ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
外部リンク
最新の記事
思い込むので・・・
at 2017-06-22 10:16
6月上半期 あれやこれや
at 2017-06-14 19:15
いつの日にか
at 2017-06-04 07:52
フラウ 12歳の誕生日
at 2017-05-30 09:23
2人の奥さん
at 2017-05-26 08:55
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

遠隔操作


レトリーブトライアル (回収競技) では、様々なコマンドホイッスル (笛による指示) を用います。
「パートナー(犬)に対し、どの様な指示を笛を用いて行うか」 は人によってまちまちですが、「呼び戻し」に関しては大部分の競技参加者が笛を用いています。

レトリーブトライアルにおいては、ハンドラー(飼い主)は スタートラインを踏み越して前方へ出ることが出来ません。
ハンドラーと相棒の距離は種目によって異なりますが 50m~100m超 離れますので 「カム!」 とか 「来い!」 とか 「戻れ~!」 などと叫んでも、犬にはなかなか聞こえません。
強い風が吹いている日なら、尚更です。
どうしても笛による指示をパートナー(相棒犬)に覚えてもらう必要があります。
口で叫んでいるより、笛の方が見映えも良いし・・・:笑

私は、リコールホイッスル(呼び戻し)、ストップ&アテンションのホイッスル(ハンドラーの方を向いて停止)、遠隔停座、遠隔伏臥、サーチングホイッスル(その辺りを探せ!の笛) などをコマンドホイッスルとして用いています。
「笛による指示」 の種類が、より多いハンドラーも、もっと少ないハンドラーもいらっしゃると思います。


このコマンドホイッスルを、どの様に使うかと言えば、例えばですが 100mのブラインドレトリーブ(ダミーを置いた場所を犬には見せずに遠隔操作で回収させる種目) だとします。

ハンドラーは自身の出番直前にジャッジから、ダミーが置かれている場所を知らされます。
「大きな木が三本立っているうちの、右側と真ん中の木の間の奥側に置いてあります」 などと教えてくれるわけです。
ハンドラーは相棒に腕で、方向を指し示し、相棒をスタートさせます。
理想は、ハンドラーが腕で指し示した方向に糸を引いたように一直線に走ってくれる事 なのですが、なかなかそう上手くはいきません。
例えば、少し左方向に、ずれが生じたとします。
どの段階で修正するかは、そのハンドラーによっても異なるのですが、私は おおよその距離軸が合う(スタートラインからダミーが置かれている場所までの距離)が合うまでは、好きに走らせます。
そして、距離軸が合ったら、ストップ&アテンションのホイッスル。
相棒(フラウ姐さん)が、笛の指示に従って停止し、こちらに向き直った時点で、今度は ハンドシグナル(腕を使って前後左右に動く指示) ・・・ 例えば左に寄り過ぎているなら、ハンドシグナルで右方向へ誘導。
そして、三本の木のうち 真ん中の木の辺りまで到達した時点で、再度 ストップホイッスルで停止させ、「バック!」 の体符で木の間に誘導し、「その辺りを探せ!」 のサーチングホイッスル。
フラウ姐さんがダミーを発見し咥えたのを確認したら、リコールホイッスルで呼び戻し・・・・

レトリーブトライアルでのフラウ姐さんと私
e0204314_852202.jpg


とまぁ、書くのは簡単ですが(笑)、実際にはなかなか そんなに簡単にはいきません。
ここまでお読みになって 「遠隔操作って、なんか、面倒そうだなぁ~」 という印象をお持ちになった方も、いらっしゃると思います。
確かに、手間と時間がかかります。
しかし、「笛による様々な指示」 を少しずつ相棒犬に教えていく、その過程を楽しめる方(せっかちに、すぐに結果を求めずに) なら、きっと楽しめる筈・・・
フリスビーやアジリティーに比べると、練習自体も地味な感じですけれどねっ!(笑)


私は、犬を遠隔操作でコントロールすること、またそこに至るまでの練習が好きです。
ですから、本命はガンドッグですが 牧羊犬に ちょっと浮気してみたい気持ちもあります。
シープドッグトライアル (牧羊犬を用いた羊の囲い込み競技) では、レトリーブトライアル以上に様々なコマンドホイッスルが用いられます。
右旋回・左旋回 などの指示はレトリーブトライアルでは使わないので新鮮!

もっとも聞くところによると、羊を相手にするわけですから、牧羊犬なら何でも良いという訳ではないらしく・・・
羊も群れになると強気になって 気が弱そうな牧羊犬、経験の少ない牧羊犬などは、見くびって群れで追いかけ回したりするそうです。
羊の群れに追いかけられてしまう牧羊犬って、ちょっと情けない気もしますが、要は かなり気が強くて覇気のある牧羊犬でないと荷が重いらしく、「気が強くて覇気のある」牧羊犬が、一緒に暮らして暮らし易いか否かは別問題・・・なそうです。

まあ、いずれにしても 暫くは新しいわんこが、我が家に来ることは、ありません。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします
[PR]
by gundogclub | 2012-09-06 09:19 | レトリーブ (GRT)