ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
外部リンク
最新の記事
太陽の王子
at 2017-04-24 18:31
七輪道
at 2017-04-13 12:06
5歳半にして、やっと・・・
at 2017-04-03 10:30
エンジンかからず
at 2017-03-21 09:08
キルティング・ジャケット
at 2017-03-15 13:58
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

父 入院

昨日、夜の11時過ぎに 父が居住している市の 「緊急コールセンター」 から私に連絡が来ました。
父が居住している市では、70歳以上の一人暮らし世帯を対象に 緊急コールセンターに連絡したり、あるいは健康相談をしたりできる通信機のような機械が配布されています。
「緊急」のボタンを押すとコールセンターに繋がると同時に、所轄消防署でも患者とコールセンター担当者の会話を傍受できるらしいです。
「相談」のボタンを押すと、24時間いつでも、担当者(看護士さん)に健康に関する相談ができるとのこと。

体調が悪くなった父が 「緊急」のボタンを押して救急車を要請した様で、コールセンターから私への連絡の第一報は 「これから救急車で搬送します。 搬送先の病院が決まったら、また連絡します」 というものでした。

20分ほどして連絡があり(その間、随分長く感じました) 父が搬送される病院名を告げられたのですが、聞いたことのない病院・・・
PCで検索しましたら、父の自宅からも、私の自宅からも結構、距離のある病院でした。
電話番号を車のナビに入れて検索し、無事にその病院に たどり着きましたが、道路地図を見ながらだったら、土地勘の無い場所でしたので探すのに四苦八苦したかもしれません。
便利な世の中になりました。


病院に到着した処、父は検査中で 父に会えたのは病院到着の2時間後・・・
父が言うには、「掛かりつけの総合病院へ搬送して欲しい」 と病院名を告げたのですが、問い合わせをしたら「満床で受入不可」 ということで、この病院へ搬送されてしまったのだとか・・・

父は、さしあたって 今日明日に命が、どうのこうの という感じではないようです。
意識もはっきりしていますし、会話も明瞭です。
ただ、もう80歳代半ばですので、油断はできません。

父から 「未使用のパジャマや下着が家のどこかに大量にあるはずだから、探して持ってきて欲しい」 と言われました。
5年前に逝去した母が、生前 父のパジャマとか下着を大量に買い込んでいた筈だと・・・
さて、どこにあるんだろう?
母は5年前、急に体に黄疸ができ、近くの県立病院で診察した処、そのまま救急車で大学病院へ搬送され、一度も家に戻ることなく3週間余で天国へ召されました。
亜急性型劇症肝炎でした。
何の前ぶれも無く、あっという間に母が逝去してしまったので、家の中の何処に何が収納されているのか、父も私も5年経った今でも、よく判りません。

さしあたって、押入れや天袋を、ひとひひとつ調べてみるしかないですね。
父の入院生活が落ち着くまで、ちょっとバタバタしそうです。
搬送された病院への行き来も、距離があって大変そうですし・・・
[PR]
by gundogclub | 2012-09-28 08:27 | その他