ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
外部リンク
最新の記事
クワン快気祝い in LADF
at 2017-09-14 09:57
大きな、お友達
at 2017-09-03 09:39
つづら折り
at 2017-08-24 11:13
よしなしごと
at 2017-08-13 09:40
クワン 入院中
at 2017-08-01 07:51
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

リアル野原へ!


本日は、早朝から野原組(グラウンドワーククラス)のレッスンがありました。
野原へ行く準備をしながら、「そうだ ソロモンを連れて行ってみよう!」 と急に思い立ち・・・
しかし、一つ懸念がありまして、しばらく連れて行くか否か逡巡しました。
と申しますのは、既にソロモンに朝食を食べさせてしまっていたのです。
ここ何度か、ソロモンを車に乗せて野原へ連れて行っても車酔いで嘔吐することは無くなったのですが、それは朝食前に連れて行っていたからだと思うのです。
朝食を食べて1時間ほどしか経っていないソロモンを車に乗せたらどうなるのか???
まあ、ものは試しで 「車の中で吐いたら吐いたで、いいや!」 と覚悟を決めて連れて行くことにしました。
初めての草深い野原・・・ カミサンの 「もう二度とソロモンと会えなかったりして・・・」 という笑えない冗談を背中に受けながら、いざリアル野原へ!

野原へは自宅から車で約30分・・・
朝食後、1時間ほどしか経過していませんでしたが、ソロモン君 今日は嘔吐しませんでした。
車に積んでいるバリケンの扉を開くと飛び乗る様になりましたし、車での移動が嫌では無くなってきたのかもしれません。

さあ、そしてリアル野原へ到着!
前回、ブログでご紹介した、ドッグランに毛の生えたような野原とは異なり、かなり草深い野原です。

ソロモン リアル野原に立つ!
e0204314_11535692.jpg


そして、初めての草深い野原でも、ソロモンは全く問題がありませんでした。
もともと、コッカーはポインターやセッターの様に高速で鉄砲玉の様にすっ飛んでいく犬種ではありませんし、少し(30m~50m)離れても、呼び戻しの笛を吹くと、全速力で私の足元まで駆け戻ってきました。

駆け戻ってくるソロモン
e0204314_11581836.jpg


オレンジダミーを使って、レトリーブ練習もしてみました。
レトリーブ練習 その1
e0204314_11594362.jpg

レトリーブ練習 その2
e0204314_1211654.jpg

レトリーブ練習 その3 耳を使って飛べるかも・・・(笑)
e0204314_122556.jpg

”Get On!”の合図でダミーに駆け寄るソロモン
e0204314_1235364.jpg


ソロモンは、まだ犬歯が永久歯に生え変わっていないので、草深い場所にダミーが落ちると、草の茎や葉っぱ、蔓などにダミーが引っかかって、上手く咥えられないみたい。
その様な時は、葉巻を咥えているみたいにダミーを縦に咥えてしまいます。 見栄えが悪いし走るときに安定しない(タ゜ミー落下に繋がりやすい)のですが、まあ今の段階では仕方ないかも・・・
少なくとも、フラウは生後5ヶ月の頃はもうダミーを、きちんと横に咥えることができました。

まあソロモンは成犬になっても、レトリバーやGSPより小型ですから・・・
この「小さい」ということが、回収競技(レトリーブトライアル)に参加する上では、デメリットになることはあっても、メリットになることは無さそうですが、あえて「第8グループ最小のガンドッグ」を選択した訳ですから、デメリットには目をつむって、様々な可能性を模索していきたいと思っています。

茶色い犬は緑の野原に映えます!
e0204314_12192037.jpg


そして、今日は嬉しい発見が・・・
草が刈られた場所(ラジコンヘリの練習をする方が離発着の場所にしています)に様々な物(ダミー、ボール、フリスビー、それらを入れる袋、飲料用のペットボトル)を置いていた(散らばっていました)のですが、転がっている白いボールを腕で指し示して、「ソロモン 持って来て!」と言ったら、きちんとボールを咥えて持って来てくれました。

これには、「えっ もしかして腕で指し示した方向にある物を持ってくることを理解しているの?」 と驚き、様々な方向に散らばっているダミーや袋やフリスビーやペットボトルを腕で指し示してみたら・・・
ソロモン君、指し示した方向にある(転がっている)物を、過たずに持って来てくれました。

ペットボトルも持って来てくれました!
e0204314_12271989.jpg


ソロモンの父犬方の実家の飼い主さんが、 「ダブルダミー程度は、教えなくてもDNAで、出来る!」 って仰っていましたが、本当なのかも・・・
ソロモン君 やるじゃん! ← (親ばか;笑)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。
[PR]
by gundogclub | 2012-05-08 12:35 | ソロモン (WC)