ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
外部リンク
最新の記事
ソロモン王子 戴冠!
at 2017-10-09 15:33
霧ヶ峰でGRT競技会
at 2017-10-03 09:06
クワン 無事に復帰戦を終える
at 2017-09-24 17:42
クワン快気祝い in LADF
at 2017-09-14 09:57
大きな、お友達
at 2017-09-03 09:39
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

20.35kg


昨年の3月末に我が家に迎え入れたイングリッシュポインターのエステル。
迎え入れた時の体重は、18.2kgでした。
アバラ骨が浮き出て、腰骨の辺りにも肉がなく、確かに見た目には痩せているのですが、全体的にプヨプヨとした感じ・・・
「プヨプヨと痩せている」 って、おかしな表現かもしれませんが、そんな感じでした。

エステルは、フィラリア陽性 なので、いきなり激しい運動をさせるのも怖かったので、手探りで運動を開始しました。
呼び戻しの練習などをしつつ、野原を毎日30分程 走らせておりましたら、1ヶ月ほどして体重を計測しましたら、17.4kgまで体重が落ちておりました。
フードの量を増やしながら、運動量も少しずつ増やし、更に1ヶ月後の計測では、17.1kg・・・
我が家へ来て2ヶ月で体重が1.1kg減ったことになります。


競走馬も、生まれた牧場で自由運動をしている段階から、鞍を乗せての運動、さらに人が跨っての運動を始めますと、かなり体重が落ちます。
飼葉(馬の飼料)を増やしても、体重は減っていきます。
更に、入厩(その馬が所属する厩舎に配属されること)して、ダート、ウッドチップ、坂道 などで調教をしていきますと、またまた がくんと体重が落ちるのですが、やがて体重の減少は止まり、逆に体重は増えていきます。

エステルも、17.1kgを下限として、その後は 少しずつ体重が増えていきました。
エステルにしろ、競走馬にしろ、簡単に言いますと 運動に適さない脂肪が燃焼して、その代わりに運動に適した脂肪と筋肉によって、体重が増加する訳です。
一昨日、エステルの健康診断に行きまして体重を量りましたら、20.35kgありました。
我が家へ来て、初めての20kg台に体重が増えました。
あと、500g~600g 体重が増えると、ちょうど良いかもしれません。


フィラリア陽性を考慮し、あせらずじっくりと体を作りましたが、やっと理想的な体型になってきました。
アバラが浮き出ていますので、「痩せすぎじゃないの?」 と思われてしまうかもしれませんが、私は今のエステルは理想体重に近いと思っています。(もう少し、後肢の筋肉を発達させたいのですが・・・)

e0204314_85744100.jpg




話は変わりますが、皆さんは ご自分の愛犬のシャンプー は、銘柄が決まっていますか?
「フードジプシー」という言葉がありますが、 我が家は 最先住犬のシャドーの皮膚に適したシャンプーが、なかなか見つからず、長らく 「シャンプージプシー」 でした。
シャドーは、どんなシャンプーを使っても、炎症を起こしたり、皮膚が赤くなってしまう様なことは無かったのですが、シャンプー直後から、もすごいフケが発生する場合が多く、シャドーの皮膚に適したシャンプーに出会うまで、かなりの時間を要しました。


その点、3姉妹は どのシャンプーを使っても皮膚が炎症を起こしたりしないので、シャンプー選びが楽です。
3姉妹のうち、ポインターシスターズのフラウとエステルは、庭に居る時間が長い (フラウ姐さんはトカゲ探し、エステルは鳥と猫の観察) ので、よく蚊に刺されるんです。
ポインターは、下腹の被毛が薄いので、お腹を刺される事が本当に多いんです。
フロントラインをつけていても、蚊には刺されますし・・・

そこで、防虫効果の高いと謳われているシャンプーを試しに使ってみました。
アークナチュラルズ・ニーム・ナチュラルシャンプー   というシャンプーです。
e0204314_9161726.jpg



イングリッシュポインターのエステルも・・・
e0204314_1127242.jpg

ジャーマンポインターのフラウも・・・ お腹の毛は超短毛です
e0204314_11274954.jpg


正直申しまして、謳い文句ほど効果があるとは思っていなかったのですが、少なくとも我が家のポインターシスターズには有効でした。
庭に居ても、蚊に刺される事が減りました。
天然ハーブの力なのでしょうか?

我が家では、庭に面しているガラス扉は、雨でも降らない限り、春~秋は半開きにしてあります。
3姉妹は、居間で それぞれお好みの場所で、まったりとしている訳ですが、フラウとエステルだけが同時に飛び起きて庭に飛び出して行くことがあります。
1頭取り残されたクワンちゃん、寝ぼけまなこで 「なんでちゅか? 何が起こったでちゅか?・・・」 という感じで呆然としています。(笑)
もちろん、私には何の音も聞こえない場合が多いので、何で2頭同時に庭に飛び出して行ったのか、ほとんど理由が判りません。


一旦、庭に飛び出すと納得いくまで室内には戻ってこないポインターシスターズですので、虫除け効果のあるシャンプー(どれだけの期間、効果があるかは、まだ掴んでおりませんが)は、とても便利だと思っています。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。
[PR]
by gundogclub | 2011-09-14 11:38 | その他