ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
外部リンク
最新の記事
太陽の王子
at 2017-04-24 18:31
七輪道
at 2017-04-13 12:06
5歳半にして、やっと・・・
at 2017-04-03 10:30
エンジンかからず
at 2017-03-21 09:08
キルティング・ジャケット
at 2017-03-15 13:58
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

忠犬ってなに?


2週間ほど前、私の自宅から車で1時間程の処にお住まいの方から、相談のお電話がありました。(仮にAさんとします)
珍しく(苦笑)、犬を迎え入れる前に、カウンセリングの依頼がありました。
大抵は、犬と暮らしている中で、様々な問題が表面化してからの、ご相談が多いので・・・
私が以前にドッグカフェで開催した躾教室に参加した方と、Aさんの奥様が友人だったご縁で、私を紹介されたとの事でした。


Aさん(ご主人様)に開口一番、言われたことは 「2月に仔犬が来ますので、立派な忠犬にしてください!」 という言葉でした。
迎え入れるのは、地域名が犬種名になっている和犬の純血種です。
既に、お庭には真新しい犬小屋が置かれておりました。

うーん 忠犬・・・・ (因みに私のPCでは 忠犬 には一括変換できません。中堅 なら変換できるけど)
そこでAさんに 「忠犬って、どんなイメージですか?」 とお伺いしました。 大体、想像はついていたのですが・・・
そうしましたら案の定、要約すると 「飼われている恩義を忘れず、粗食に耐え、主人のためには命を投げ出す」 みたいなイメージをお持ちの事が判りました。

私は 「飼う」 という言葉を犬に使うこと自体、あまり好きではないんです。
例えば 「あいつは、○○部長の飼い犬だ」 とか陰口を叩かれる時に使われる 「飼い犬」 って、イメージが良くないですよね。
屁理屈かもしれませんが 「飼う」 という言葉には 上位者である「飼う側」と、下位者である「飼われる側」がある気がして、好きな表現ではありません。


「庭に鎖で繋いで飼われて、粗末な食事を与えられ、それでも懸命に尽くそうとする犬」を見て、満足する飼い主というものは、私にはサディスティックな感じがします。
たいして愛してもいないのに、体と心を弄び、金を貢がせ、それでも一生懸命に尽くしてくれる女性を 「俺も罪な男だな・・・」と冷笑しているイメージと重なるのですが。。。 (← ちょっと、大げさですが;汗)


相手の考え方に全反論するのは、カウンセラーとしては失格ですが、「飼うのではなく、共に暮らすこと」 とか「食事の重要性」 とか 何よりも「できれば庭で繋いで飼うのではなく、室内で一緒に暮らすこと」 などについて意見を述べさせて頂きました。
Aさんのお宅を出て、「まぁ、お払い箱だろうなぁ~」 「もっと近い処に忠犬に仕上げる訓練士さんも居るだろうし・・・」 と思っておりましたら、昨日 「犬が来る日が決まったから訓練をお願いします!」とお電話がありました。
あれだけ反論したのに、ちょっと意外・・・(苦笑) 

君達、忠犬ですか?
e0204314_9433829.jpg



我が家の3姉妹、別に忠犬ではありません。
命の危機に直面したら、私を置いて逃げるかもね!(苦笑)
それでいいんです。 命を挺して守ってくれなくていいです。

ただ日常生活において、3姉妹は常に私を意識して暮らしています。
ドッグベッドに横になっていても、常に視線で私を追っています。
あまり注視され続けるので、「もういいよ! 何もしないよ!」 などと声を掛けると視線を外して丸くなりますが、「何か言われたら、私が真っ先に駆けつけるんだからっ!」 という緊張感と言うかライバル意識がある3姉妹です。

試しに、そーっとキッチンの方へ行って小さな声で 「Here!」 と言うと、3頭同時にドッグベッドを飛び出してキッチンの方へ駆け寄って(エステルなんかドッグゲートを飛び越えて私の足元まで)きますから・・・

飼い主に指示されるのが嬉しい犬、常に飼い主を意識し目で追っている犬・・・
従来の忠犬の概念とはことなるかもしれませんが、我が家の3姉妹も、ある意味 忠犬なのかもしれません。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。
[PR]
by gundogclub | 2012-01-20 10:06 | MY TALK