ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
外部リンク
最新の記事
つづら折り
at 2017-08-24 11:13
よしなしごと
at 2017-08-13 09:40
クワン 入院中
at 2017-08-01 07:51
クワン 9歳に!
at 2017-07-20 18:34
今年からプールかな?
at 2017-07-13 11:31
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

飼い主と遊べる犬


先日、カウンセリング依頼があって、飼い主さんのご自宅に訪問したのですが、飼い主さんのお悩みは 「ドッグランで他の犬と楽しそうに遊べない・・・」 という主旨でした。
犬種は、今は亡き我が家のシャドーと同じ、フラットコーテッドレトリバーで3歳の女の子。
『フラットコーテッドレトリバーのオフ会とか、イベントに連れて行った時に 他のフラットは楽しそうに犬同士で走り回っているのに、飼い主さんの側をウロウロしていて、全く楽しそうじゃない。 他の犬が近寄ってくると迷惑そうにしている。。。』 とのこと。

1歳半頃までは、かなり お転婆さんだった様で、飼い主さんが 「他の飼い主さんやワンちゃんの迷惑にならないように!」 ということで、夜中に散歩や運動をさせていたとのことで、そのことに起因して、人慣れ・犬慣れが上手くできなかったのかもしれません。
でも飼い主さんご家族とは、近くの公園や川原などで、ボールやソフトフディスクなどを使って元気に楽しそうに遊んでいるそうです。

私は、 「犬は犬同士で遊ぶのが好きでなくてはならない」 とは考えていません
例えそれが、フレンドリーと称される犬種であったとしても・・・
むしろ、「犬同士では上手く遊べるけれど 飼い主と上手く遊べない or 遊びが継続しない」 というケースの方が問題 だと思っています。

愛犬の性格を大別すると
① 飼い主とも他の犬とも上手く遊べる

② 飼い主とは楽しそうに遊ぶけれど、他の犬とは遊ばない(遊べない)

③ 他の犬とは楽しそうに遊ぶけれど、飼い主とは遊ばない(遊べない)

④ 飼い主とも他の犬とも上手く遊べない

という四つのパターンがあると思うのですが、まあ①の 飼い主とも他の犬とも遊べる「両刀使いの犬」が一番理想的で、④ の飼い主とも他の犬とも上手く遊べない犬 が 飼い主さんの お悩みが大きいかもしれません。
※ ちなみに、私が「遊ぶ」と表現しているのは、ボールやフリスビーなど道具を使って遊ぶ という意味だけではなく、飼い主と共に野原や川・海などで時間を共有することも含め 「遊び」 と表現していいます。

で・・・ ②と③ に関しては 人それぞれ考え方の相違がある様に思います。
トレーナーさんとか、保護団体の責任者の方とか、常時犬と関わっている人たちの間でも考え方は分かれるかも・・・
私は ② > ③ という立場です。


そもそも、ドッグランという施設が私は嫌い(笑) ・・・ 嫌いと言うより 「怖い」 と表現した方が的を得ているかもしれません。
ネットやフェンスで仕切られた狭い場所に、見ず知らずの飼い主と犬が、夏の海水浴場のように ”芋洗い状態” で群がっている場所・・・
飼い主の考え方も千差万別、そして千差万別の考え方の飼い主に育てられた千差万別の性格を有する犬。
飼い主同士の口論、あるいは実力行使の小競り合い、そして愛犬同士のトラブルも少なく無いと聞き及んでいます。
私は、「火中の栗」を拾うような場所に、自分の愛犬を放り込む気はありません。
狭い場所で、見ず知らずの犬達が走り回っていること自体、物凄く不自然!


あえてドッグランに行くのであれば、他の犬が少ない時間帯を見計らって 「飼い主と愛犬がノーリードで遊べる場所」 として利用するのが良いのではないかと・・・
「他の犬と遊ばせること」 を目的としてドッグラン通いをするのは、私自身は賛同しかねます。(顔馴染みの犬しか来ないドッグランなら話しは少々、異なりますが)


私が、今後日本で主流になって欲しいと思っているのは ドッグランではなく LADF のように、飼い主と愛犬が一緒になって遊べる施設です。
犬同士が・・・ ではなく、 飼い主と愛犬が、一緒に遊ぶ ことのできる施設!
日本中に、LADFと同様のコンセプトをもった施設が、もっと増えて欲しいと思います。


LADFは 「LA・ドッグスポーツ・フィールド」 の略称な訳ですが、別にドッグスポーツをしなくても良いのです。 フィールドをノーリードで歩き回っても、愛犬と鬼ごっこをしても、あるいは綺麗な芝生に愛犬と寝転がってラブラブしてもOK・・・
LADFの貸切時間は、1時間単位です。

1時間という時間を持て余す・・・ 何をしていいかわからない・・・ ドッグランならワンちゃん同士が遊んでくれるから楽なんだけれど・・・ ではダメダメですっ!(笑)
ちなみに、ソロモンと初めてLADFで遊んだ時には、1時間はあっという間に、羽が生えたかのように、どこかへ行ってしまいました。

飼い主と楽しく遊ぶことができること。。。 私は大切だと思います。

LADFデビュー時のソロモン
e0204314_1219695.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。
[PR]
by gundogclub | 2012-06-12 12:24 | MY TALK