ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
外部リンク
最新の記事
思い込むので・・・
at 2017-06-22 10:16
6月上半期 あれやこれや
at 2017-06-14 19:15
いつの日にか
at 2017-06-04 07:52
フラウ 12歳の誕生日
at 2017-05-30 09:23
2人の奥さん
at 2017-05-26 08:55
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

あれやこれや

先週の水曜日頃から体調が悪く、微熱、咳、鼻づまり&鼻水、目は充血・・・で、風邪だと思い、掛かり付けの病院へ!
10年来の、つき合いのある先生は、聴診器を当てる事も無く診察時間1分で、いつもの薬を処方してくれました。(苦笑)
先生が処方した薬を飲みますと、いつもは2~3日で症状が緩和さるのに、今回は全く効きません。
もしかしたら、アレルギー(花粉症とか)なのかもしれません。
鼻がつまっていると、口が渇いて苦しくって、思考力もボンヤリしている感じ・・・
今週末はフリスビーの競技会がありますが、以前 熱があるのに無理をしてガンドッグの回収競技に参加して、大変な思いをした経験があるので、あまり症状が改善されない様ならエントリー費用は無駄になりますが、当日キャンセルをするかもしれません。


来週は、寝込んでいる訳にはいかないので・・・
と申しますのは、あれやこれやありまして、 ソロモンが来週の半ばに我が家に来る ことになりました。
以前、このブログで 「2月末~3月初旬に生後90日程度で、引き取る予定!」 と書いたのですが、早まってしまいました。  「子犬と暮らすということ」

子犬子猫を親から引き離す適正な生後週齢について


子犬の引き取り時期に関しましては、種を提供した父犬の飼い主、母犬と生まれた子犬たちの飼い主、そして譲渡希望者の3者の考え方が一致していないと、なかなか難しい問題だと実感しました。
特に、母犬と生まれた子犬の世話をする飼い主さん(繁殖者)は、子犬が7頭も8頭も生まれたら毎日の世話も大変だと思いますので・・・

一番右側の、オレンジのリボンの子がフラウちゃん
e0204314_9461879.jpg


私の友人で九州にお住まいで、実猟の回収犬としてラブラドールを相棒としている方が、いらっしゃいます。
ご本人は、「鳥の回収もする家庭犬」と仰っております。
このラブラドール(F君)は、フリスビー競技会でよく見かける、小柄でお腹の巻き上がったタイプ(これをフィールド系と称するかは別として)ではありません。
小学校の算数で習った「集合」で表現すると、「ショー系の円」と「フィールド系の円」が重なり合っている部分に属するタイプだと思います。
フィールド系のラフラドールに比べ走るのは遅いそうですが、水に潜った半矢(弾は当たったが生存している状態)の水鳥を諦めずに探し、ほぼ回収してしまうそうです。
このF君のブリーダーさんは関西にお住まいなのですが生後60日までは譲渡希望者からの要請があっても、引き渡しはせず、かつ譲渡希望者からの要請があれば、生後90日迄であろうと、それ以上の期間であろうと、快く養育してくれる そうです。


F君も生後90日を過ぎた後、飼い主さんの処へ譲渡されました。
労働系(ガンドッグに限らず)の犬を繁殖しているブリーダーさんで 「早く引き取って訓練しないと、使い物にならなくなる」 と仰る方がいらっしゃいますが、F君1頭で全てを語るのは難しいとは思いますが、少なくともF君が生後90日以降に引き取られたにも関わらず実猟の相棒として立派に回収作業をこなしているのを見聞きするにつけ、「早く引き取って訓練しないと・・・」 という説が、必ずしも正しいとは思えません。


加えて、何より大切なのは 「90日以上、母親や兄弟と一緒に居ること」 ではなく、 「その間に、母犬や兄弟姉妹と、また人間とどのように暮らし接していたか」  という事なのです。
F君の実家(ブリーダーさん宅)では、良好な環境(母犬の他にも、落ち着いた分別のある成犬との計画的な接触など)で90日を過ごすことが出来るのだそうです。


F君の飼い主さんに、おそるおそる子犬の値段を聞きましたら、驚くほど ロープライスでした。
生後90日超を、良好な環境で育まれたラブラドールの子犬なのに破格のプライス!
フラウとエステルが天国に旅立って、年老いたクワンとソロモンだけになった頃、この関西のブリーダーさんから子犬を譲ってもらおうかな・・・

ラブラドールに関してはカミサンの好みがあって、「イエローじゃなきゃ、ゼッタイに嫌!」と言われる事が必定なのですが。。。
まあ、8年とか10年とか先の話になりますが。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。
[PR]
by gundogclub | 2012-02-09 09:48 | MY TALK