ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
外部リンク
最新の記事
よしなしごと
at 2017-08-13 09:40
クワン 入院中
at 2017-08-01 07:51
クワン 9歳に!
at 2017-07-20 18:34
今年からプールかな?
at 2017-07-13 11:31
12歳1か月のフリスビー
at 2017-07-02 07:46
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

2WAY

エステルが我が家に来て、今年の3月末で2年になります。
我が家に迎え入れた当初は、ボールにもフリスビーにも全く見向きもしませんでした。
エステルの目の前にボールを転がしても、飛びついたり咥えたりは、一切しませんでした。
ただ、円筒形のダミー(それも細いダミーに限る)だけは、駆け寄って咥えたのですが、咥えた後は私の足元には戻らずに、その辺で齧るだけ・・・


2年余の年月を経てエステルは、フリスビー遊びも、ボール遊びも大好きな娘になりました。

フリスビー、楽しいです! byエステル
e0204314_12265939.jpg

まだまだ、負けないわよ! byフラウ
e0204314_12275156.jpg

早く、ボール 投げてください! byポインターシスターズ
e0204314_12293381.jpg

エステルなんかに負けないわ! byフラウ
e0204314_12301727.jpg

私だって、負けません! byエステル
e0204314_1231168.jpg



エステルは、最近 レトリバー化してきました。
野原に行っても、まず私と遊ぼうとします。 ボールやフリスビーが入った布製の袋を咥えて持ってきて、「遊んでください!」って、アピールします。
以前は、ボールやフリスビーを咥えて戻る途中、飛んでいる鳥などが目に入ると、咥えている物を口から放して鳥を追いかけていたのですが、最近では ボールやフリスビー遊びの時は、鳥が飛んでいても気にせずに遊びを継続できる様になりました。

私がボールやフリスビーを投げるのに疲れて(笑)、 「もう終わり~ 遊んできていいよ!」 と言いますと、物凄いスピードで野原を走り回ります。
でも笛を吹けば必ず足元まで戻ってくるので、心配はありません。


この様に、飼い主とボールなどで遊ぶ事もでき、また野原を自由に走り回ることもできる家庭犬のポインターやセッター(私は ”2WAY” と呼んでいますが) との暮らしは、実に楽しく、また手抜きが可能です。(笑)
風邪をひいて熱がある時などは家内に車を運転してもらって、フラウ&エステルを連れて野原へ行きます。
野原の真ん中に折り畳みイスを置いて、私はそのイスに、どっかりと座ります。
最初は私を遊びに誘うシスターズですが、私が遊びに応じないと見るや、自由に野原を走り始めます。
何もせずにイスに座っていても、フラウもエステルも自分から私の様子を確認に来てくれますし、笛を吹けば足元まで駆け戻ってきてくれます。

これがゴールデンレトリバーのクワンだと、野原に放しても 「遊んでくだちゃい!」 「フリスビーかボールを投げてくだちゃい!」 とオネダリが続き、熱があっても無理してでも遊んであげないとクワンの運動にはなりません。
ある意味、放置しておいても自分達だけで野原を駆け回って運動してくれるポインターシスターズは楽チンです。

笛を吹けば、一目散に戻ってくるシスターズ
e0204314_12502626.jpg



たとえ近所に愛犬を放せるような野原が無かったとしても、例えばロングリードを使って公園でボールのレトリーブ遊びなどが出来る様になりますと、遊びの幅も広がりますし、リード付きの散歩より遥かに運動することも可能ですし筋肉の維持増強にも有効だと思います。
何より、ボールが好きなワンは、ボール1個で様々な訓練をする事が可能ですから!


よく、保護ポインターやセッターの里親さんから 「鳥以外には興味がなくって・・・」 とか 「ボールには見向きもしなくって・・・」 などと、ご相談を受けますが、諦めずに継続して (でも、あくまでも遊びですから、出来ないからと言って叱ったり、イライラしたりせずに) ボールやダミーなどを使った遊びをマスターして欲しいと思います。 エステルも初めてボールを咥えるまで数ヶ月を要しましたが、諦めずに続けていたらボールが大好きになりましたから!

ボール大好き! byエステル
e0204314_131599.jpg


もちろん、可能な環境にお住まいなのであれば、野原での呼び戻し練習などもして、飼い主とも遊べ、野原を自由に走り回ることも出来る(呼び戻しの訓練をした上で) 2WAYな保護ガンドッグ&家庭犬ガンドッグに育って欲しいと思います。

エステルの立ち姿が好きです
e0204314_138644.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。
[PR]
by gundogclub | 2012-01-17 13:11 | MY TALK