ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
外部リンク
最新の記事
ソロモン 6歳に!
at 2017-12-02 16:11
Wagon Wheels 
at 2017-11-29 11:56
受け渡し練習 の大切さ
at 2017-11-20 09:54
Japan Final への..
at 2017-11-06 11:02
Japan Final への..
at 2017-10-28 15:15
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

虐待している?


ここ数ヶ月、「コーム(櫛)やブラシで手入れをしようとすると本気で噛む」 とか 「自宅でシャンプーしようとすると大暴れして噛まれる」 などのご相談を、何件か受けました。

飼い主さんの、ご自宅にお伺いして実際に愛犬をコームやブラシで手入れをしてもらったり、お風呂場でシャンプーの真似事(シャワーからお湯を出してみる等) をしてもらうと、確かに凄い・・・
コームを持つ飼い主さんの手に本気で噛みつこうとしたり、シャワーからお湯を出しただけで口から泡を飛ばして犬歯むき出しで唸ったり!
すべて小型犬(トイプードルやポメラニアンなど)ですが、小型犬とは言え本気で噛まれたら、飼い主さんは通院が必要な怪我を負ってしまいます。


そして飼い主さんが口を揃えて仰ったのは 「以前は、別に手入れを嫌がらなかった」 「シャンプーも自宅で普通にできた」 ということ。
さらに、「トリミングに出してから、櫛を見せると噛むようになった」 とか 「シャンプーをしようとすると本気で噛むようになった」とか・・・ 
「シャンプーをしようとすると、脱力した様に座り込んで失禁するようになった」 という飼い主さんもいらっしゃいました。


私は当初、「トリミングの際に、強く叱られたり叩かれたりしたのかな? それにしても最近、多いなぁ~」 とは思っていたのですが、個別の症例として捉え、個々のワンちゃんの関連付けができませんでした。
それが、先日 「同じペットショップ(大規模商業施設にテナントとして入っているショップ)出身の犬たち」 であることに気がつきました。

個々の飼い主さんからお伺いした処、このペットシッョプに併設されているトリミングサロンは、このシッョプ出身の犬は割引になるのだそうです。
飼い主さんたちは、「この子を買ったショップのトリミングサロンだし、割引もしてくれるし・・・」 ということで、同一のサロンにトリミングを依頼していたのです。

どうやら、このペットショップに併設されたトリミングサロンが元凶のようです。
しかもハンで押したように、このショップに数名いるトリマーさんのうち、担当しているのが 「20歳代の若い男性トリマー」 なんです。

私も、このシッョプを見に行って来ましたが、トリミングサロンはウッディな壁で覆われていて、中が全く見えません。
トリミングサロンによっては、壁面が素通しガラスなどになっていて、愛犬がトリミングやシャンプーをして貰っている姿を見ることが出来ますが、このシッョプのトリミングサロンは中で何が行われているのか全く見えません。
まあ、飼い主さんの姿が見えると、落ち着かなくなったり吠えたりするワンちゃんも居るでしょうから、「壁で覆う」 ということはメリット(トリマーさんにとっての) があるのだとは思いますが・・・


それにしても、「コームを見せたり、シャンプーをしようとするだけで暴れたり噛んだり、はたまた脱力して失禁するような犬にしてしまう」 って一体、何をやっているんだか?(怒)
同僚のトリマーさんたちが、眉をひそめる程の虐待をしなければ、あんなに酷くはならない様に思うのですが、同僚や責任者は注意したりしないのでしょうかね?


たしかに、じっとしていない犬や、元々噛む癖のある犬もいるでしょうし、トリマーという職業も大変だと思います。 一日に何度もシャンプーを繰り返すので、手がガサガサに荒れて治らない場合もあるみたい。
でも、それは自ら選択した職業であり、プロな訳ですから、少なくとも コームを見せただけで噛むような犬、シャワーからお湯を出しただけで目の色を変えて暴れたり、失禁する様な犬を量産して、どうするの?


一度できたトラウマを取り除いていく作業は本当に大変です。
逆にコームを見せただけで噛みついてくる犬は一日で作れるかもしれませんが・・・

e0204314_8311590.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします
[PR]
by gundogclub | 2012-07-03 08:34 | MY TALK