ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
外部リンク
最新の記事
思い込むので・・・
at 2017-06-22 10:16
6月上半期 あれやこれや
at 2017-06-14 19:15
いつの日にか
at 2017-06-04 07:52
フラウ 12歳の誕生日
at 2017-05-30 09:23
2人の奥さん
at 2017-05-26 08:55
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

幸せな犬


私が住んでいる千葉市は政令指定都市でして、まあそれなりに都会なのですが、自宅のある緑区は、やっと千葉市に「ひっかかっている」ような場所でして、自宅から車で20分も走りますと田園風景が広がっています。
e0204314_11484367.jpg

e0204314_11485674.jpg


東京都港区で生まれ育った家内は、この田園風景を見るたびに、「とんでもない田舎に来てしまった・・・」と、ぼやいておりますが(苦笑)、私は高校卒業まで秋田県秋田市に住んでおりまして、特に小学校~中学校時は、学校まで近道をする為に、田んぼのあぜ道のような道を通学路にしていました。
ですので、私にとって一面に田んぼが広がっている風景というのは、心の中の原風景みたいな感じで眺めているとホッと心が和みます。

上記の写真は、自宅から練習に使用している野原に行く途中に、いつも通る道沿いなのですが、この近くに大きな製材工場があります。
その製材工場の近くに、原木が山積みになっている敷地があり、いつも決まった人がその原木を手作業で加工している姿が見えます。
樹皮を手作業で剥がし、削ったり磨いたりを繰り返しているのですが、樹皮で覆われていた原木が数日後には、ピカピカのツヤツヤに輝いている様子には驚きます。
ニスを塗ったりしなくても、磨くだけで木があんなにツヤツヤになるとは知りませんでした。


そして、原木を相手に日々、作業をしている この男性の傍らには、いつも一頭の和犬がいるのです。
晴れた日も、雨の日も、夏の暑い日も、小雪が舞うような寒い日も、この男性の傍らには、いつもこの和犬が佇んでいます。
たまに、この男性(飼い主だと思います)と和犬が木の切れ端で引っぱりっこをして遊んでいたり、木の棒を投げてもらってレトリーブ遊びをしているのを見かけることもあります。


春夏秋冬、季節を問わず、また天候を問わず 常に飼い主と共に多くの時間を共有しているこの犬は、とても幸せなのかもしれないと思いました。
ドッグランには行かないかもしれないけれど・・・  ましてドッグカフェなんか生涯、行くことがないかもしれないけれど・・・
食事も、贅沢なものではないかもしれないけれど・・・
それでも、”飼い主と行動を共にする多くの時間” を有している犬は、幸せなのだと私は思います。



話は変わりますが、突き指したクワンの前脚は腫れもなくなり、爪をつまんで左右に動かしても痛そうな素振りを見せなくなりました。
今日は、初めて クワン&ソロモン というコンビで野原へ行ってみました。

ソロモンは、俊足のクワンとボールのレトリーブ競争をしても、クワンとあまり遜色の無いスピードで走ります。
カメラを向けて、クワンと同じフレーム内に収まるスピードで走ることができるのは、小僧の割にはたいしたものです。
e0204314_12222355.jpg


ただし、4回が限度・・・(笑)
それ以上は、もうボールを追いかけることを諦め、クワンお姉ちゃんがボールを咥えて私の足元まで戻ってきた時に、そのボールを横取りしようと待ち構えています。

まあ、そのうち骨格も筋肉も発達して、もっと何度も何度も3姉妹とレトリーブ競争ができるようになるでしょう。
今は、体に過度の負担をかけない範囲で、走る楽しさ、レトリーブする楽しさを覚えさせたいと思っています。

e0204314_12325210.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。
[PR]
by gundogclub | 2012-05-10 12:36 | MY TALK