ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
外部リンク
最新の記事
2人の奥さん
at 2017-05-26 08:55
経験が犬を育てる
at 2017-05-18 19:48
W優勝!
at 2017-05-07 06:44
太陽の王子
at 2017-04-24 18:31
七輪道
at 2017-04-13 12:06
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

ゆっくりいこう!

来月の初旬でソロモンは生後9ヶ月となります。
ソロモンを迎え入れる事が決まって後、1年間のタイムスケジュール(生後○ヶ月頃までに○○○○を、生後△ヶ月までに△△△△を習得させる 等) を一応、決めていたのですが、進捗は当初の計画から、かなり遅延しています。


遅延した理由のひとつは、予想していた以上に競技用ダミーを横に咥えられる顎の力が備わるのに時間がかかったことです。
ふわふわして咥えやすい鴨ちゃんダミーや、細いウォーターダミー(水陸両用のオレンジ色のダミー)などは、比較的 早い月齢から、きちんと咥えることが出来たのですが競技用ダミーは 「コッカーの子犬にとっては太すぎた」 ようで、なかなか真横に咥えることが出来ませんでした。
投擲用の紐を咥えたり、葉巻を咥えているかの様な「縦に咥えること」は、させたくなかったので競技用ダミーは封印し、鴨ちゃんダミーやオレンジダミーを用い、とにかく 「レトリーブ遊びが大好きな犬」 への育成を優先させました。
ソロモン君、8月の初旬頃から、やっと競技用ダミーを横に咥えることができる様になりました。 
レトリバー種のパピーを選択していたら、このような 「遠回り」 をする必要は無かったかもしれませんが、あえて自ら望んで 「ワーキングコッカーを選択」 したわけですから、仕方がありません。

少なくとも、「レトリーブ意欲」という面では太鼓判のソロモン
e0204314_11274765.jpg


遅れてしまった理由の、ふたつめは、「組織球腫」という珍しい病気に罹り、ソロモンのオデコの毛が球状に脱毛してしまったこと。 
円形に脱毛した後、草深い場所を走らせると せっかく乾いた脱毛部分から再度出血したり、草で脱毛部分を切ってしまったり・・・ 
改めて犬の被毛の大切さと言うか 「被毛が皮膚を守っていること」 を実感しました。
練習する度に脱毛部分から流血するのでは可哀想なので、あまり草の生えていない野原(芝生の公園に近いような環境)での練習が主体となり、ブッシュ(草むら)を使ったマーキング練習やサーチングホイッスル(「その辺りを探せ!」の指示の笛)などの練習ができず・・・


そして何より、「ゆっくり成長を楽しみながら暮らしていこう」 という気持ちがソロモンを迎え入れた後に、強くなった事が計画遅延の理由かもしれません。 
ですから「計画より遅れている」 と言うよりは 「計画そのもののスケジュールを見直した」 と言う方が正確かも・・・

我が家は現在、4頭の愛犬がいます。 
もうね、色々な意味で4頭が限度です。(苦笑)
スクールの生徒さんの子犬は別としても、「自分の愛犬」を手塩にかけて、じっくり育てる経験は、今後5~8年はなさそうです。
ですので、短期間に 「あれもこれも!」と焦って詰め込まず、じっくり楽しんでいこうかと・・・


レトリバーではなく、ワーキングコッカーを選択したことは、おそらくレトリーブトライアルに参加する上では、何らのメリットも無いと思います。
せいぜい、「小さいから運搬が楽!」という程度・・・(笑)
おそらく、レトリバーでは無いが故の苦労や遠回りも必要になるでしょう。
でも、それを工夫や試行錯誤で補っていく過程自体が私には楽しく思えるので・・・

あせらず、ゆっくりいこう!

e0204314_126337.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします
[PR]
by gundogclub | 2012-08-24 12:16 | ソロモン (WC)