ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
外部リンク
最新の記事
ソロモン王子 戴冠!
at 2017-10-09 15:33
霧ヶ峰でGRT競技会
at 2017-10-03 09:06
クワン 無事に復帰戦を終える
at 2017-09-24 17:42
クワン快気祝い in LADF
at 2017-09-14 09:57
大きな、お友達
at 2017-09-03 09:39
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

次男の冬休みの宿題で


次男(小学3年生)の冬休みの宿題に 「動物と人間の両方が主人公になっている本を探して読んで読書感想文を書きなさい」 というものがありました。
今考えると、「シートン動物記」などを読ませればよかったかもしれません。

しかし、次男から 「何か良い本はないですか?」 と問われて、私の頭に思い浮かんだのは、やはりを題材とした本でした。
昨年の夏頃、次男を連れて小児科へ行った時、あまりにも待ち時間が長くて、暇つぶしに病院の本棚にあった児童図書を2冊、読んでしまいました。
そのうちの一冊が 少女と橇犬が過酷な犬橇レースに挑む話で、読み終わった後 いたく感動した記憶がありました。 児童図書は大人が読んでも面白いことを再認識しました。

その本を次男に読ませたかったのですが、題名を忘れてしまい 「犬橇、少女、賞金レース」などでネット検索するも、探し当てることが出来ず・・・
私が 読ませたかった本は、後から判明したのですが  『ブラックスター―極北をかけるリーダー犬』 でした。


この 『ブラックスター―極北をかけるリーダー犬』 は、探すことが出来なかったのですが、 代わりと言ってはナンですが 『犬ぞりの少年』 という本が検索に引っかかり、こちらを購入して次男に読ませました。

e0204314_19312360.jpg


ハッピーエンドの物語ではありませんが、過酷な犬橇レースの臨場感もあり(これは和訳が優れている為でもあると思いますが)、小学校4~5年向けの図書とは言え、大人が読んでも楽しめました。

ついでに・・・
コメディタッチではありますが、犬橇レースを題材としたディズニーの実写版ムービーがあります。
レンタルDVDなどで、ご覧になることをお勧めします。 「スノー・ドッグ」


少し前まで、極北の地域(例えば、アラスカにしろ、シベリアにしろ)では、橇犬は大切な相棒であり必需品でもありました。
雪と氷に閉ざされる季節の移動手段、また生活物資の運搬などに、橇犬は無くてはならない存在だったのです。 あまりに雪が深い地域では、馬は使えませんので・・・

その様な意味で 「過酷な環境の中で生死を共にする、あるいは命を預ける対象として犬と暮らす」 という極北の住人は、太古からの人と犬との繋がりを彷彿とさせます。
もっとも、最近は極北地域でも、犬と暮らさずにスノーモービルを愛用している人が増えているようですが・・・(苦笑)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。
[PR]
by gundogclub | 2012-01-06 20:22 | その他