ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
外部リンク
最新の記事
クワン 9歳に!
at 2017-07-20 18:34
今年からプールかな?
at 2017-07-13 11:31
12歳1か月のフリスビー
at 2017-07-02 07:46
思い込むので・・・
at 2017-06-22 10:16
6月上半期 あれやこれや
at 2017-06-14 19:15
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

甲斐のある犬生


一昨日、夏休み最終日の小学3年の次男と徒歩でコンビニに昼食を買いに行った時のこと・・・
飼い主さんの手から、フレキシリードが離れてしまって、フレキシリードをガラガラと引きずりながら逃げ回っているトイプードルに遭遇しました。
飼い主さんが、ワンちゃんの名前を呼びながら追いかけるものだから、ワンちゃんはより興奮して張り切って走り回っていて・・・
歩道の横は車の量が多い車道でしたので、見ていてヒヤヒヤしました。
ワンちゃんと目を合わせずに (「捕まえるぞ!」というオーラを発しながら近づくと、感づかれて逃げられてしまうので) 素知らぬ顔で通り過ぎるフリをして、フレキシリードの紐の部分を足で踏んで、トイプーちゃんを捕獲しました。
折角の楽しい逃走劇を中断させられて怒ったトイプーちゃんに、運動靴の紐を噛み千切られてしまいましたが・・・(苦笑)


私の友人の、そのまた友人のレトリバーも、道路の反対側を歩いている、お友達ワンを見つけて、嬉しさのあまりリードを引っ張り、その拍子に首輪が切れてしまったそうです。
フリーになったそのレトリバーは、飼い主さんが呼んでも戻らずに、お友達ワンの居る側に渡ろうとして車道に飛び出し、結局 車に轢かれてしまいました。
骨折したそうですが、命に別状が無かったそうで、まあ不幸中の幸いと申しますか・・・


愛犬と街中を散歩しているだけでも、想定外(本当は、想定しなければならない事ですが)の事が起こる場合があります。
やはり愛犬の命を守る為にも、日頃から呼び戻しの練習は重要です。
・・・と、説教じみた事を書きましたが 「愛犬の安全を守るため」 という大義名分 (ある意味、「消極的理由」)とは別に、「犬に生まれてきた甲斐のある生活」を、おくらせる という 「積極的な理由」 でも私は、呼び戻しの練習は重要だと思っています。



私のスクールは、レトリバー種はもとより、ポインターやセッター、スパニエルなどの ”ガンドッグ” と総称される犬種の割合が高いのですが、 練習の初級クラスは、四方をフェンスで囲まれたドッグスポーツ施設で行います。
初級クラスを卒業した後は、野原でのクラスに昇格するのですが、 フェンスで囲まれた場所で練習をしている時と、広い野原にいる時とでは 犬たちの動きや表情は大きく異なります。
野原でのガンドッグの走りは、サラブレッドと同じく 見ている者を感嘆させる美しさと躍動感に溢れています。

練習場所のひとつである千葉県富津のフィールド
e0204314_20565194.jpg



ただし、野原での練習には ある大前提があります。
それは、 犬たちを迷子にさせないこと です。
スクールには元保護犬のポインターやセッターもおります。 それら元保護犬に 「二度と保健所の門をくぐらせないこと」 そして 子犬の頃から飼い主さんと共に暮らしている犬たちには「保健所に収容される経験をさせないこと」 ・・・ この前提に犯す可能性のある場合は、どんなに飼い主さんから懇願されても、ノーリードでの野原での練習は認めません。


e0204314_21112775.jpg

e0204314_21133146.jpg

e0204314_2114353.jpg

e0204314_2115061.jpg
e0204314_21161680.jpg



作出目的を問わず、家庭犬として、一括りにして 「元々は、○○○○の為に作られた犬種ですが、今は家庭犬として・・・」 と あたかも 「家庭犬という種類の犬種」 が居るかの様にお考えの方もいらっしゃいます。
しかし、私は 鳥猟犬にしろ、獣猟犬にしろ、牧羊犬にしろ 何らかの目的で野原や牧草地を走る生活をする為に作出された犬たちには、せめて 「広い野原を走る」 という生活をさせてあげたいのです。
鳥を追うために・・・ 鳥を回収するために・・・ 獣を追うために・・・ 羊をまとめるために・・・ 
それらの作業の前提となる 「走る」 という行為が出来てこそ、犬として生まれてきた甲斐があると思うのです。


ただし、繰り返しになりますが そのためには 公園や囲われた場所だけではなく、何らの囲いが無い野原であっても、「呼ばれたら飼い主の足元まで戻ることが出来る犬」 であることが、大前提です。
そして、様々な誘惑が散りばめられている広い野原であっても、「呼ばれたら戻ることが出来る犬」にするには、やはり練習(訓練)が必要であることは言うまでもありません。

e0204314_2136102.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。
[PR]
by gundogclub | 2011-08-31 21:42 | MY TALK