ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
外部リンク
最新の記事
Japan Final への..
at 2017-11-06 11:02
Japan Final への..
at 2017-10-28 15:15
Japan Finalへの道..
at 2017-10-26 16:34
Japan Final への..
at 2017-10-24 14:17
Japan Final への..
at 2017-10-22 20:52
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

ちょっと涙が・・・

本日、JFA(日本フリスビードッグ協会)から、昨年の11月に淡路島で開催された(そして私とクワンも出場した) ジャパンファイナル を特集した会報が送られてきました。
私はJFAの会員となって6年になりますが、毎年ジャパンファイナルを特集した会報が送られてきていました。
しかし、これまでは あまり真剣に目を通した事がありませんでした。
そもそも、複数のフリスビー競技団体がある中で、私がJFAを選択したのは、私の自宅から車で20分位の処にある 「千葉ポートタワー」 という公園でJFAが競技会を開催していたからであり、JFAを選択したのは偶然の様なものでした。
最近では、JFAは千葉ポートタワーでの競技会は、とんと行わなくなってしまいましたが・・・

当時は会社員でしたので、「休日に千葉ポートタワーで開催される競技会に限定してフラウと出場して楽しむ」という程度でした。
千葉ポートタワー以外の競技会には全くと言ってよい程、出場しませんでしたから・・・
その様な私にとって、ジャパンファイナルの特集会報が送られてきても、何の感慨も無く、憧れも無く、ただ漠然と「ファイナルに出場する人たちは、上手いんだろうなぁ~」などと考える程度でした。
今回、初めて、じっくりとファイナル特集に目を通しました。(笑)


特集記事の最後に、これも私とクワンが出場して3位になった チャレンジカップ2011  の特集が掲載されておりました。

e0204314_23383614.jpg


この、チャレンジカップ2011の東の大会(つくば市開催)で優勝した方の手記が寄稿されておりまして、1位になった方と2位になった方の愛犬(どちらもボーダーコリー)には、血縁関係があって、両親犬はJFAで大活躍したボーダーコリーらしい・・・という事が判りました。
「ダービー馬とオークス馬の間に生まれた子供達」 という感じでしょうか。。。

ドッグスポーツも競馬と同じく、ある意味 ブラッドスポーツ である側面は否めません。
ボーダーコリーなら、どんな子でもフリスビーが得意!・・・という事ではありません。

たまに、ボーダーコリーを相棒としてJFAの競技会に出場なさっている方から、「この犬は、○○○○(父犬の名)と××××(母犬の名)の間に生まれた子で・・・」 とか 「この犬は、△△さんから譲って頂いた犬で・・・」 などと説明(というか自慢;笑) される事があるのですが、フリスビー系ボーダーコリーの血統に全く疎い私は、「はぁ・・・そうですかぁ~・・・」 と返答するのが精一杯で、あまりに気の抜けた私の反応に、せっかく自慢しようとした方も気が抜けてしまうみたい。。。(苦笑)
サラブレッドの血統なら三大始祖から現代までの流れを、大体は紙に書くことが出来るのですが、ボーダーコリーに限らず犬の血統には疎くって・・・

どうも、JFA(に限らずでしょうが)には、過去に名声を博した父犬・母犬の子供達が、沢山いるみたいです。
「え~ 今頃、判ったの?」 と笑われてしまいそうですが・・・

いえね、優秀な血統の仔犬のオーナーになった方の誇らしい気持ち、私にも良く判ります。
私だって、今から ソロモンが我が家に来る日を楽しみにしていますから!!

きっと、名血のフリスビードッグの仔犬を譲ってもらった方は、嬉しかっただろうなぁ・・・
迎え入れる日を指折り数えて、知人友人にも自慢して、楽しみで楽しみで!
迎え入れた後も、家族の愛情を一身に受けて、きっと可愛がられたのでしょうね。
悪戯しても、ヤンチャでも 「さすが、○○○○の子だ!」 とか 「将来が楽しみっ!」 などと、暖かく見守られて育つのだろうなぁ・・・

そんな想像をしていたら、急に悲しくなりました。
我が家の黄金爆裂娘は、簡単に言うと あまりにヤンチャ姫すぎて、元の飼い主さんから匙を投げられたのです。
方や、悪戯をしてもヤンチャでも 「将来が楽しみ!」と暖かく見守られる(← あくまで想像ですが)仔犬がいる一方で、そのヤンチャさが災いして寄宿舎生活を強いられる仔犬もいる・・・
要は、飼い主さんのニーズ(どんなタイプの子と、どんな暮らしをしたいか)と、その仔犬の資質がマッチしているのか否か な訳ですが、クワンの場合は、ミスマッチだったんですよね。

寄宿舎生活をしていた頃の仔犬のクワン
e0204314_0112169.jpg


そんなクワンが、良血のボーダーコリーを相手に ジャパンファイナルにも出場し、チャレンジカップでも頂点まで、あと一歩まで迫り、2012年度は3戦全て優勝!
仔犬の頃のクワンの姿を想像すると、ちょっと涙で目頭が熱くなってしまいますが、胸を張ってゴールデンレトリバーのクワンと良血ひしめくボーダーコリーに混じって競技に臨みたいと思います。

クワン・・・私の娘になってくれて、ありがとう!

e0204314_0254836.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。
[PR]
by gundogclub | 2012-01-11 00:29 | クワン (GR)