ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
外部リンク
最新の記事
ソロモン王子 戴冠!
at 2017-10-09 15:33
霧ヶ峰でGRT競技会
at 2017-10-03 09:06
クワン 無事に復帰戦を終える
at 2017-09-24 17:42
クワン快気祝い in LADF
at 2017-09-14 09:57
大きな、お友達
at 2017-09-03 09:39
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

想像力と義務感

ここ2ヶ月の間に、共通点の多い お二方の ご高齢の飼い主さんの愛犬のカウンセリングと訓練を担当しています。
共通点とは
① ここ1年ほどの間に、ご家族がお亡くなりになり、御一人で暮らしている。
② 犬と暮らすのは初めてである。(また、何らの予備知識を得ることなく、犬と暮らし始めた)
③ お友達や親戚で既に犬と暮らしている方からの強い勧めがあり、犬と暮らし始めた。
④ 犬と暮らすことを勧める親戚やお友達に連れられて大規模ペットショップへ行き、
  その場で犬を選んで自宅に連れて帰った。
⑤ もともと ご本人には犬と暮らそうという考えは無かった。
⑥ 犬が居なくても日常生活を十分に楽しめる趣味を持っている。 その趣味を続ける上では
  犬が居ることが むしろ、不便になってしまう。
⑦ 猫と暮らした経験はある。
⑧ 犬を飼ってしまったからには、途中で飼い主の責任を放棄する訳にはいかない と考えて
  いる。


お二方とも、私がご自宅にお伺いし、お話を伺った時 犬に対する様々な不満が立て板の水の様に・・・(苦笑)
まあ、飼い主さんの不平不満を吐き出してもらうのもカウセリングの一環ですので、それはそれで良いのですが、驚いたのは 「猫との比較して」 犬を捉えていた点です。

・ 猫なら、トイレの躾は、すぐにできるのに・・・
・ 猫なら、大切な物を噛んだり壊したり、しないのに・・・
・ 猫なら、フードと水を用意しておけば、2日くらい家を空けても平気なのに・・・ 
・ 猫なら、お客さんが来ても吠えたり騒いだりしないのに・・・ 等々

「じゃあ 猫を飼えばよかったじゃないですか!」 と言いたい処でしたが、それを言っては元も子も無いので。。。(苦笑)
お話をお伺いしていると、犬と暮らしている者にとっては、「そんなこと、当然じゃない! そんなこと、容易に想像できるじゃないですか!」 と思う事が、このお二方にとっては驚きであったり、失望であったり、後悔であったり・・・

勿論、ペットと暮らすにあたり、その種族との暮らし方の基礎知識を何ら学んだり調べたりせずに、いきなり共に暮らし始めた飼い主さんに問題の大部分があります。
しかし犬との生活をお勧めになった親戚やお友達が、犬と暮らすことの楽しさや素晴らしさだけではなく、「犬と暮らすことによって生じる負の面」 についても、きちんと ご説明して欲しかったと思います。
ショップは・・・売るのが目的ですから負の面は、セールストークとして言わない、あるいはオブラートに包んだような表現しかしない訳ですから・・・


例えば、私は爬虫類と暮らしたことがありません。
爬虫類マニアの方にとっては常識的な事柄であったとしても、「爬虫類と暮らすことによって生じる負の面」を想像しても、私には全く思いつきません。
「ペットと暮らす負の面 全般 (例えば、泊りがけの旅行が出来ないとか)」 をボンヤリと思い浮かべることは出来ても、「爬虫類であるが故の負の面」 というものは、思い浮かべることが出来ません。
犬と初めて暮らし始めた、このお二方も 犬と暮らす負の面に関し、ボンヤリとしか思い浮かばなかったのではないかと思います。
だからこそ、既に犬と暮らしている親戚や、お友達が きちんと負の面 (不便になる面) も説明した上で、「不便になる面はあるけれど、それでも犬との暮らしは、とても楽しい!」 という勧め方であって欲しかったと思います。 

  
e0204314_20185712.jpg


そして、もう一つ お二方に共通しているのは 「飼ってしまったからには仕方が無い。 飼い主の義務 として、捨てたり、誰かに譲ったりせず、一生飼い続けますよ!」 と お考えだ(だった)ということです。

義務で飼っているのでは、飼う方も 飼われる方も、楽しくないし 幸せではありませんよね。
トイレの躾、吠え、拾い食い、リードの引っ張り癖 など、一通りの躾や訓練に関しては、2頭とも、かなり改善されてきました。
以前よりは、かなり暮らしやすい愛犬に成長しつつあると思います。
あとは、飼い主さんの心の問題です。
実際、これが一番の難敵なのですが・・・



お二方のうち、お一人は 綺麗な庭のある喫茶店やプチレストランの様な場所で、読書をしたり 水彩絵具で写生をなさるのが趣味でしたので、試しに綺麗なドッグカフェにお連れしました。
ドッグカフェや、テラス席は犬連れOKのレストランなどで、愛犬と共に時間を過ごすことを、ご提案したのです。
また、ワンちゃんにもテーブルの下で静かに30分~1時間程度 大人しく伏臥していられる訓練を施してみました。
最近・・・ ご贔屓のドッグカフェが出来たようで、またカフェの常連さん達ちも、お友達になった様で 「犬を連れてカフェに通うのが楽しくなった!」  と仰っていました。
「愛犬を媒介して、お友達が増えることを楽しい」 と感じることが出来る様になった この飼い主さんは、大丈夫かもしれません。


あとのお一方は・・・
ご趣味が、どうこじつけても(笑)愛犬を伴うことと 結びつかないご趣味なので、苦労しております。
未だに 犬より猫の方がお好きな様ですし・・・
愛犬と共に暮らすことを 「義務」 ではなく 楽しいと感じられる、何らかのきっかけが無いものかと思いを巡らせています。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。


いのちつないだワンニャン写真コンテスト
[PR]
by gundogclub | 2011-06-15 12:52 | MY TALK