ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
外部リンク
最新の記事
ソロモン 6歳に!
at 2017-12-02 16:11
Wagon Wheels 
at 2017-11-29 11:56
受け渡し練習 の大切さ
at 2017-11-20 09:54
Japan Final への..
at 2017-11-06 11:02
Japan Final への..
at 2017-10-28 15:15
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

目標あってこその競技会

1月3日に行われたJFA(日本フリスビードッグ協会)の2012年最初の競技会(注:2012年度という意味では昨年11月末から2012年度がスタートし、複数回の競技が行われています)において、私とクワンのペアはユースオープン選手権に出場し、優勝を飾ることができました。
2012年最初の、そして私とクワンにとっては、2012年度としても初めての競技会を優勝する事ができたことは、幸先がよく嬉しいです。

オープン選手権(一番、上のクラス)で活躍している諸先輩から 「そろそろ、オープンに出場したら?」 とか 「オープンでも十分に戦えるよ!」 などと、嬉しいお言葉も頂きました。
スローアー(投げ手)のテクニックが高い、また愛犬のレベルも高いオープン選手権に、私とクワンのペアが出場し、諸先輩の胸を借りる事は憧れでもあり、喜びでもあるのですが、ちょっと無理かも・・・

オープン選手権のジャパンファイナル出場ノミネートの権利を獲得できるのは、最低出場回数が35回なのです。
勿論、35回出場しようが50回出場しようが、私とクワンのペアの現在の実力では、「オープン選手権でのファイナル出場」は困難です。


その場合、私は二つの考え方が、あると思うのです。
一つは 「どうせファイナルには出場できない(最低出場回数から考えても、あるいは実力から考えても)のだから、一番上のクラスで揉まれて、実力をつける、あるいは楽しむ」 ・・・という考え方。
そして、もう一つは 「頑張れば出場が可能な15試合以上を達成し、ユースオープンでのファイナル選出を目標とする」 ・・・という考え方です。

私とクワンのペアはオープンでも善戦できるのかな?
e0204314_8433424.jpg


以前の会社勤めの頃でしたら、きっとオープン選手権に出場することを選択していたと思います。
「せっかくの休日を愛犬と楽しむのなら、一番上のクラスに出場しよう! たとえ35回の出場は無理でも・・・」
そう考えたと思います。

ところが現在は・・・
フリスビー競技会(これは他のドッグスポーツでも一緒ですが)は、土曜・日曜・祝日に開催されます。
私のスクールの生徒さんは、土曜・日曜がレッスン日の方が6割を超えています。
つまり、土曜・日曜は私にとっては休日では無く平日なんです。
レッスンを中止して競技会に臨むことになります。

レッスンを中止してまで参加するからには、「余暇を楽しむ」のではなく、「しっかりとした目標」が必要だと思っています。
その目標足りえるのが、「ジャパンファイナル出場」だと私は考えています。
中途半端な回数、競技会に出場してレッスンを潰す位なら、競技会には参加しない方がマシ!
そう考えると、最低出場回数が35回のオープン選手権は目標には、なり得ず 最低出場回数が15回のユースオープンに出場を絞らざるを得ません。


ところが、ユースオープン選手権すら競技規定が変更となり、最低出場回数も倍増し、かつ50試合までは無条件に累計される事になり、ユースオープン選手権の出場すら危ういかも。。。
11ヶ月で15回以上とは言っても、梅雨の時期も、夏の蒸し暑い競技には適さない時期もある訳ですから、それを踏まえて考えると、冬~初夏&初秋~10月にかけて、1ヶ月に3回程度 競技会に出場するつもりでいないと15回には到達しないかもしれません。

ポイント早見表
e0204314_8594161.jpg


例えば先日、出場した競技会ではユースオープン選手権は19頭のエントリーがありました。
クワンは優勝しましたので10ポイントを獲得したことになります。

ところが、 「全ての競技会の参加人数が15~19名だった」と仮定した場合 15試合全て7位(実際にはあり得ませんが) の場合は 獲得できるのは 3P×15回で45Pの獲得となります。
しかし、15試合 全て最下位だったとしても 50回出場すれば 1P×50回で50Pの獲得となります。
つまり、15回しか出場せず全て7位だった場合より、50回出場して全て最下位だった場合の方が獲得ポイントは高くなってしまうのです。
言い方が適切ではないかもしれませんが 下手な鉄砲も、数撃てば 当たる  ルールに変更になってしまった訳です。

しかも、今年からルールが変わった為、何ポイント程度 獲得すればジャパンファイナルに出場できるのか、皆目見当がつきません。

それでも、ここはきちんと 目標を定め15試合をなんとか頑張って出場し、可能であれば あと数試合の上積みをもって、ジャパンファイナルを目指したいと思います。
「余暇」ではなく、「仕事を潰して」競技に参加するからには、「ご協力頂いたお陰で、ファイナルに出場できました!」 という朗報を、スクールの生徒さんにお伝えしたいです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。
[PR]
by gundogclub | 2012-01-05 09:15 | MY TALK