ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
外部リンク
最新の記事
ソロモン 6歳に!
at 2017-12-02 16:11
Wagon Wheels 
at 2017-11-29 11:56
受け渡し練習 の大切さ
at 2017-11-20 09:54
Japan Final への..
at 2017-11-06 11:02
Japan Final への..
at 2017-10-28 15:15
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

いにしえの契約

先日、「初めて犬を飼った」という方から、カウンセリングの依頼がありました。
犬種は、ミニチュア・ダックスフンドです。
犬と暮らすのが初めてであったこともあり、そのダックスを購入したペットショップの薦めもあり、生後3ヶ月から、ある訓練所に、訪問訓練を依頼したのだそうです。

訓練所からいらした訓練士さんが、まず飼い主さんに説明したことは 「飼い主は犬を絶対服従させなくてはならない。 飼い主は犬にとって恐ろしい存在でなくてはいけない」 という事だったそうで、チョークチェーンを用いた停座の練習や、散歩の時 半歩でも飼い主の前に出たら厳しく叱る訓練の方法などを、教わったそうです。
それと同時に、「犬に○○○○○させては、イケナイ!」 という 「スベカラズ集」 を沢山教えられ、それをメモ帳に書いて常に持ち歩いて散歩をしたりしたそうですが、 あまりにも  「・・・スベカラズ」が多くて、覚えきれないそうです。

私がこの飼い主さん宅を訪問して最初に言われたことは 「近所の人たちも、犬を飼っている家は沢山あるので気軽に考えていたのですが、こんなに犬を飼うのが大変な事だとは知りませんでした。 してはならない事が沢山ありすぎて、とても覚えきれません!」 と仰っていました。

また、チョークチェーンを使いながら怖い声で停座の指示をだしているにも関わらず、すぐに動き出すダックスを見て、この訓練士さんは 「こんなに小さい子犬の頃から、人間の指示に従わないのは、非常に反抗的な遺伝子的問題を持っている」 と飼い主さんに説明したそうで、その事も この飼い主さんは 「問題を抱えた犬を選んでしまったのではないか?」 と非常に心配していました。

まあ、私もこの訓練所の訓練士さんから直接、お話を伺った訳ではなく、この飼い主さんからの「また聞き」ですから、この訓練士さんのお話の趣旨が、どれだけ正確に飼い主さんに伝わり、また飼い主さんが、どの程度 正確に理解したのかは定かではありません。
ただひとつ言える事は、このダックスの飼い主さんが、 「犬を飼うのは、とても難しい、大変なことなのだ」 と感じてしまったという事です。


私は、を(犬だけではなく、全ての愛玩動物に共通していることかもしれませんが)迎え入れることにより家族の中の話題が豊富になり、話題の中心に犬がおり、犬を迎え入れることにより家族の笑顔が増える事 こそが、家庭犬の役割だと思っています。
せっかく犬と暮らし始めたのに、苦悩ばかりが増え、一緒に暮らしていることを楽しいと感じられないのであれば、犬と暮らす意味がありません。
そして、「飼い主さんが愛犬と、より楽しく暮らす為に」 飼い主さんが独力では解決できない部分をアドバイスしたり、練習の方法を提案するのがドッグトレーナーの仕事だと思っています。
そして飼い主さんが思い描く 「楽しい暮らし」 は千差万別とは言わないまでも、各々の飼い主さんによって異なるわけですから、画一的ではなく その飼い主さんの思い(理想、ビジョン)に寄り添う形で、トレーニングの方法や手段も可変的であるべきだと思います。

飼い主と愛犬が笑顔で暮らせるために・・・
e0204314_15383117.jpg



そもそも、はるかいにしえの世に、人間と犬の祖先が交わした契約は 「共に協力していこう」 という内容だったのではないかと私は思います。
お互いの利益のために、対等な立場で協力しよう・・・ 人間と犬は、その様に約束を交わし、お互いに手を握り合ったのではないかと・・・

それが、数万年数千年の時間を経て、いつの間にか人間側だけ、上下関係だとか絶対服従だとか、隷属だとか、当初の約束には無かったことを言い始め それでも犬は契約破棄することもなく、共に歩み続けています。
相互互恵条約だったものが、いつの間にか不平等条約に・・・
勿論、現代の世の中で共に暮らす上では、犬に対して覚えてもらわなければならない事、守ってもらわなくては困ることも多々あり、それを教えるのは人間(飼い主)の役割でもある訳ですが、教える側と教えられる側との関係が、上下関係・絶対服従関係・隷属関係である必要はありません。


まあトレーナーさんの考え方も様々だと思いますが、飼い主より体重が重いような ク゜レートピレネーズやニューファンドランドの引っ張り癖は、そのまま放置しておきますと飼い主さんの危険を伴いますから矯正も必要かもしれませんが、ダックスフンドが飼い主さんより少し前を歩いたからと言って、飼い主さんが愛犬と共に暮らすのが嫌になるほどの「スベカラズ集」を押しつけたり、「反抗的な遺伝子を持っている」などと断定する必要もないのではないかと・・・

ちなみに、私とクワンはフリスビーの競技会に出場しておりますが、 なるべくクワンが咥えやすいスピードと角度でフリスビーを投げるのが私の役目、頑張って走ってフリスビーをキャッチするのがクワンの役目です。
お互いに役割を分担していますが、上下でも隷属でもありません。
私が、へたっぴいなスローをした時は、私はクワンに謝ります。
クワンも、咥え損ねると 「ごめん 失敗しちゃったぁ~」 という表情をします。
いにしえからの契約の素晴らしさを実感する幸せも、競技会に出場する楽しさの一つです。

お互いの役割を果たしてこそ、好成績が得られます!
e0204314_1644879.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。
[PR]
by gundogclub | 2011-09-26 16:13 | MY TALK