ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
外部リンク
最新の記事
ソロモン 6歳に!
at 2017-12-02 16:11
Wagon Wheels 
at 2017-11-29 11:56
受け渡し練習 の大切さ
at 2017-11-20 09:54
Japan Final への..
at 2017-11-06 11:02
Japan Final への..
at 2017-10-28 15:15
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

お姉ちゃん達に鍛えられ

10月8日~10日の3連休に、3日連続でフリスビー競技会に出場したクワン。
ユースオープン部門で、2位・4位・3位と、実績を残してくれました。
10月2日時点の累計では、規定(最低)出場回数に達していなかったこともあり、ユースオープン部門で全国204位でしたが、この3連戦で おそらくユースオープン部門の全国20位内外までランクアップしてきたと思います。(まだ公式発表が無いので、あくまで予測ですが)

この3連戦中、MC(進行役)の方からは、 「快足」 とか 「魅せてもらおう クワンの足!」 などと、紹介して頂き、また他の参加者からも 「足、速いねぇ~」 とか 「なんかボーダーみたいな足の使い方だよね!」 などと言われました。
クワンは、ゴールデンレトリバーにしては、確かに快足だと私も思います。
でも、この快足が生み出されるまでには、何頭ものお姉ちゃんたちの力が大きかったと思っています。


クワンが、最初の飼い主さんの元を離れ ドッグスポーツ施設 LADF に預託された当初は、筋肉も細くて歩くのさえヨタヨタしていたそうです。
勿論、走ることはできなかった・・・と言うか、走り方を知らない感じだったみたいです。

LADFには、オーナーのKさんの愛娘が3頭おりまして、2頭がコーギー(アジリティーの世界選手権にも出場したスーパーコーギー)、そしてもう1頭がクワンより少し お姉ちゃんのボーダーコリーの NANAちゃん  ・・・この3頭のお姉ちゃんと一緒に遊んだり叱られたりしながら合宿生活・・・
特に、NANAちゃんには姉妹の様に遊んでもらったり、走り方を教わったりしたとの事で、クワンの走る姿がボーダーコリーっぽいのは、その影響かも・・・(笑)

LADFでお姉ちゃんたちと一緒に・・・ 中央が生後4ヶ月の頃のクワン
e0204314_137239.jpg


そして生後5ヶ月で我が家に迎え入れられた時、待っていたのはフラウ姐さん!
まあ優しくって大きなシャドー兄ちゃんもおりましたが・・・

シャドー兄ちゃん、フラウ姐さんと一緒に
e0204314_13134918.jpg


フラウとクワンを連れて野原に行きますと、クワンはフラウの後を一生懸命、追いかけるのですがフラウ姐さんは、お構いなし・・・(苦笑)
以前は、後を追いかけてくる犬が大嫌いなフラウでしたが、クワンを迎え入れた頃には少し性格も丸くなっていたので、追い払うこともせず、かと言って手加減してくれる訳でもなく・・・
「ついて来たければ別にいいけれど・・・ 手加減はしないから、迷子にならないように気をつけなさいよ!」 ・・・ そんな感じに見えました。
途中まではフラウの後を追いかけるのですが、スピードもスタミナも全く敵わないクワン・・・
よく、途中で悲しそうな顔をしながら私の足元まで戻って来たクワンでした。

ボール遊びでも、フラウ姐さんは手加減なし・・・
紐付きボールを投げるとフラウとクワンが同時に走り出す訳ですが瞬発力が全く違うので、20回投げても30回投げても、クワンは一度もボールを咥えることが出来ませんでした。
ボールを追いかける → フラウがボールを咥える → ボールを咥えたフラウの後を追いかけて私の足元まで戻る・・・ この繰り返しで言わば シャトルランの練習 をしている様な感じでした。 
でも、この練習で、随分とクワンは鍛えられました。
紐付きボールを追いかけ、戻りはフラウを追いかけて全力で私の足元まで戻る。。。
1回の往復で60mだと仮定すると、20回繰り返すと1200m・・・ 全速力のシャトルランを20回、1200mも続ければ、そりゃ筋肉もつき瞬発力も心肺機能も高くなろうかと言うものです。


そうこうしている内に、イングリッシュポインターの エステル が家族の一員になりました。
エステルも迎え入れた当初はヨタヨタしておりましたが、すぐにポインター本来のスピードを取り戻し、クワンはエステルと一緒に走っても、なかなかエステルに追いつけなくなりました。

そのうち、エステルがボールのレトリーブが出来る様になり、その後は フラウ&クワン でもエステル&クワンでも、紐付きボール遊びではクワンは殆ど咥えることが出来ずに今に至っています。
クワンに咥えさせるためには、「意図的にクワンの近くにボールを投げてあげる」 というアドバンテージと言うか、エコヒイキをしてあげないとクワンはボールをゲットできません。
中学校の陸上競技選手と、社会人の陸上競技選手が一緒に走っている様な感じです。


フラウとエステルのボールやフリスビーを使ったスピード競争。迫力があります!
e0204314_13452012.jpg

e0204314_13455383.jpg



クワンとフリスビー競技に出場する様になって以降、瞬発力そしてスプリント力(初速からMAXスピードまでに短時間で到達できる力)を鍛えてきました。
短距離走の選手とマラソンの選手では、筋肉の作り方も理想的な体型やフォームまで全てが異なりますよね。
競馬でも、マイラー(1600m)と、クラシックディスタンス(2400m以上)に出場する馬とでは調教メニューが異なります。
犬も、出場する競技によって鍛え方は当然、異なる訳です。


ホバリングするフリスビーとの距離を測るクワン・・・
なんか、ボーダーコリーっぽいですよね(笑)
e0204314_10175870.jpg


クワンが快足を手に入れるまでには、何頭ものお姉ちゃんたちが力を貸してくれました。
NANAちゃん、フラウ、エステル・・・本当にありがとう。

それと同時に 何度ボールに向かって走ってもフラウやエステルに先に咥えられてしまうにも関わらず、諦めず腐らず何度も何度も挑戦する強い意欲や折れない心は、神様からクワンが頂いた素晴らしいタラント(生まれた時から備えられている才能)なのかもしれません。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。
[PR]
by gundogclub | 2011-10-12 14:16 | クワン (GR)