ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
外部リンク
最新の記事
2人の奥さん
at 2017-05-26 08:55
経験が犬を育てる
at 2017-05-18 19:48
W優勝!
at 2017-05-07 06:44
太陽の王子
at 2017-04-24 18:31
七輪道
at 2017-04-13 12:06
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

ソロモンと お姉様たち

ソロモンが我が家に来て3日目。

ソロモンも我が家での暮らしに慣れ始め、3頭のお姉様たちも茶色い小僧に少しずつ慣れてきました。

茶色小僧は、ものすごく元気です。
昨日から、色々な物を咥えて引きずって私の足元まで持ってくるのが、マイブームの様です。
次男が使ったまま放置してあった寝袋が入った袋とか、すずりや筆が入っている書道セットのバッグとか、自分の体より大きな物を咥えて引きずっています。
先ほどからは、私が午前中にLADFに行った時に購入したロープ状の玩具に夢中です。

鋭い眼光で(笑)、ロープと遊ぶ茶色坊主
e0204314_14495483.jpg



ソロモンの躾は、現段階では クレートトレーニング しかしていません。
居間や庭で遊んでいる時は、思いっきり遊ぶこと・・・興奮して吠えたり唸ったりしてもOK!
そのかわり、クレート(バリケン)に入れられたら、1時間程度は 吠えたり鼻をピーピー鳴らしたりせずに、大人しくクレートで休んでいること。。。

昨日は、クレートに入れられた直後には、鼻をピーピー鳴らしたり、小僧にしては迫力のある声で吠えたりして、こちらの出方を伺っている感じでしたが、 「泣こうがわめこうが出してもらえない」 という事を理解したらしく、今日はバリケンに入れると全く吠えたり鳴いたりせず、大人しく休んでいます。
さすがに、「お姉様たちがワサワサと居間と庭を行き来したり、走り回っている中」 では、誘惑に負けてバリケンから出たがりますが、お姉様たちに休止を命じますと (お姉様たちの様子を見て) 自分もバリケンの中で静かにしている事ができます。
パピーにしてはソロモンは、状況判断に秀でている気がします。

茶色坊主を見守る姉さまたち
e0204314_1534985.jpg


さて、3頭の姉さまたち・・・

ソロモンが来て、すぐに興味を示し、遊び始めたのはエステルでした。
長い前足でソロモンを押さえつけたり、鼻でソロモンを転がしたり、ずいぶん荒っぽい感じで、見ているとハラハラしますが、エステルもちゃんと手加減していますし、転がされても押さえつけられても ソロモンは尻尾を振ってエステルと遊んでいます。
年が近いクワンが真っ先に遊ぶかと思っていたのですが、ちょっと意外でした。

クワンは、一昨日と昨日は ソロモンに追いかけられると、真剣な顔をして逃げ回っていました。 どの様に対処したら良いか、判らない感じでした。
「女子大生や若いOLさんが、急に親戚の幼児を預ることになった」 という感じ・・・(笑)
ところが、だいぶ慣れてきた様で、先ほどは 自分からソロモンを誘って ”鬼ごっこ” をしていました。
ソロモンに追いかけさせたり、ソロモンを追いかけたり・・・
年齢(精神年齢も!:笑)が近いだけに、慣れれば クワンが一番、ソロモンと遊んでくれる様な気がします。


そして、予想通りと言うか予想以下と言うか・・・のフラウ姐さん!
ソロモンが近寄っただけで、鼻に皺を寄せて怖い顔をして威嚇しています。
背中の毛が逆立っているもの・・・(苦笑)
全く、心の狭いオンナだねぇ~
自分が子犬の頃は、シャドーに飛び掛って、首にぶら下がったり 耳にぶら下がったりして、沢山 遊んでもらったくせに!
胸や耳を鋭い乳歯で噛まれて、ぶら下がられたら シャドーもさがかし痛かったのではないかと思いますが、シャドーは怒ったりせずに、辛抱強くパピーのフラウと遊んであげていました。
シャドーって、今流行りの 育メン だったのかも・・・

まあ、もう少しソロモンに慣れてくれば、フラウ姐さんも それなりに遊んであげる様になるのは判っているのですが、生後80日に満たないパピーに追いかけられて、背中の毛を逆立てている熟女って、なんか情けないねぇ~


家内は、シャドーを育て上げた思い出から、茶色の子犬(特に男の子)が大好きなので、「茶色い子犬って、なんで こんなに可愛いのかしら053.gif」 とお気に入りです。
そして私は・・・まさか生後80日にも満たないパピーとレトリーブ遊びが出来るとは想像していませんでした。
何も教えていないのに、ロープでもボールでも投げてあげると、駆け寄って咥えて、きちんと私に手渡しすることが出来ます。
ロングリードを使った呼び戻しやレトリーブの練習をせずに済むかも・・・


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。
 
[PR]
by gundogclub | 2012-02-18 15:32 | MY TALK