ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
外部リンク
最新の記事
ソロモン王子 戴冠!
at 2017-10-09 15:33
霧ヶ峰でGRT競技会
at 2017-10-03 09:06
クワン 無事に復帰戦を終える
at 2017-09-24 17:42
クワン快気祝い in LADF
at 2017-09-14 09:57
大きな、お友達
at 2017-09-03 09:39
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

真夏の散歩


今日の千葉市は蒸し暑く、そして洗濯物が吹き飛ばされそうな程の強風が吹いています。
そして最高気温は31℃との予報が出ています。
これから9月末まで(暑いのが苦手な私にとっては10月末まで)、飼い主にとってもワンちゃん達にとっても、散歩や運動などの時間帯の融通が、つきにくい季節となります。


愛犬の熱中症対策や、熱中症の症状、また応急対応などに関しましては、私が改めて書くまでもなく (と言いつつ、3年連続して同じようなことを書いておりますが) 犬の雑誌や飼育本、またインターネットのサイトなどに詳しく記載されております。
まあ、一応、ご参考までに・・・

熱中症

犬の熱中症の症状、治療、予防

朝5時40分 クワンの運動終了  爆裂クワンも冬季の半分の運動でバテバテ・・・
e0204314_10412589.jpg



先週の土曜日、午後2時頃に近くの公園 (子供の足でも徒歩1分の処に公園があります。つまり我が家は、平日の放課後、そして土日は一日中、子供たちの歓声でうるさい環境にある訳ですが:苦笑) に遊びに行った次男が出かけて数分で駆け戻ってきて、息を切らしながら 「白い犬が倒れているから、パパ 早く来て!!」と・・・
様子を見に行くと、サモエドが倒れていて女の人が泣きそうな声で携帯電話で話をしておりました。
遊歩道を40分ほど歩いた後、この公園で水を飲ませようとした処、サモエドが倒れこんでしまったそうで・・・

一旦、家に戻り ホースと冷水(我が家では2Lのペットボトル10本の冷水を常時、用意しているので)を持って再び公園へ・・・
公園の水道の蛇口とホースを繋げてサモエドに水をかけ、全身を冷やした後に今度は用意した冷水20Lを、首の周り、心臓の周り、脇の下、内股などにかけました。


我が家の掛かりつけの獣医さんに電話をしましたら休診時間でしたが、診察してくれるとの事で、この飼い主さんの家族(ご主人)に車で公園まで来て貰い、車の中へ搬送・・・
ここで終了と思いきや、「初めて行く病院なので、もし可能でしたら一緒に来て頂けませんか?」 と言われ、車に同乗することに・・・


獣医さんがサモエド君の診察治療をしている間、ご主人と話をしたのですが、気になる言葉がいくつかありました。

・ 以前、飼っていた雑種は外飼いだったし、夏の日中に散歩をしても平気だった。

・ 朝6時と夕方6時が排泄の為の散歩、長い散歩は飼い主の昼食後と決めている。

・ リードを見せると嬉しそうで元気に散歩しているので大丈夫だと思った。



以前、この掛かりつけの獣医さんと熱中症に関してお話をした処、  「昔、飼っていた雑種は真夏でも平気だったのに・・・」  ということを言う飼い主がこの辺りでは多いのだそうです。
短吻種のパグやボストンテリア、足が短く地熱反射をモロに受けそうな小型犬と暮らしながら犬という生き物を一括りにして 「昔、飼っていた犬は大丈夫だったから・・・」 と考えるのは、やめて欲しいものです。
獣医さんが熱中症を起こしたワンちゃんの飼い主さんに熱中症に関する説明すると 「やっぱり雑種は丈夫なんですね! 洋犬は、弱くてダメですね!」 などと言い出す人が多いのだとか・・・
ちょっと情けないです。。。 


暑かろうが寒かろうが、「飼い主の都合で散歩の時間を決める」 のも無理がありますよね。
「夜、涼しい時間に散歩したらどうですか?」 とご主人にお話したら 「午後6時頃に風呂に入って、その後は晩酌するから、もう外に出たくない」って・・・(呆)
私の家の近くには、サモエドと暮らしているお宅が、少なくとも4家族いらっしゃいます。
比較的、珍しい犬種だと思うのですが・・・
どうも、サモエドを「つがいで飼っている」家があって、子犬が産まれると 近所の人に、譲ったりしているらしいのです。
この公園で倒れたサモエド君も、その「つがいで飼っている家」から貰ったそうで、サモエドに対する知識とか、こだわりとかは、全く無いみたいです。
北方スピッツ系の犬種と暮らしていることを、きちんと自覚して欲しいものです。
私が 「犬を運動させる為に夏は午前4時に起きる」 と話をしたら、「専門家は、やはり我々とは違いますねぇ~」 と変な誉められ方をしました。(苦笑)
これからも、昼間の散歩を止めないのでしょうかね。。。 なんかサモエド君が可哀想です。
私にはサモエドを夏の炎天下に散歩させることは虐待に思えるのですが・・・



そして 「犬種を問わず真夏の日中に散歩する」 とか 「飼い主の都合で散歩の時間を決めている」 というのは問題外だとしても 「犬を散歩に連れて行こうとしたら、喜んで元気だったので。。。」  という件に関しては、ちょっと考えなくてはなりません。

大抵のワンちゃんは、真夏の炎天下だろうが 飼い主さんがリードを持って、散歩へ連れ出す素振りを見せたら喜びます。
尻尾をブンブン振って、嬉しそうにするでしょう。
飼い主が、散歩へ連れて行こうとしているのに、嬉しそうではなかったり、どこかへ隠れてしまう愛犬なら、その方がよほど問題です。

アスファルトの道路が目玉焼きが出来る程、熱くなっていても 炎天下の強烈な日差しが降り注ごうが、(多少ハァハァゼェゼェするかもしれませんが) あなたの愛犬は、嬉しそう散歩をするでしょう。
それ程までに、ワンちゃんにとって飼い主さんとの散歩や運動は楽しく、嬉しいものなのです。
そして体力の限界を迎えた時、まるで発条仕掛の玩具が急に動かなくなるように、倒れこんでしまうかもしれません。
そうなってからでは非常に危険なのです。

「愛犬が嬉しそうに散歩しているか否か」 をバロメーターにするのではなく、 散歩に適した時間であるか気温であるか天候であるかを、飼い主さんがきちんと判断し、犬任せにしない事が重要だと思います。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。


いのちつないだワンニャン写真コンテスト
[PR]
by gundogclub | 2011-07-04 12:05 | その他