ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
外部リンク
最新の記事
2人の奥さん
at 2017-05-26 08:55
経験が犬を育てる
at 2017-05-18 19:48
W優勝!
at 2017-05-07 06:44
太陽の王子
at 2017-04-24 18:31
七輪道
at 2017-04-13 12:06
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

WC(ワーキングコッカー)を選択した理由


今日の千葉市緑区は未明から雷鳴がとどろき、強い雨が降り続きました。
朝8時を過ぎた頃から雨は止み、空が明るくなってきました。
お昼過ぎには、ポインターシスターズを連れて野原へ行けそうです。
雷が鳴り、強い雨が降り続く中で、我が家の4頭は泥だらけになって庭を走り回っていました。
短毛のフラウ&エステル、チビのソロモンはタオルで拭けば、それなりに綺麗になりますが、灰色になったゴールデンレトリバーは、シャンプーするしかないかも・・・
貧毛とは言え、クワンはシャンプー後のドライに時間がかかります。

さて、ソロモンが我が家に来て20日余が過ぎました。
ソロモンは、日々 ヤンチャな若君に成長しております。
未だに、「遊び疲れて、気がついたら床やソファーで寝ていた」 という事が一度もありません。 バリケンに入れない限り、ソロモンの動きは止まりません。(苦笑)
そんな元気一杯のソロモンですが、バリケンに入れると、1分もしないうちに大人しくなりますし、その後は数時間バリケンに入れっぱなしでも、「出してよぉ~!」と鼻を鳴らしたり吠えたりすることもありません。
バリケン内で鼻を鳴らす時は、ほぼ100%排泄の合図です。
夜は、午後11時~翌朝5時半頃まで、鳴いたり吠えたりしないで大人しくバリケン内で過ごしてくれるので、私も熟睡できる様になりました。


さて、7年ぶりにパピーを迎えるにあたり、 「何故、ワーキングコッカー(KCコッカー)を選択したのか」 について、お話したいと思います。

まずきっかけは、KCコッカーの熱烈な信奉者の方から、数年間 様々な資料や動画などを頂戴し、私自身もKCコッカーに魅力を感じる様になった事があげられます。
KCコッカーは、イングリッシュコッカーの親戚な訳ですが、大きさや体型などが、異なります。
判りやすい様に写真をご紹介しますね。
お子さんの大きさと比較してみてください。
e0204314_9195861.jpg

イングリッシュ・コッカー の写真は、コチラ から・・・
耳の大きさ(長さ)の違いが、最も判りやすいかもしれません。 あと被毛の長さも異なります。 ワーキングコッカーは、”生涯 トリミング不要” なのだそうです。


次に、KCコッカー(ワーキングコッカー)の大きさですが、 牡の成犬で15kg前後です。
我が家の最先住犬のフラットコーテッドレトリバーのシャドーは39kgほどありました。大柄でした。
家内では、とても動物病院の駐車場から病院まで、抱きかかえる事もできませんでした。
フラウ・クワン・エステルの3姉妹が 19kg~22kgで、シャドーに比べると何をするにも楽です。
でも、やはり家内一人で抱きかかえるのは、ちょっと難しいかも・・・
フリスビーの競技会で、女性の方でも愛犬のボーダーコリーを抱きかかえている姿を見かけますが、ボーダーコリーって、15kg程度のワンが多い様に思います。
15kgと20kgって5kgしか違わない訳ですが、この5kgの差が、色々なことに影響する気がします。
「今度、迎え入れる犬種は20kg以下の犬種から選ぼう!」 と決めていましたので、そういう意味ではKCコッカーは手ごろな大きさであると言えます。

最後に・・・と言うか、これが一番重要なのですが、回収競技(レトリーブトライアル)において、100mなり50mなりを、競技会用ダミーを咥え直しせずにレトリーブできる首と顎の力が備わっている犬種であるということです。 「小柄な犬種なら何でも良い」 と言う訳ではなく、しっかりと咥えてレトリーブが可能な犬種か否か・・・という事が私にとっては重要でした。

ワーキングコッカーのレトリーブトレーニングの動画がありますので、ご紹介します。


さらに、もうひとつ動画を、ご紹介! 
この動画、画質も良く、登場するワーキングコッカーもカッコイイです!(笑)



実は、レトリバー種ではなく、ワーキングコッカーを選択したことに関し、回収競技会に参加する上で、ある懸念があるのですが、長くなりましたので、いずれまたその懸念について、お話したいと思います。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。
[PR]
by gundogclub | 2012-03-06 09:58 | ソロモン (WC)