ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
外部リンク
最新の記事
ソロモン 6歳に!
at 2017-12-02 16:11
Wagon Wheels 
at 2017-11-29 11:56
受け渡し練習 の大切さ
at 2017-11-20 09:54
Japan Final への..
at 2017-11-06 11:02
Japan Final への..
at 2017-10-28 15:15
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

スパニエルでドッグスポーツを!


スクールに在籍している(あるいは過去に在籍していた)スパニエル(イングリッシュコッカー、イングリッシュ・スプリンガースパニエル、ウェルシュ・スプリンガースパニエル)を見ておりますと、一つの共通点がある事に気がつきます。

それは、

・ 飼い主の感情の起伏に敏感である。
・ 飼い主の動作や声の抑揚に対する関連付けが巧みである。
・ 飼い主から求められている行為(指示)を、自らに有利な事柄に変換するのが巧みである。
・ 納得しなければ指示に従わない。
・ ”おためごかし”の誉めや、お菓子などの報酬でコントロールできない。 等々・・・

一言で言うとスパニエルは、非常に頭の良い犬種 です。
頭が良いということは、自ら考え判断し、行動することが出来ると言い換えることもできます。


「飼い主が右を見ろと言ったら、ずーっと右を向いていろ!」 とか 「飼い主が白と言ったら、黒いものでも白だと思え!」 ということでは、スパニエルは納得しません。
納得しない = 指示に従わない ・・・

納得しないものを、力ずくで従わせようとすると、なおさら意固地になって互いの関係が上手くいかなくなります。
かと言って、 甘やかして飼い主側が妥協して暮らすという方法も決して上手くいきません。
「機を見るに敏」 なスパニエルは、甘やかしたら甘やかすほど、より多くの事を飼い主に要求する様になります。


ここまで読んでくださった方々は、 「なんか、スパニエルって扱いにくそうだなぁ~」 という印象をお持ちかもしれません。
しかし、他の犬種でも言えることだと思いますが 「頭ごなしに従わせる」 のではなく、「納得させ、理解させる」 ことを心がければ、スパニエルは頭が良い分、飼い主の要求にきちんと応えてくれるのだと思います。

「ならぬものはならぬ」で良いのだと思います。
ただ、中途半端に禁じたり、ある行為に対して「叱るときもあれば、叱らない時もある」 はダメで、首尾一貫している事が必要!


本来、スパニエルはポインターやセッターの様にレンジが広い訳でもなく、非常にコンタクトの良い犬種です。
飼い主の体符や、声の抑揚、目の動きなどを察知して、機敏に反応することが出来ます。
単に、飼い主の指示を無視し自分勝手に行動するのがスパニエルであるならば、連綿としてスパニエルが作出され続ける筈がありません。 

e0204314_8475914.jpg


我が家のソロモンを見ていても、本当にコンタクトが抜群です。
気がつくと、私の足元で私を見上げています。

以前から申し上げておりますが、スパニエルは一般的にレトリバーやポインター、セッターより小柄で、日本の住宅事情に適合した犬種だと思います。
かつ、あの機敏さ、運動能力の高さ、理解能力の高さは、きっと様々なドッグスポーツで活躍できる「輝く原石」だと思っています。

スパニエルのファンが増え、そしてスパニエルを相棒としてドッグスポーツに参加する方が増えることを願っています。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。
[PR]
by gundogclub | 2012-02-23 08:50 | MY TALK