけで( )の部分・・・ つまり 「先生が紙芝居を呼んでいる時に、隣の子と おしゃべりしてはいけませんよ」 と注意されたのだと、想像することが出来る様になります。


ところが、愛犬に この(  )の部分を理解させるのは、なかなか難しい。
まあ、犬も経験を積み、年を重ねることによって この(  )の部分を理解することが出来るようになる場合もありますが、人間の子供ほどには 「言外の(  )の部分を理解する能力」 は無いのではないかと思います。


ですから、必要なことは 明瞭な指示を心がけることだと思います。
別に、愛犬の名前を呼ぶ必要はありません。
停座を勝手に解除して動き出したら 「これ ソロモン!」 ではなく 足元まで呼ぶ指示語+停座を指示する指示語 です。 例えば 「コイ! + スワレ!」 とか・・・
「名前+指示語」 にする必要もありませんし、まして 名前だけ呼んで(  )の部分を、きちんと指示しないのでは、愛犬には伝わりにくいと思います。


写真は 3女1男で フセの練習中 
エステルさんは、複数頭の中でフセをするのが嫌い!(苦笑)
私と1対1 で フセ の指示を出すと、ちゃんとフセができるのですが・・・

e0204314_10225975.jpg
  


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします
[PR]
by gundogclub | 2012-09-30 10:27 | MY TALK