ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
外部リンク
最新の記事
クワン 9歳に!
at 2017-07-20 18:34
今年からプールかな?
at 2017-07-13 11:31
12歳1か月のフリスビー
at 2017-07-02 07:46
思い込むので・・・
at 2017-06-22 10:16
6月上半期 あれやこれや
at 2017-06-14 19:15
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

加齢による基礎代謝率の低下


フラウと暮らし始めて6年・・・
今年の夏、6年間で初めてフラウの体重管理で試行錯誤をしています。
成犬になって以降、今年の春先まではフラウの体重は季節を問わず、21.5kg~22.2kgまでの約700gのタイトな範囲で増減していました。
勿論、運動量が豊富な冬と、運動量が減る夏に、 「同じフードを同じ量」 で与えていたら夏場の肥満は避けられませんが、今春まではフードを低カロリーの物に変えずとも、与える量を調整することにより、体重維持が容易にできたのですが・・・

理想体重時のフラウ
e0204314_9294899.jpg


先日、フラウの肛門腺絞りと健康診断の為に動物病院で計測した時の体重が、
23.2kg・・・(汗)
初めて体重が23kg台になってしまいました。
過去の体重の上限より、1kgも増えてしまいました。


今年の夏も、体重管理や運動管理を怠っていた訳ではなく フードの給餌量は冬場より15%ほど減らして様子を見ていましたし、運動や練習のメニューも昨年と変わっていないのですが・・・
つまり、 フードの量を意識的に減らし、かつ運動量は減らしていないにも係わらず、フラウの体重は増加 したことになります。



この原因は、認めたくはありませんが 加齢による基礎代謝率の低下 だと思われます。
犬の基礎代謝率は、加齢とともに低下することがわかっています。
その大きな節目が6歳と10歳にあるそうです。
基礎代謝率の低下を考慮せずに、フードを2~3歳時と同量 与えていますと、もともと運動量が少なくなる夏場 (少なくなると言うより、「高温多湿の夏場に、より涼しい季節と同量同質の運動が難しい」という事ですが) には肥満傾向になってしまいます。


加えて、加齢と共に 筋肉の量、骨量ともに減少します。
フラウ自慢の、後肢の盛り上がった筋肉も、少し痩せてきたように思います。
筋肉の量、骨量を維持する為には良質なタンパク質の摂取が欠かせないのですが、高タンパク質の食事は、腎臓や肝臓に負担をかける両刃の剣でもあります。

過剰なタンパク質の摂取を防ぎながら、筋肉量や骨量を維持する・・・
加齢と共に低下する基礎代謝の低下(肥満傾向になり易い)を考慮しつつ、筋肉量や骨量の維持のために良質なタンパク質の摂取を心がけ、しかし過剰摂取をさせない為には?



「手作り食」 に移行した方がいいのかな・・・ とも思いますが、残念ながら私は手作り食に関して、生半可な知識しかありません。
生半可な知識で手作りする位なら、良質なドライフードの方がカロリーの計算も容易にできそうですし、量の加減も簡単です。
とは言え、取り入れるか否かは別として 3姉妹のためにも、きちんと手作り食について学ぶ必要がありますね。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。


いのちつないだワンニャン写真コンテスト 
[PR]
by gundogclub | 2011-08-02 10:36 | MY TALK